初心者におすすめ!店舗ホームページ作成に向いてる人気の「グーペ」の使い方


 お店のホームページを作りたいけどなにから始めたらよいか分からない方、専門業者に相談してみたけど数十万円必要と言われてあきらめてしまった店長さん、この記事を最後までお読みいただくと新たな道が開けるかもしれません。

 本記事では、店舗向けホームページの現状、必要最低限のホームページを作るための準備から完成までの疑似体験、おすすめな使い方などについてご紹介してます。

 説明には、GMOペパボのホームページ作成サービス「グーペ」を利用しています。グーペは有料なのですが初心者でも簡単に店舗向けのホームページが作れると評判のサービスです。

 ぜひお読みになって、念願のお店のホームページ完成への道しるべにして頂ければ幸いです。

ホームページが無いお店は信用されない?!

 ホームページ作成を体験していただく前に、店舗ホームページの現状についてお話させてください。

 そんなことはいいから早く作り方を教えて!とおっしゃる方は、読み飛ばしていただいて全く問題ございません。


 一昔前は自分のお店のホームページを持つことがひとつのステイタスでした。ホームページを持っているだけで、このお店はすごい!と思われたものです。

 でも、最近はホームページを持っているだけではダメで、見た目がキレイでわかりやすいホームページが求められるようになってきています。それどころか、もし持っていない場合はお店の信用にも関わってくるというお話を耳にするようになりました。

 ちょっと想像してみてください。

 ある通販サイトでなんでも美味しく作れる魔法のような鍋を見つけました。値段は3万円ととても高価なのですが、その通販サイトの商品説明を読んで、とても気に入ってしまいました。でもそのお鍋を製造しているメーカーは聞いたことない会社です。

 たぶんあなたは、お鍋の製造メーカーの名前をネットで検索してみますよね?

 もし、検索結果にそのお店のホームページが出てこなかったり、出てきたとしても、そのお店のホームページの見た目が悪くネット広告がいっぱい表示されていたとしたら、どうでしょう。

 次にその商品の評判や口コミを調べたとします。

 でも、そこでもし悪いことが書かれているのを見つけたら、ホームページを持っていないお店ということと合わせて、その悪評が気になって仕方なくなると思いませんか?

 また今はホームページをスマホで見る時代です。パソコンではキレイに見えるホームページも、スマホの小さい画面では同じようにキレイに見えるとは限りません。

 このように、お店のホームページを持っているだけで良いという感じではなくなってきています。

 そのような今、ホームページ作成サービス「グーペ」は、初心者でも時代に合ったホームページを持てる最良の選択だと私は思います。

 グーペの詳細は公式サイトでご確認ください。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

グーペなら初心者でも安心してホームページが作れます

 通常ホームページを作成する場合、以下を準備する必要があります。

1.ホームページ公開サーバー
2.ホームページ作成ツール
3.ホームページのアドレス
4.ファイル転送ソフト
5.インターネット回線
6.作業用パソコン
7.ブラウザソフト

 特に1,2,3の準備は手間がかかり大変なのですが、グーペを使う場合、この1,2,3はグーペ側で準備します。

 4のファイル転送は、ソフトを準備しなくても、ブラウザを利用して行うことができます。

 つまり、インターネット回線と作業用パソコンとブラウザがあれば、ホームページを作ることが可能なのです。

 スキルの高い方々は、1から7まで自分で準備して自分で設定してしまいます。その場合でも1,2,3は選択肢が非常に多く、設定などもとても大変で面倒な部分です。

 このように、グーペを利用することで大幅に作業の手間が省けまして、その結果として、初心者でもお店のホームページが作れるようになるのです。

 と、ここまでの内容は、実はグーペに限った話しでは無くて、どのホームページ作成サービスでも同じことが言えます。

 私がグーペをおすすめする理由は、実はそこではありません。

グーペの良いところは、初心者に対する心づかいと店舗向けホームページ作成への配慮にあると思います。

初心者に対する心づかい

 日本で利用できるホームページ作成サービスはたくさんありまして、優れたものも結構あります。でもそのほとんどが初心者のことが考えられていないように思います。

 あるサービスはホームページが直感的に作れるようになっていて、マウス操作だけでかなりの部分が作れます。でも、初心者が直感的にマウスの操作だけで作れるでしょうか。中級者以上の方にとっては良い機能かもしれませんが、初心者向きではないと思います。

