もつ鍋・水炊きの通販で有名な福岡のお店「博多若杉」 その人気の理由は?


 先日、友人宅のもつ鍋パーティーに招かれまして、久しぶりにもつ鍋を頂きました。

 かなり美味しかったので、その鍋についてたずねてみたところ、通販で取り寄せた鍋セットだと知ってちょっとビックリ。

 そのもつ鍋セットを扱っているお店の名前は福岡県にあるお店「博多若杉」です。

 ご存知でした? 私は初耳でした。

 気になってネットで調べたら、鍋セットの通販業界では有名なお店でして、大手通販会社でもトップの常連でした。

 でも、「博多若杉」以外にも鍋セットを扱っているお店はいっぱいありますよね。お店の紹介に有名人を起用しているお店や、誰もが知っている有名店などもありました。

 その中でなぜ「博多若杉」がトップなのかとても気になってしまいまして、もっと詳しく調べてみました。

 本記事では、もつ鍋・水炊きの店「博多若杉」の人気の理由をご紹介しております。

値段が安いわけではなく、実店舗が超有名店で全国展開しているというわけでもない

 最初に考えるのは、やはり価格ですよね。

 あの美味しさなのに、他店より安く提供しているのかと思いまして、大手通販会社の鍋セットランキングを見てみたのですが、全く逆で、他店より高めでした。

 例えば、私が食べたもつ鍋は2~3人用ですと、4000円弱です。

 これです。

 他店は2000円~4000円という感じでした。

 自宅近くのもつ鍋屋さんに行って食べる場合は、飲み物込みで一人2000円前後です。通販とあまり変わらないですね。

 というわけで、人気の理由は値段の安さではなさそうです。

 では、実店舗が凄いのでしょうか。

 「博多若杉」は福岡県の中洲に実店舗がありまして、2015年3月から営業しているそうです。また2017年7月に同じく福岡県の大名に2号店がオープンしました。

 でもこれは福岡ローカルの話しでして、実店舗が全国展開していて超有名というわけではありません

 

 予想が2つともハズレでしたので、ま、美味しいものは人気が出るんだということで納得することにしました。

 そんなある日、とあるイベントに「博多若杉」が出店しているのを見つけたので行ってきました。

■ 本記事の目次に戻る ■

人気の秘密は鍋の美味しさ以上に、お店のファンの多さだと思います

 イベントに「博多若杉」のお店の方がいらしてたので、色々お聞きしてみました。

 現在ある中洲の店舗は、福岡県志免町(しめまち)というところにあったお店「博多やきとり・もつ鍋若杉」(以下、初代若杉と書きます)を移転してできたお店で、2015年に中洲に移転するまで、34年間も続いたそうです。

 また、現在大人気の「博多若杉」の通販の原点は、初代若杉にあったようです。

 初代若杉はもつ鍋が人気で、常連客からのお取り寄せの要望に応えていまして、それが口コミで広まったのが通販の始まりだそうです。いつも来店してくれるお客さんの気持ちに応えたいという思いから始まったのです。

 私は、「博多若杉」は最初は鍋セットの通販から始まって、人気が出たので実店舗を作ったと思っていたのですが、全然違っていました。

 初代若杉の通販が軌道に乗ってくると、莫大(多い時は1日に1万食以上!)の注文が舞い込むようになります。これはとても嬉しいことなのですが、現実には初代若杉の営業をこなしつつ膨大な量の通販用の商品も製造しなければならなくなります。

 確かに大変そうですよね。もしあなたが店長さんだったとしたらどうしますか?

 この課題に対しても、粉末スープを開発するとか、出汁の質を落とすなどして、大量生産を最優先にするといったお客さんを裏切るようなことは全く考えなかったということでした。

 行った対策の一つを教えて頂いたのですが、大量に作るためのすごく大きなお鍋を作ったそうです。

 1日に多い時で1万食以上もの注文をこなす対策として大丈夫なのかなあと思いますが、お店で出している商品と同じものを届けたい一心だったのでしょう。コダワリが凄すぎます。

 自宅に戻ったら初代若杉のことをもっと知りたくなってしまいまして、ネットで調べまくったのですが、なかなか見つからず、やっとの思いで、とあるグルメサイトに残っていた初代若杉の口コミを見つけました。

昔からある焼き鳥や。おみせはおしゃれではないいわゆる普通の居酒屋といった感じ。
地元の人たちに愛されていつもにぎやかです。メニュー数もけっこうあり食べたいものはだいたい揃っている。値段は安くも高くもない。
まずは生ビールで乾杯。とり皮、豚バラ、牛さがり、砂ずり、どれもめちゃくちゃおいしいとは言わないが普通においしい。以外においしかったのが味噌ばら。にんにくがきいた甘辛いたれでビールがすすむ。めんたい卵焼きもめんたいがしっかりと入っていておいしい。梅酒を毎回注文するがやたら濃かったり、逆に薄かったりするのが残念です。
お酒を3,4杯のんでおなかいっぱい食べて一人4000円くらいかな。
なんとなく次も行きたくなるお店です。

 

 お客様を第一に考える「若杉」と、「若杉」の料理が大好きなファンとのつながりを感じませんか?

 これが私の思う「博多若杉」の人気の理由です。

 それをふまえた上で「博多若杉」の公式サイトをご覧になってみてください。

■ 本記事の目次に戻る ■

「博多若杉」の水炊きが気になってしかたがない

 私はもつ鍋を食べたのですが、「博多若杉」のサイトを見ていたら、水炊きが気になって仕方なくなってしまいました。

 これです。

 口コミをながめていますと、あっさりなのに出汁感が強いらしく、特製ポン酢も評判が良いようです。

 コラーゲンたっぶりの出汁や鶏肉はもちろん魅力なのですが、一番気になっているのはつくねです。

 あなたは焼鳥屋に行ったら、つくねはたのむ方ですか? 私はかなりの頻度でつくねを注文しています。

 団子の中からうまみがジュワっと染み出てくるのが大好きで、今もよだれが出そうになりながら記事を書いています。

 「博多若杉」の水炊きは実店舗でデビューしたいのですが、自宅から中洲のお店までは車で1時間以上かかりまして、なかなか行けないんですよね。

 「博多若杉」の水炊きデビューはお取り寄せになりそうです。

 食べたら本記事でご紹介したいと思います。

■ 本記事の目次に戻る ■

最後に

 「博多若杉」のもつ鍋や水炊きは、特に30代から40代の女性に大人気だそうです。

 口コミの中では、今までもつ鍋は苦手だった方や食べず嫌いだった方が、「博多若杉」で本当の味を知ったという書き込みをたまに見かけました。

 もつ鍋をまだ食べたことがない方も「博多若杉」のもつ鍋にぜひ挑戦して、コラーゲンたっぷり取ってプルプルのお肌を手に入れてください!

 女性ばかりではなく、男性の方も母の日やホワイトデーなどのプレゼントとして贈ると喜ばれると思いますよ。もちろん晩酌のお供にも最高です!

 福岡生まれの私としましては、地元のお店や名産品が全国的に有名になるのはやっぱりうれしいです。

 今後も地元の美味しい料理・お店をご紹介していきたいと思います。

 最後までお読みいただきありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください