[2019年5月] 10分かけ放題付きでデータ通信は最小限のおすすめランキング

 

 本記事では、音声通話SIMでデータ容量は最小限のおすすめ格安SIMをランキング形式でご紹介しております。

 

 データ容量が最小限といいますのは、対象MVNOが提供している最もデータ容量が少ないプランやコースで比較するということになります。

 

 また、音声通話のオプションとしまして「10分かけ放題」を付けることにします。

 

 「10分かけ放題」といいますのは、ひと月に10分以内の通話でしたら何回かけても定額となるプランのことです。

 「10分かけ放題」があるMVNOは、プランの月額料金を850円前後で提供しています。

 

 電話料金は30秒10円(各MVNOが提供する電話を利用した場合)ですので、月40分以上電話を利用する方でしたら検討してみることをおすすめします。

 

 MVNOによっては「5分かけ放題」プランを提供していますが、5分って長いようで短いんですよね。私は最初5分かけ放題を使っていたのですが、結構オーバーしていましたので10分に変えました。

 

 データ通信は最小限にした理由は、電話がメインでデータ通信はLINEを少しだけ利用するという利用形態を想定したからです。

 

 ランキングは各プランの月額料金で決めております。

 

 本記事でランキング対象となっているMVNOは以下のとおりです。

※順不同です

 

 

[利用回線:docomo] 10分かけ放題付きでデータ通信は最小限のおすすめ格安SIMランキング

 

 docomo回線を利用する場合のおすすめランキングです。

 

 なお、期間限定(例えば、最初の数か月のみ、など)一時的に利用料金が割引になるものは対象外としています。

 

 利用料金に事務手数料は含みません。

 

 それでは1位から順にご紹介していきます!

 

 1位 イオンモバイル

 

プラン名 データ通信 月額料金
音声500MBプラン 最大容量
500MB(200kbps)
1130円
10分かけ放題 850円
合計 1980円

(※)データ通信のカッコ内の数値はデータ使用量が最大容量を超えた場合の通信制限時の速度です。

利用回線 docomo

 

 イオンモバイルは「音声通話SIMで5GBのランキング」で4位にランクインしてましたが、本ランキングではトップです!

 

 質の良いサービスを幅広く、しかも低料金で提供していますので、どんなランキングでも上位にくるのではないでしょうか。

 

 音声通話のオプションのかけ放題プランは、とにかく安く!という方針のMVNOでは少々敷居が高いようでして、2位以下のMVNOはどこも運営会社の規模が大きいところばかりです。

 

 その中でもイオンモバイルはデータ容量の幅が最大50GBまで11段階も分かれていますので、途中でスマホの使い方が変わってデータ使用量が変わってしまっても、プラン変更で対応しやすいです。

 

 ちなみにデータ容量を1GBに変えたとしても、合計2130円となりまして、その料金でも同じランキングでトップ10に入ります。

 

 とても安心できますね。おすすめです!

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはイオンモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 イオンでんわ
ネット回線品質 普通
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 2位 DMM mobile

 

プラン名 データ通信 月額料金
シングルコース
通話対応SIMプラン
ライト
最大通信速度
200kbps(※)
1140円
10分かけ放題 850円
合計 1990円

(※)データ容量は基本的に無制限ですが、3日間のデータ使用量が366MBを超えた場合は速度制限される場合があります

利用回線 docomo

 

 1位のイオンモバイルとわずか10円の差でした。でもデータ通信のプラン内容が大きく異なりますね。

 

 イオンモバイルの場合は500MBの容量制限がありますが、通信速度切替機能を使って低速(200kbps)にすればデータ容量は減りません。高速通信したいときだけ500MB以内で行うことができます。

 

 その点、DMM mobileではずっと低速通信ということになりますね。使い勝手としてはイオンモバイルの方が良いと思います。

 

 本ランキングで2位になったのですが、MVNOとしての総合力からいっても、現状ではDMM mobileを選択するメリットは無いように思えます。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはDMMモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 転送電話のみ
MVNOでんわ有無 DMMトーク
ネット回線品質 普通
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) 無し
データ容量繰越 翌月まで
データシェア 無し
バースト転送機能 調査中
データ容量追加 無し
データフリー あり

 

 

 3位 DTI SIM

 

プラン名 データ通信 月額料金
音声プラン 1GB 最大容量
1GB(200kbps)
1200円
10分かけ放題 820円
合計 2020円

(※)データ通信のカッコ内の数値はデータ使用量が最大容量を超えた場合の通信制限時の速度です。

利用回線 docomo

 

 DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)はインターネット回線の老舗として有名なことは前にご紹介しました。

 

 できるだけ安く!の方針のMVNOはその会社のプラン内容だけ見ている分にはスゴイと思いますが、他の実力派MVNOと並べてしまいますと、やはり見劣りしてしまいます。

 

 速度切替機能やデータシェアプランなどが無いDTI SIMよりは、使えるデータ容量は500MBに減ったとしても速度切替機能が使えるイオンモバイルの方が良く見えます。というか実際に良いと思います。