 またあるサービスは、デザイン(テーマ)を変えてしまうと今まで作ってきたホームページが崩れてしまって、キレイに表示させるまでかなり大変になってしまうようなものもあります。

 個々のデザインが複雑だからそうなってしまうと思うのですが、これも初心者のことを考えているとは思えません。

 グーペの場合は、個々のデザイン(テーマ)の作りがシンプルにまとまっていますので、デザインを変えても、当然見た目は変わりますが、崩れてしまって修正が大変ということになりにくい作りになっています。

店舗向けホームページ作成への配慮

 店舗ですと、商品メニューは必ずあると思います。グーペで商品メニューを作る場合、メニュー作成機能が標準装備されていまして、最低限必要な作業は商品名と値段を入力するだけです。詳しい使い方が分からなくてもりっぱなメニューができます。

 グーペ以外のあるサービスでは、商品メニューを作る場合は、それに特化した機能はついていなくて、ホームページに画像とテキストを張り付けるイメージで作成するしかできませんでした。

 グーペではさらに、大量の商品メニューを登録するためのexcelのような表形式での入力方法が用意されていたり、オススメ商品にワンタッチで印がつけられる機能など、お店をお持ちの方でしたら誰もがあったらいいなと思える機能をちゃんと用意してくれています。

 商品メニューを例に挙げて説明しましたが、他にもお店のことを考慮した仕組みが色々用意されています。これは、忙しいお店の業務が最優先だということを理解してくれているからだと思うのです。

 この辺りがグーペは店舗向けホームページに向いているといわれる理由なのではないでしょうか。グーペの人気の良さが理解できます。

 グーペの公式サイトはこちらからどうぞ。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

グーペのホームページ作成を疑似体験!

 それではいよいよお店のホームページの作り方の説明に入らせていただきます。グーペの使い方が分からない方でも大丈夫です。

 以下の流れですすめていきます。

1. ホームページのデザイン案を考える

 ホームページをどのような構成で作成するか大まかな内容を決めます

2. グーペの15日間無料お試し版の登録

 グーペに登録してホームページを作成する環境を提供してもらいます。

3. ホームページの初期設定

 基本的な設定を行います。

4. 設定したメールアドレスによる本人確認

 設定したメールアドレスで本人確認を行います。

5. デザイン(テンプレート)の設定

 ホームページのデザイン設定を行います。

6. 個別ページの作成

 店舗情報、商品メニューなど、個別のページを作成します。

7. 完成したホームページの表示確認

 出来上がったホームページを表示して確認します。パソコンとスマホの両方で確認します。


それでは個別に説明していきます。

1. ホームページのデザイン案を考える

 まずは、どんな雰囲気のホームページにするかを決めましょう。

 あなたのお店と同じ業界や同じジャンルの人気店のホームページを参考にしたり、グーペの公式サイト内にあるテンプレート(ホームページのひな型)をご覧になるのも宜しいかと思います。

 本記事では、以下のような喫茶店のホームページを作成することにします。

 トップページ 

 

 商品メニュー 

 

 トップページの上部にお店の名前、左側に各種ページのメニューを置きまして、中央にお店のイメージが伝わる写真を数枚用意して、スライドショーにします。

 その下にはウェルカムメッセージとインフォメーションの一覧を表示させます。

 左側の各種ページのメニューから商品メニューや店舗案内などのページに移動する感じですね。

■ 本記事の目次に戻る ■

2. グーペの15日間無料お試し版の登録

 大まかにどんな感じのホームページを作るか決まりましたら、グーペの無料お試し版の申込みを行いましょう。

 申込みには以下が必要になります。申込み時によくありますクレジットカードの登録は必要ありませんのでお気軽にどうぞ。

・ログインID
 ホームページ管理画面にログインする際に使用する。3~15文字の半角小文字英数字。
・パスワード
 英字・数字・記号いずれかが2種類以上混在する文字列で8文字以上。
・メールアドレス
 Gmailなどのフリーメールも使用可能。携帯・スマホのメールアドレスは不可。

 準備ができましたら、グーペの公式サイトに行きます。

 そこで下のような「無料お申込みはこちら」ボタンを押して無料お申込みフォームを表示します。

 無料お申込みフォームは以下の通りです。

 各々入力してグーペ利用規約を確認し「利用規約に同意して申し込む」ボタンを押します。

 申し込みが完了しますと、下のページが表示されます。これでホームページを作成する準備はととのいました。

 「初期設定へ」ボタンを押しますと、ホームページの初期設定ページが表示されます。

■ 本記事の目次に戻る ■

3. ホームページの初期設定

 ホームページの初期設定では以下のことを行います。

・「お客様情報」の登録

 店舗のオーナーさん・責任者さんのお名前や住所などを登録します。ホームページ作成サービスの契約に関わる情報ですので、正式な情報を入力します。

・「ホームページ情報」の登録

 ホームページURL(ホームページを表示するためにブラウザで指定するアドレス)やホームページのタイトル、店舗情報(お店の住所など)を入力します。初期値は「お客様情報」で入力した内容が設定されていますので、必要に応じて店舗の情報に修正します。

 注意すべきは「ホームページURL」です。初期値は、前に設定したログインIDが表示されています。ホームページURL内に管理用のログインIDの文字列があることは、セキュリティ的によろしくないと思います。ですので、別の文字列にすることを強くおすすめします。お店の名前が良いかもしれません。

 

 入力が終わりましたら、画面下の「ホームページ作成」ボタンを押します。入力内容は後で修正可能ですので、ここで完璧に決めなくても大丈夫です。

 初期状態のホームページが完成しますと以下が表示されます。

■ 本記事の目次に戻る ■

4. 設定したメールアドレスによる本人確認

 画面上をマウスでクリックしますと、あなたのホームページの管理画面が表示されます。今後はこの画面でホームページの設定を行っていきます。

 ホームページの設定に入る前に、管理画面上部に以下のようなメッセージが表示されていますので、その内容にそった作業を行います。地味ですがとても大事な作業になりますので最初にやってしまいます。

 前にメールアドレスを設定しましたが、そのアドレス宛に以下のような内容のメールが送られてきます。

 メールの文章内の「ご本人確認用URL」のリンクをクリックします。

 そうしますと、以下のような画面が表示されます。これで本人確認が完了しまして、先ほどの管理画面でのメッセージが表示されなくなります。

■ 本記事の目次に戻る ■

5. 全体のデザインとトップページの設定

 いよいよホームページの設定を行っていきます。

 と、その前に。実はこの時点で、サンプル的なホームページは既に出来上がっているので、まずそれを確認しましょう。管理画面上部の「ホームページ表示」ボタンを押します。

 私の場合は以下のようなホームページが表示されました。

 初期状態で選択されたのは「Simple2」というテンプレートでして、表示されているスライドショーはグーペが用意した画像が表示されています。これはこれで良いとは思うのですが、私が作成しようと思っていたデザインとは異なりますので、これから色々設定を変えていきたいと思います。

 管理画面に戻って設定を始めます。

基本設定

 管理画面左側のメニューの「基本設定」をクリックしますと、基本設定画面が表示されます。

 色々な設定項目がありますが、今回は以下の設定を行います。

・公開設定
・ホームページのタイトル
・ホームページの説明文

公開設定

 「公開設定」の下にある「公開」を押しますと下のようにメニューが表示されました。

 公開設定を「公開」を設定しますと、あなたのホームページの現在の状態がインターネット上に公開されまして、ネット上の全ての人が閲覧可能になります。もちろん作成中の状態でもです。

 でも、作成中の場合はまだ公開したくないと思いませんか?

 その場合には「非公開」もしくは「工事中」に設定します。このどちらかの設定にしますと、誰かがあなたのホームページを表示しようとしても表示されず、代わりに以下のような内容が表示されます。

・非公開に設定した場合

・工事中に設定した場合

 とても便利な機能ですね。非公開や工事中に設定した後、公開への戻し忘れには十分ご注意ください。

ホームページのタイトル

 あなたのホームページの看板に相当する部分の設定です。必ず設定する必要があります。先にお見せしました私のホームページの以下の部分ですね。

 選択するテンプレートによっては、あまり長いと改行されてカッコ悪くなりますのでご注意ください。

ホームページの説明文

 あなたのお店のキャッチコピーを設定します。設定しなくても大丈夫ですが、なにか気の利いた文がありますと、お客様の期待度が高まる可能性があります。

 私のホームページの以下の部分です。

 Googleなどに検索されやすくするためには、お店の特徴やアピールしたいキーワード、お店の場所などを入れてもよいと思います。

ナビゲーション

 お知らせや商品メニュー、店舗情報などの個別ページの設定を行います。これにつきましては、次の「6. 個別ページ」のところで改めてご紹介したいと思います。

トップページ

 管理画面左側のメニューの「トップページ」をクリックしますと、トップページ設定画面が表示されます。

 ここでは、あなたのホームページのトップページに関する設定を行います。

 設定項目は以下の通りです。

・スライドショー
・スライドショーの速度
・ウェルカムメッセージ
・インフォメーション表示件数

スライドショー

 トップページで一番目を引き付ける部分の設定です。ホームページを開いた際に最初に目に飛び込んでくる画像の設定になります。

 画像は最大10個まで登録できまして、それを一定間隔で自動的に切り替えてくれます。

 各画像にはコメントを付けることができます。使い方も簡単で、表示する順番も簡単に変えられますので、ストーリーに沿った並びにするのも面白いかもしれないですね。

 私は最初に設定されていた2つの画像を削除して、5個の画像を登録してみました。

スライドショーの速度

 スライドショーで画像が切り替わる間隔と画像のサイズを変更することができます。

切り替わる間隔は5段階変えられまして、スライドバーが一番左(速い方)で4秒、一段階右にずらすことで2秒ずつ遅くなります。一番遅くすると12秒間隔です。

 画像サイズはとりあえず初期値のまま(真ん中)使用します。

ウェルカムメッセージ

 ウェルカムメッセージとは、あなたのホームページを簡単に説明するための短い文章です。私の例ですと、以下の部分に表示されているメッセージになります。

 先ほど設定した「ホームページの説明文」よりはもう少し詳しく、あなたのホームページの説明文を書いてみましょう。

 メッセージの入力欄は、単に文章を設定するだけでなく、文字のフォントやサイズ、その他の装飾など、かなり凝ったことができます。この使い方の説明を始めると記事がかなり長くなってしまいますので、別記事で説明することにします。(別記事は準備中です。ごめんなさい)

インフォメーション表示件数

 トップページには、あなたのお店のニュースやイベント情報などをインフォメーション(お知らせ)を掲載することができます。

 インフォメーション表示件数は、トップページに表示するインフォメーションの最大件数を設定します。

 例えば「5件表示」と設定した場合、最新のインフォメーションから順に5件がトップページに表示されます。私は3件に設定してみました。

デザイン

 デザインの設定は、管理画面の中で最も重要な設定の1つです。あなたのお店の人気や評判を左右するといっても過言ではないでしょう。

 あなたのホームページの全体的なデザインを決めるためのテンプレート(ひな型)を設定します。

 「ダウンロード」を選択しますと、グーペで提供しているテンプレートの一覧が見れます。テンプレートには無料のものと有料のものがあります。最初は無料のものから始めた方が良いと思います。

「ダウンロード」タブを選択しますと、以下のようにグーペが提供しているテンプレートの一覧が表示されます。

 お気に入りのテンプレートが見つかりましたら、各テンプレートの下にありますダウンロードボタンを押します。

 「ダウンロードボタン」を押しますとボタンが「デザイン一覧画面へ」に変わりますので、そのボタンを押します。ダウンロードしたテンプレートは保持しているデザインとして格納されていますので、そのデザインの「このデザインに変更」ボタンを押して、そのデザインをご自分のホームページに適用します。

 現在適用中のデザイン内の「編集」を押すと、選んだテンプレートの詳細設定ができます。私は「Organic」という無料テンプレートを選んでみました。

詳細設定の内容は以下のとおりです。

 ちなみに、有料テンプレートは1つ10000円します。専門業者に依頼するよりは断然お安いのですが、でも高いですよね。有料テンプレートを利用するのは、無料テンプレートでグーペに慣れてからで全く問題無いと思います。

 ここまでの設定で私のホームページは以下のようになりました。

■ 本記事の目次に戻る ■

6. 個別ページ(インフォメーション、店舗情報、商品メニューなど)の作成

 ここまででホームページ全体のスタイルとトップページがほぼ出来上がりました。

 ここからは、サイトの中身である個別ページを作っていきます。お店で扱っている商品やサービスなどのメニューやお店の最新情報をお知らせするページ、店舗情報を伝えるページなどが対象となります。

ナビゲーション

 先ほど後回しにしました「ナビゲーション」設定について説明します。

 ここに表示されています項目は、グーペが用意してます個別ページの一覧になります。トップページに以下のようなメニューが表示されていますが、これはこの「ナビゲーション」で設定します。

 メニューの順番を入れ替えたり、メニュー名を変更したり、個々のメニューを表示させないようにすることも出来ます。

 もし、ここに無いメニューを追加したい場合は、「フリーページ」を作成する機能でオリジナルなページを作ることで、そのフリーページをメニューに追加できます。

 さらに、お友達のホームページへのリンクをメニューとして追加することも出来ます。

お知らせ

 トップページのインフォメーションコーナーに表示するお知らせ情報を作成する機能になります。

 タイトルと本文を入力した後、「登録」ボタンを押すことでトップページに作成したお知らせが掲載されます。

 本文の入力は、高機能エディターが利用可能ですので、文字の装飾や画像の挿入などかなり凝ったページを作成することができます。前にお伝えした「ウェルカムメッセージ」のメッセージを作成する機能と同じですね。

メニュー

 お店の商品やサービスのメニューを作成する機能です。

 メニュー名とカテゴリー、価格、紹介文、写真、おすすめメニューの設定を行います。

 設定が必須なのはメニュー名だけなのですが、カテゴリー(例えばレストランの場合は、和食、洋食、飲み物など)やメニューの紹介文、できたら商品写真もがんばって掲載しましょう。

 おすすめメニュー設定は、特定のメニューをおすすめメニューに設定しますと、メニューを表示した際に、商品名の横にマークを付けることができます。このマークは選んだテンプレートによって異なります。

クーポン

 お店のホームページでよく見かけるクーポンを作成する機能です。使い方はとても簡単です。

 クーポンのタイトルや有効期限、利用条件、画像などを設定画面から入力することで、テンプレートで用意されたクーポンを自動的に作成してくれます。

 合言葉(秘密のコード)を入れないと発行されないクーポンを作成することもできます。

店舗情報

 店舗情報のページはとても簡単です。

 お店の名前や住所、電話番号、営業時間、その他の情報を設定画面に入力するだけで、テンプレートで用意された店舗情報ページを自動的に作成してくれます。

 お店の地図は、入力した住所をもとにGoogleマップを自動的に作成して表示してくれます。

 このように必要な情報を入力するだけで下のような店舗情報ページができあがります。

■ 本記事の目次に戻る ■

7. 完成したホームページの表示確認

 これまでにご紹介した設定を行うことで、以下のようなホームページが出来上がります。専門業者に数十万円支払って作成したホームページには負けますが、短時間でざっくりと作成したホームページとしては、結構良い感じに仕上がっていると思いませんか?

パソコンでの表示

スマートフォンでの表示

 グーペ無料お試しの申込みが終わってからここまで、1~2時間もあれば出来上がると思います。

 今回はお伝えし切れなかったのですが、まだまだ工夫できる部分は残っていますので、もっといい感じに仕上げることは可能です。

 ぜひ15日間無料お試しサービスを利用して、色々お試しになってみてはいかがでしょうか。

 グーペの15日間無料お試しは公式サイトから申込めます。

 

グーペの料金プラン

 ここで、グーペの料金プランをご紹介します。グーペには次の3つのプランがあります。

・通常プラン
・DXプラン
・ビジネスプラン

 一番人気があるのはDXプランです。

 1ヵ月毎の支払い額は通常プランが1000円、DXプランが1500円と500円も違うのですが、DXプランの方が使えるDisk容量が多かったり、ホームページへの訪問者のアクセス解析機能など、店舗向けホームページにあった方が良い機能が充実しています。

 通常プランとDXプランの差額は500円ですが、実は年払いにしますと、どちらのプランも同じ値段になります。

 私は店舗向けならDXプランをおすすめします。

 店舗のホームページは一度落ち着いてしまえば、よほどのことがない限り閉鎖することは無いと思いますので、年払いでも大丈夫なのではと思います。

 でも最初からDXプランの年払いにするのはちょっと不安だと思いますので、まず通常プランで契約して、落ち着いたらDXプランに変更するということでも大丈夫です。

 前にも書きましたとおり、グーペは、有料プランを始める前に15日間の無料お試しサービスを行っていますので、まずはお試しになってみるのが一番かと思います。

 お気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、実はグーペには無料プランがありません。他のホームページ作成サービスをご存知の方は、ずっと無料で利用可能な無料プランをご覧になったことがあると思います。

 でも無料プランは、インターネット広告が強制的に表示されたり、商品画像などを保存する領域が小さかったり、ページを表示するスピードが遅かったりと、店舗のホームページには向いていないことがとても多いです。結局、お店のホームページを作成する場合は、有料プランを使うハメになってしまいます

 ですのでグーペが有料プランしかなくても問題ありません。

 詳しくは公式サイトでご確認ください。

■ 本記事の目次に戻る ■

まとめ

 長い記事を最後までお読みいただいて本当にありがとうございました。良いと感じたものをお伝えしようと思うと、あれもこれもと書いてしまい、つい長くなってしまいます。

 グーペの人気と評判の良さについて少しはご理解いただけましたでしょうか。

 でも、実はお伝えしたいことはまだまだあるのです。それに関しましては、その内また別記事でお伝えできればと思います。

 最後に、本記事のまとめを書かせていただいて終わりにしたいと思います。

・ホームページが無いお店は信用されない時代に。パソコンとスマホの両方でキレイに表示する必要あり

・「グーペ」の初心者に対する心づかいと店舗向けホームページを作成する側への配慮

・当面の目標は「グーペ」のDXプランを使いこなせるようになること

 とても大事なことをひとつお伝えし忘れていました。

 お店に立派なホームページが立ち上がり、売り上げが倍増して、思った以上にお店が大変なことになり、嬉しい悲鳴を上げているご自分のお姿を想像してみましょう。

 ワクワクしてきませんか?

 「グーペ」ならきっとそれを実現してくれるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です