シルクロードレボリューションのオンラインゲーム体験記


 基本的に無料のオンラインゲーム「シルクロードレボリューション」を試しにやってみました。その時の体験記を書きたいと思います。ゲーム選びのお供にご利用ください。

 グラフィックは、一昔前のオンラインゲームレベルなのですが、ゲームシステムはしっかりしているとの評判があるゲームです。

 消耗品の無料提供や、ドロップコインと装備品の交換システムなど、初心者に優しい仕組みが盛りだくさんのゲームのようです。

 2012年8月16日から正式サービスを行ってます。(前身のシルクロードオンラインは2005年12月21日から正式サービス開始)

 シルクロードレボリューションの詳細は公式サイトにてご確認下さい。

 公式サイト シルクロードレボリューション

 

「シルクロードレボリューション」の運営形態と動作環境について

 「シルクロードレボリューション」の運営形態と動作環境は以下の通りです。

運営形態

ゲーム機 PC
ジャンル 3D MMORPG
料金 基本無料
課金方法 アイテム課金

動作環境

推奨スペック

対応OS Windows Vista 32/64bit
Windows7 32/64bit
CPU Pentium Dual-Core E2160(1.8GHz)以上
AMD Athlon 64 x2 3800+(2.0GHz)以上
メモリ 3GB RAM
HDD容量 6GB以上
グラボ NVIDIA GeForce FX5600以上
ATI Radeon 9500以上
DirectX DirectX 9.0c以上

※対応OSとしてWindows10がありませんが、私は問題なくできました。試す価値はあると思います。

■ 本記事の目次に戻る ■

シルクロードレボリューションのインストール方法について

 シルクロードレボリューションをインストールするには、まずPmang(ピーマン)の会員になる必要があります。Pmangの公式サイトより会員登録を行って下さい。

 会員になりましたら、シルクロードレボリューションの公式サイトよりPmangに登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

 シルクロードレボリューションのトップページが表示されましたら、「GAME START」ボタンを押します。次にゲームダウンローダーのインストールが始まりまして、それが終わりましたら、シルクロードレボリューションのトップ画面が表示されて、インストール開始です。

 ダウンロードが終わりましたら、トップ画面の「ゲームスタート」ボタンを押します。

 いよいよシルクロードレボリューションの始まりです!

 

シルクロードレボリューションの体験記

 

サーバー選択とキャラ作成

 最初は、ゲームに使用するサーバーの選択です。サーバーを選択すると、キャラクター作成です。

 まずは、種族の選択です。ヨーロッパキャラクター、中国キャラクターの2種族から選びます。種族毎に選べる職業や使える装備品が異なるようです。

 次は、名前の登録、及び性別、外見、身長、体型、武器、防具の選択です。武器と防具は、種族によって選択肢が異なります。

 ヨーロッパキャラクターは、ダガー、ソード、ブレード、アックス、クロスボウ、ワンド、スタッフ、ハープ、ロッドから選択します。

 中国キャラクターは、剣、曲刀、槍、大刀、弓から選択します。

 最後に、職業を選択します。ハンターと盗賊の2択です。

 キャラクターリストから使用するキャラクターをクリックすると、シルクロードレボリューションが始まります。

 ここからは、シルクロードレボリューションを実際に遊んでみた体験記をご紹介します。

■ 本記事の目次に戻る ■

モンスターの狩場情報のネット検索は不要

 私はヨーロッパキャラクターを選択しましたので、最初の場面はヨーロッパの街並みからのスタートです。

 まずは、行動訓練のクエストから始まります。

 キャラクターの移動はマウスで行います。移動したい地点を左クリックすると、その場所に移動します。NPCと話す場合も、対象をマウスで左クリックします。

 シルクロードレボリューションは、3Dゲームです。視点変更は、マウスの右クリックで画面をドラッグすることで行います。

 キーボードに各種機能(かばん、マップ、キャラクター情報など)が割り当てられ、数字キーやファンクションキーをショートカットとして利用できる仕組みはもちろん実装されてます。

 その中で最初に感心したのは、マップです。マップ自体は良くあるデザインなのですが、マップウインドウの下部に2つの機能が付いてるのです。

 1つは、「自分のレベルを基準としたモンスター分布を表示」で、もう一つは「自分のレベルに適したクエストの開始位置を表示」です。

silkroad-map01-1000x620

マップを開いたところです

silkroad-map02-1000x620

敵の分布図がマップ内に表示されてます

silkroad-map03-1000x620

自分のレベルに適したクエストがマップ内に「?」で表示されてます

 この情報は、ネットを検索して入手するのが普通だと思うのですが、シルクロードレボリューションは、公式情報を提供してます。

 また、フィールドが変わると、変わった先のフィールドの名前が表示されるのですが、同時にそのフィールドにいるモンスターのレベルも表示されます。

■ 本記事の目次に戻る ■

装備品は敵から奪い取ったコインと交換で入手可能

 序盤のクエストをクリアしていくうちに、次第に目的を達成するのがきつくなってきました。良くある討伐クエストなのですが、自分のレベルと同じくらいの敵なのに、回復薬をガブ飲み状態でやっと倒せる感じです。

 そろそろ装備やスキル対策をしないとダメかなと思い、武器防具周りの強化を行うために街に戻ることにしました。

 シルクロードレボリューションは、敵を倒すと、結構な頻度で「修行者のコイン」を落とします。最初は使い道が分からなかったのですが、装備品を探してる内に、とあるNPCが「修行者のコイン」と交換でアイテムをくれることが分かり、早速装備をそろえることにしました。

silkroad-coin01-700x434

真ん中の豪商風なNPCが交換してくれます

silkroad-coin02-700x434

交換品は左のウインドウ内のアイテムです

 そこで初めて、自分の装備が紙状態であることが分かりました・・・。

 更にですが、レベルアップする毎にスキルポイントがもらえ、そのポイントを使って、スキルが覚えられます。そのスキルの中には、攻撃力や防御力を上げるものもあったのです。

 NPCからもらった装備とスキルを覚えることで攻撃力や防御力が上がり、かなり強くなったキャラクターで、再度討伐クエストに臨んだのですが、結果は楽勝でした・・・。当たり前ですよね。

 序盤より明らかにレベルアップのスピードが上がりました。

■ 本記事の目次に戻る ■

シルクロードレボリューションの楽しさは中盤以降から

 これは最初から思っていたことなのですが、キャラクターの移動速度が遅いのです。レベルが上がれば乗物がもらえて、移動が速くなると思っていたのですが、調べてみると、ちょっと思っていたのと違っていることが分かりました。

 乗物は一度入手すればいつでも呼び出せるのかと思ったら、アイテムを入手して、それを使用することによって乗物を呼び出すようです。降りたら乗物は消えてしまいます。

 最初にお試し的な馬を呼び出せるアイテムが付いているのですが、それ以外は課金アイテムになるようです。

silkroad-uma01-700x434

馬です。ときどき鳴きます。

 また、使うと一定時間走るスピードが速くなるアイテムもお試し版が付いていたのですが、これについては課金アイテムなのかどうかは不明でした。

 そろそろ、戦闘には慣れてきたので、生活系や、シルクロードレボリューションの特徴の一つである貿易をやってみようと思ったのですが、どちらももう少し自分のレベルを上げないとダメみたいで、出来ませんでした。

 他にも、ダンジョンやバトルアリーナや要塞戦など、面白そうな仕組みが用意されているのですが、もう少し強くなってからのイベントのようでした。

 

体験記のまとめ

 低レベルのうちは、フィールドで敵に倒されても、ペナルティ無しでその場で復活できたり、街から最後に倒された場所に飛べたり、回復薬をいくらでもくれるNPCがいたりと、今まで経験したことが無いシステムがいっぱいあったので、結構驚かされました。

 高レベルになったら、それらの便利な仕組みの恩恵は得られなくなるみたいですが、レベルが高くなれば、そのような仕組みは逆に煩わしいというか、使わなくなりますもんね。

 まだまだ序盤しか体験出来てませんが、この先の展開を期待させてくれるようなゲームでした。

 ただ、かなり広い街の中心にNPCが密集していて、中心以外は建物だけという構成は、とても寂しい感じがしました。街は今の4分の1の広さで十分では?、と思いました。

 シルクロードレボリューションの詳細は公式サイトにてご確認下さい。

 公式サイト シルクロードレボリューション

 

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

(C) JOYMAX ALL RIGHTS RESERVED
(C) WeMade Online Co., Ltd
当ページで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください