docker network disconnectコマンドの使い方(実例付)CE対応


 docker network disconnectコマンドの使い方の紹介ページです。Docker CE ver17.12.1に対応しております。

 このコマンドは、コンテナをDockerネットワーク接続から切断する際に使用します。

 dockerネットワークに関しましては、別記事「Dockerネットワークの概要とその作り方の解説」をご参照ください。

 それでは、以下で詳細に解説いたします。

 

docker network disconnectコマンドのフォーマットとオプション

フォーマット

docker network disconnect [オプション] ネットワーク コンテナ

 

主なオプション一覧

--force, -f
対象コンテナを強制的にネットワークから切断する

■ 本記事の目次に戻る ■

docker network disconnectコマンドの主な使い方

 

指定したネットワークからコンテナを切り離す

 まず、テスト用のネットワークtestnet1を作成します。

$ docker network create -d bridge testnet1

 次に接続テストを行うコンテナvmtestを作成しましょう。

$ docker run -d --name vmtest centos init

 コンテナvmtestをネットワークtestnet1に接続します。

$ docker network connect testnet1 vmtest

 接続されたことを確認するために、docker network inspectコマンドでtestnet1の詳細情報をみてみましょう。

$ docker network inspect testnet1

 「Containers」の部分のみ確認します。

(省略)
 "Containers": {
     "0b05e7d201c28055dc3bfaa40bf12b2a0fa7ad147c579645d99cf35360a45770": {
         "Name": "vmtest",
         "EndpointID": "2642bbcb1737cae4ea3d6dc686d6556b7f976fe1715071f743fbfea5063006de",
         "MacAddress": "02:42:ac:12:00:02",
         "IPv4Address": "172.18.0.2/16",
         "IPv6Address": ""
     }
 }
(省略)

 コンテナvmtestが表示されましたので、接続されていることが確認できました。コンテナvmtestに対して、IPアドレス「172.18.0.2」が付与されていることもわかります。

 docker inspectコマンドで、コンテナvmtestの詳細情報も確認してみましょう。

$ docker inspect vmtest

 「Networks」の部分のみ確認します。

(省略)
 "Networks": {
(省略)
     "bridge": {
    (省略)
         "IPAddress": "172.17.0.2",
        (省略)
 },
     "testnet1": {
    (省略)
         "IPAddress": "172.18.0.2",
        (省略)
 }
(省略)

 docker network inspectコマンドで確認した際と同様に、ネットワークtestnet1内でIPアドレス「172.18.0.2」が付与されていることが確認できました。

 ちなみに、コンテナvmtestをdocker runコマンドで起動した際に、ネットワークを指定しなかったのでネットワークbridgeにも接続しています。

 では、docker network disconnectコマンドでコンテナvmtestをネットワークtestnet1から切り離してみます。

$ docker network disconnect testnet1 vmtest

 切断されたことを確認するために、docker network inspectコマンドでtestnet1の詳細情報をみてみましょう。

$ docker network inspect testnet1

 「Containers」の部分のみ確認します。

"Containers": {},

 先ほどはコンテナvmtestが表示されたのですが、今回は表示されてません。

 docker inspectコマンドで、コンテナvmtestの詳細情報も確認してみましょう。

$ docker inspect vmtest

 「Networks」の部分のみ確認します。

(省略)
 "Networks": {
(省略)
     "bridge": {
    (省略)
         "IPAddress": "172.17.0.2",
(省略)

 ネットワークbridgeのみで、testnet1は表示されなくなりました。

 以上より、コンテナvmtestはネットワークtestnet1から切断されたことが確認できました。

 

 以上でdocker network disconnectコマンドの紹介を終わります。

 ご指摘、ご要望などが御座いましたらコメントいただけるとうれしいです。

 他のDockerコマンドの実例付紹介記事は、本サイト内の別記事「Dockerのコマンドの一覧(ver1.12対応版)(オリジナルな実例付き)」をご参照ください。

 ご訪問ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です