docker volume rmコマンドの使い方(実例付)CE対応


 docker volume rmコマンドの使い方の紹介ページです。Docker CE ver17.12.1に対応しております。

 このコマンドは、指定したデータボリュームを削除することができます。

 dockerのデータボリュームにつきましては、別記事「Dockerのデータボリュームについてもう少し詳しい説明」をご参照ください。

 それでは以下で詳細に解説いたします。

 

docker volume rmコマンドのフォーマットとオプション

フォーマット

docker volume rm [オプション] [データボリューム名] ...

 

主なオプション一覧

-f, --force
指定したデータボリュームを強制的に削除する

■ 本記事の目次に戻る ■

docker volume rmコマンドの主な使い方

 

データボリュームを削除する

 まずは、以下のコマンドでデータボリュームtestvol01を作成します。

$ docker volume create testvol01

※「docker volume create」コマンドにつきましては別記事「docker volume createコマンドの使い方(実例付)」を参照下さい

 以下のコマンドでデータボリュームの存在確認を行います。

$ docker volume ls -f name=testvol01

※「docker volume ls」コマンドにつきましては別記事「docker volume lsコマンドの使い方(実例付)」を参照下さい

DRIVER VOLUME NAME
local testvol01

 このデータボリュームを以下のコマンドで削除します。

$ docker volume rm testvol01

 以下のコマンドでデータボリュームの存在確認を行います。

$ docker volume ls -f name=testvol01

DRIVER VOLUME NAME

 先ほどは存在していたtestvol01が削除されてます。

 

データボリュームを強制的に削除する

 オプションとして「-f」もしくは「--force」を付けて実行しますと、強制的な削除を試みます。

$ docker volume rm -f testvol01

 コンテナで使用中のデータボリュームは、このオプションを付けても削除することができません。以前は使用中でも強制的に削除することができたと記憶しているのですが、現状(Docker CE ver17.12.1)はできませんでした。

 

  以上でdocker volume rmコマンドの紹介を終わります。

 ご指摘、ご要望などが御座いましたらコメントいただけるとうれしいです。

 他のDockerコマンドの実例付紹介記事は、本サイト内の別記事「Dockerのコマンドの一覧(ver1.12対応版)(オリジナルな実例付き)」をご参照ください。

 最後までお読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です