 

 また、次にご紹介するLINEモバイルは、データ容量は同じ1GBなのですがLINEの通信は1GBに含まれないというデータフリー(カウントフリー)機能がありますので、月額料金は60円高いですがLINEモバイルの方が良く見えてしまいます。

 

 格安SIMのプラン内容を決めるのはとても大変なことなんですね。

 

 詳しくはDTI SIMの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 おとくコール
ネット回線品質 普通
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) 無し ×
データ容量繰越 翌月まで
データシェア 無し ×
バースト転送機能 調査中
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 4位 LINEモバイル

 

プラン名 データ通信 月額料金
LINEフリープラン 最大容量 1GB 1200円
10分かけ放題 880円
合計 2080円

(※)最大容量1GBを超えた場合、データ通信の速度が制限されます。

利用回線 docomo、Softbank

 

 LINEモバイルはあのLINE株式会社が運営するMVNOです。

 

 LINEなどのSNSを良く利用される方のためのオプションであるデータフリーが大きな特徴です。

 

 本ランキングでご紹介しましたLINEフリープランでは、LINEを使用した場合の通信は1GBに含まれません。また、LINE以外の通信で1GBを使い切ったとしても、LINEの通信は高速に行えます。

 

 3位のDTI SIMもデータ容量は1GBでして、どちらも月に1GB使えますが、LINEモバイルはデータフリーという絶対的な特徴を持っています。

 LINEを良く利用する方はもちろんLINEモバイルを選びますが、LINEをそれほど使わない人でも、将来のことを考えて、DTI SIMより60円高いですが、LINEモバイルを選択してしまうかもしれません。

 

 MVNOとしての絶対的な特徴や差別化がいかに重要かということに尽きますね。

 

 10分かけ放題付をお探しの方でLINEを頻繁に利用される方はLINEモバイルおすすめです!

 

 速度切替機能が無いのが気になりますが、LINEが使いたくてLINEモバイルに加入される方にとりましては、LINEの通信はデータ容量の対象外ですので、ずっと高速通信できます。

 速度切替機能が無くてもそれほどデメリットにならないということです。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはLINEモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 いつでも電話
ネット回線品質 平均以上
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) 無し ×
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 無し ×
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 5位 楽天モバイル

 

プラン名 データ通信 月額料金
組み合わせプラン
ベーシックプラン
最大通信速度
200kbps
1250円
10分かけ放題 850円
合計 2100円

 

利用回線 docomo

 

 楽天モバイルは楽天会員の方がお得に利用できる「スーパーホーダイ」プランが有名ですが、「組み合わせプラン」というシンプルなプランも用意されていることはデータ容量5GBのランキングでもお話ししました。その際もランクインしたのは「組み合わせプラン」でした。

 

 「スーパーホーダイ」に10分かけ放題プランが付いてまして、楽天会員でしたら月額1480円と破格の値段なのですが、最初の2年間だけなんですよね。3年目からは2980円と高額になってしまいます。

 

 あと、1480円にするには最低利用期間を3年で契約する必要があります。

 

 楽天会員の方はそれをご理解した上でご検討ください。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくは楽天モバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 楽天でんわ
ネット回線品質 平均以上
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 

[利用回線:au] 10分かけ放題付きでデータ通信は最小限のおすすめ格安SIMランキング

 

 1位 イオンモバイル

 

プラン名 データ通信 月額料金
音声プラン
音声500MBプラン
最大容量
500MB(200kbps)
1130円
10分かけ放題 850円
合計 1980円

(※)データ通信のカッコ内の数値はデータ使用量が最大容量を超えた場合の通信制限時の速度です。

利用回線 au、docomo

 

 イオンモバイルは利用回線がdocomoのランキングでトップでした。au回線でもトップです。

 

 詳細はdocomo回線の内容と同じですので、そちらをご覧ください。

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはイオンモバイルの公式サイトはこちらです。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 イオンでんわ
ネット回線品質 普通
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 2位 楽天モバイル

 

プラン名 データ通信 月額料金
組み合わせプラン
ベーシックプラン
最大通信速度
200kbps
1250円
10分かけ放題 850円
合計 2100円

 

利用回線 docomo

 

 楽天モバイルは利用回線がdocomoのランキングで5位でした。au回線は2位にランクインです。

 

 詳細はdocomo回線の内容と同じですので、そちらをご覧ください。

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくは楽天モバイルの公式サイトをご覧になる場合はこちらです。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 楽天でんわ
ネット回線品質 平均以上
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 3位 mineo

 

プラン名 データ通信 月額料金
デュアルタイプ 最大容量
1GB(200kbps)
1310円
10分かけ放題 850円
合計 2160円

(※)データ通信のカッコ内の数値はデータ使用量が最大容量を超えた場合の通信制限時の速度です。

利用回線 au

 

 前にもお伝えしましたが、mineoは大手キャリア3社の回線全て利用可能で、プランやオプションも豊富な高品質の安心できるMVNOのひとつです。

 

 他MVNOに比べると各種料金は少しだけ高めな印象ですが、mineoの品質や便利なプランなどをご覧になりますと納得していただけると思います。

 

 ご家族やグループなどで電話もデータ通信もお得に便利に利用したい場合は、必ず比較する候補にいれることをおすすめします!

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはmineoの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 mineoでんわ
ネット回線品質 平均以上
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 4位 BIGLOBEモバイル

 

プラン名 データ通信 月額料金
セレクトプラン
音声通話スタートプラン
データ容量 1GB
(200kbps)
1400円
10分かけ放題 830円
合計 2230円

(※)データ通信のカッコ内の数値はデータ使用量が最大容量を超えた場合の通信制限時の速度です。

利用回線 au、docomo

 

 BIGLOBEモバイルは幅広いプランで利用者を満足させてくれるMVNOのひとつです。

 

 特に通話プランには力を入れてまして、かけ放題2種類と一定時間定額2種類の計4種類ものお得なプランがあります。

 

 本ランキングのように音声通話プランに関してMVNOを比較する際はBIGLOBEモバイルをお忘れなく!

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはBIGLOBEモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 BIGLOBEでんわ
ネット回線品質 平均以上
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) 無し ×
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 5位 nuroモバイル

 

プラン名 データ通信 月額料金

Sプラン 音声通話付き

データ容量 2GB
(200kbps)
1480円
10分かけ放題 800円
合計 2280円

(※)データ通信のカッコ内の数値はデータ使用量が最大容量を超えた場合の通信制限時の速度です。

利用回線 au

 

 nuroモバイルは2019年5月9日からau回線が利用可能になりました。

 これで3大キャリア全ての回線が利用できます。

 

 nuro mobileは10分かけ放題の料金が800円と、私の知ってる限りではMVNO業界で最安値です。

 850円のMVNOが一番多いので、それより50円も安いことになります。

 

 データ容量だけで比較したら他MVNOの方が安いんだけど、10分かけ放題を付けたらnuro mobileの方が20円安い!ということが起こりえます。

 

 10分かけ放題で他のデータ容量をご検討の際には、nuro mobileを思い出してください!

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはnuro mobileの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 nuroモバイルでんわ
ネット回線品質 普通
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) 無し ×
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

[利用回線:Softbank] 10分かけ放題付きでデータ通信は最小限のおすすめランキング

 

 1位 LINEモバイル

 

プラン名 データ通信 月額料金
LINEフリープラン 最大容量 1GB 1200円
10分かけ放題 880円
合計 2080円

(※)最大容量1GBを超えた場合、データ通信の速度が制限されます。

利用回線 Softbank、docomo

 

 LINEモバイルは利用回線がdocomoのランキングで4位に入ってました。Softbank回線ではトップです。

 

 詳細はdocomo回線の内容と同じですので、そちらをご覧ください。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはLINEモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 いつでも電話
ネット回線品質 平均以上
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) 無し ×
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 無し ×
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 2位 nuro mobile

 

プラン名 データ通信 月額料金
月の容量で選ぶプラン データ容量 2GB 1680円
10分かけ放題 800円
合計 2480円

 

利用回線 Softbank

 

 nuroモバイルは利用回線がauのランキングで5位に入ってました。Softbank回線では2位にランクインです。

 

 詳細はau回線の内容と同じですので、そちらをご覧ください。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはnuroモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 nuroモバイルでんわ
ネット回線品質 普通
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) 無し ×
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 3位 QTモバイル

 

プラン名 データ通信 月額料金
aプラン
データ+通話コース
データ容量 1GB
(200kbps)
1700円
10分かけ放題 850円
合計 2550円

(※)データ通信のカッコ内の数値はデータ使用量が最大容量を超えた場合の通信制限時の速度です。

利用回線 Softbank

 

 月額料金はちょっと高めですが、docomo、au、Softbankの3回線とも利用可能なのは強みですね。

 

 また、QTモバイルは10分かけ放題の他に「24時間無制限かけ放題」も提供しております。

 現時点(2019年3月)では、私の調査対象MVNOの中でQTモバイルだけです。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはQTモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 QTモバイル電話
ネット回線品質 普通
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア 無し ×
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー 無し ×

 

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

まとめ

 本記事のランキング対象である「10分かけ放題付きでデータ通信は最小限」は、通話時間は短めでネットもそれほど利用しないというスマホのライトユーザ向けにおすすめなプランです。

 

 キャリアにある一定時間以内の通話がかけ放題になるプランは5分以内のものしかありません。

 私の経験上、5分という時間はひとつの要件を伝えるのが精いっぱいの時間でして、ちょっとでも話しがそれてしまいますとオーバーしてしまいます。

 10分は欲しいところですよね。

 

 またキャリアのデータ通信量は通信速度が高速なだけありまして、使用料金も高額です。

 そんな通信環境が必要ない人でも高額な料金を支払って使うしかありません。

 

 そのような方こそMVNOがとてもおすすめです。

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」では敷居が高い格安SIMについてわかりやすく解説しておりますので、よろしかったらご利用ください!

格安SIM道しるべ

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください