タオルの共用の悩みを解決!ハンドドライヤーを自宅に設置することをおすすめします!


 ハンドドライヤーとは、良く公衆トイレなどに設置してある、手を洗った後に使う乾燥機のことです。

 温風で手を乾燥させるタイプや、風で水滴を吹き飛ばすタイプなど様々な製品があるのはご存知だと思います。

 私はこれまで、ハンドドライヤーはお店や公共の場に設置されているもので、業務用の機械なんだ、と勝手に決めつけてました。

 でも、実は、家庭用のハンドドライヤーってあるんですね!

 先日、とあることで自宅の洗面所に置いてあるタオルのことで問題が発生しまして、それがもとでハンドドライヤーに興味を持ち、家庭用の製品ってないのかな、と調べてみて初めて知りました。

 本記事では、私がハンドドライヤーについて調べた情報を共有すると共に、購入する際のポイントやおすすめ商品などをご紹介します。

 

自宅でのタオル問題

 一人暮らしの方は、それほど問題視されないかもしれませんが、複数人で暮らしている家庭では、色々問題が発生するものです。

 3つほど代表的な問題を挙げます。

 

タオルの共用

 中には、家族なんだからタオルはみんなで仲良く共用です!、というご家庭はあると思います。

 一方、たとえ家族とはいっても他の人の雑菌は気になる!、という方もいらっしゃると思います。

 実際、タオルを共用することで、口からウィルスが入って病気に感染したり、結膜炎など目の病気が移ってしまう原因にもなるそうです。

洗濯の負担

 タオルの清潔を保つために、個人専用のタオルを用意して、毎日交換する方もいらっしゃると思います。

 衛生上とても良いことだと思います。しかし、その分洗濯物が増えてしまいます。

 自分で洗濯をしたことがない方はわからないかもしれませんが、結構重労働ですよね。

 私は一人暮らしが長かったので、2日に1回くらいの頻度で、量もそれほど多くなかったので、洗濯自体は重労働というほどでもなかったのですが、洗濯ものを干したり、取り込んだり、畳んだりという作業がとても面倒でした。

 主婦の方はご理解いただけると思います。

カビなどの繁殖

 湿ったままのタオルを放置してますと、特に梅雨の時期などはカビが生えて、健康面などが心配です。

 また、つい交換するのを忘れてしまって、しばらく放置してしまいますと、タオルが黒ずんでしまって洗っても落ちないようになってしまう場合もあります。

 

 これらのように、洗面所でいつも見ているタオルですが、いろんな問題が隠れているようです。

 私は、これらの問題を解決する方法としまして、ハンドドライヤーが良いのではと思いまして、今回調べるに至ったわけです。

 ペーパータオルという選択肢もあったのですが、長い目で見た場合、コスト面でハンドドライヤーの方が断然有利と解り、今回は却下しました。

 

ハンドドライヤーの種類

 まず、ハンドドライヤーの種類からご紹介します。

一方向から風を送って乾かすタイプ

 お店の洗面台の脇で良く見かける、手をかざすと上から温風が出てきて、手を乾かすタイプです。

 手を揉むように動かすと効果的だったりするようです。

両方向から風を送って乾かすタイプ

 比較的大きなトイレの出入り口付近で見かけるゴミ箱と間違えてしまうようなタイプです。

 手を開いて突っ込んだあと、ゆっくり引き出すことで、手についた水滴を風で吹っ飛ばしてくれるタイプです。

 

家庭向けのハンドドライヤーのポイント

 公共の場にあるハンドドライヤーは、高性能な商品が必要になってくると思いますが、自宅に設置するハンドドライヤーは、そこまで性能は求めなくて良いのではないでしょうか。

 私が考えた、いくつかの家庭向けのポイントを挙げさせていただきます。

 

一方向から温風を送るタイプ

 家庭向けですから、両方向からジェット気流で水滴を吹っ飛ばすタイプはいらないと思います。

 場所をとりますし、値段も高いです。

 コンビニのトイレで良く見かける、一方向から出る温風で乾かすタイプで十分かと思います。

低価格

 公共向けの商品の価格を見てみたのですが、有名メーカーのものはどれも数万円以上はします。10万円以上も当たり前のようにあります。

 普通のヘアドライヤーが数千円で買えますので、価格の目標は五千円以下でしょうか。

 家庭向けのハンドドライヤーに1万円以上出すのでしたら、タオルで我慢した方が良いような気がします。

設置場所を選ばない

 壁にねじなどで固定するタイプは、設置場所が限定されたり、借家などはそもそも設置出来なかったりしますので、台の上に置くタイプが良いと思います。

 欲を言えば、壁に固定する方法と、台の上に置くのと両方可能な商品があれば最高ですね。

メンテナンスしやすい

 濡れた手を入れて使用するものですから、そのまま放っておくと当然汚れてしまいます。メンテナンスするのが面倒ですと、結局使わなくなってしまう可能性があります。

 目新しいものを衝動買いしたときに良くある光景ですね。

 メンテナンスの容易さも重要ポイントだと考えます。

自動で風が出る、止まる

 当たり前ですが、念のため挙げさせていただきます。

 お店で見かけるハンドドライヤーで手動の物は見たことが無いので、全自動が当たり前だとは思うのですが。

コンパクトサイズ

 前に挙げました設置場所にも影響してきますが、両方向から風を送って乾かすタイプのように、大きなものですと、そもそも置く場所が無いということになりかねません。

 出来るだけ省スペースなものが良いですね。

 

おすすめ商品

 家庭向けのハンドドライヤーのポイントとして挙げたポイントを踏まえて、ネットを駆使して調べた結果、以下の商品をご紹介することにしました。

 

VERSOS ハンドドライヤー VS-H006

 温風が出て、値段も5000円前後でリーズナブルです。

 コンパクトサイズでメンテナンスもほとんどいりません。

 但し、壁掛けタイプ、且つ下に水を受けるものがないので、置き場所が限定されてしまうのが欠点です。

 温風は自動で出ます。

 

ナカトミ コンパクト型 ハンドドライヤー HD-430

 温風が出て、コンパクトサイズで、水の受け場所が付いてます。床置きと壁掛けとどちらでも可能です。

 値段が1万円弱とちょっと高めです。

 但し、とても残念なのが、スイッチが自動ではないことです。うーん残念。

 

置くだけ温風ハンドドライヤー

☆☆☆ 品切れ中!(2018年5月現在) ☆☆☆

 全自動で温風が出て、コンパクトで、お値段も大変お安くなってます。

 下部に水を受ける部分が付いており、床置きタイプですので、置き場所が限定されにくいです。但し、壁掛けは出来ません。

 これは、サンコーレアモノショップというネットショップで販売されている商品です。

 公式サイト内の商品紹介ページはこちらです。

☆☆☆ 品切れ中!(2018年5月現在) ☆☆☆

 このネットショップは実は有名で、レアでとてもユニークな商品のセレクトショップです。自社開発も行っているようです。

 他にも面白い商品がいっぱいあって、見てるだけで楽しいです。本記事とは関係ないですが、「ゴロ寝デスク」が超おすすめです。

 別記事「サンコーレアモノショップは知らないと損するユニークな商品が満載!レアモノグッズで悩みを解消!」で他のおすすめ商品をご紹介しておりますのでよろしかったらご覧ください。

 

その他のハンドドライヤー

 その他のハンドドライヤーとしまして、性能は問題ないのですが、家庭用として最初に買うには高価な商品を2点ほどご紹介します。

Panasonic ハンドドライヤー FJ-T09F3-W

 温風が出て、スイッチは全自動です。水を受ける台が付いてます。

 サイズはちょっと大き目で、壁掛け専用です。

 値段は希望小売価格は10万円以上しますが、amazonでは5万円以下で売られてました。

 

三菱 ジェットタオルミニ JT-MC106G

 こちらもパナソニックと同じような商品です。

 温風が出て、スイッチは全自動です。水を受ける台が付いてます。

 サイズはちょっと大き目で、壁掛け専用です。

 値段は希望小売価格は10万円以上しますが、amazonでは5万円以下で売られてました。

 

最後に

 いかがでしたでしょうか。

 たぶんハンドドライヤーを初めて買われる方が大部分でしょうから、ちょっと試してみるという感覚かと思います。

 ですので、最初は安めの商品で様子をみたほうが良いかもしれません。

 でも、安すぎて使い物にならなかったら試すことになりませんので、最初は5000円以下のものがよろしいのではないでしょうか。

 ちなみに私は、サンコーレアモノショップのハンドドライヤーを購入予定です。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

ツラクナイト
ヨガフルーツ&スムージー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください