Zoomでミーティングするために必要なパソコンのスペックや要件を解説

IT
パソコンを使ってZoomでミーティング

 Zoomでミーティングなどを行う場合、パソコン(ノートパソコンを含む)やタブレットは必需品ですよね。

 スマホでもできるのですが、画面が小さいので大人数を一度に表示できないのがネックになります。

 パソコンは高性能に越したことはありませんが、現在お使いのものでもほとんどの場合大丈夫です。

 それどころかかなり古いパソコンでも、やり方次第では使えます。

 でも、もしWindows11をお使いになることをお考えでしたら、古すぎると使えない可能性がありますのでご注意ください。

 Windows11でZoomを使うための条件に関しましては、以下の記事をご覧いただければと思います。

 本記事では、Zoomが使えるパソコンの条件やおすすめなパソコンについて解説・ご紹介しております。

Zoomが使えるパソコンに必要なもの

オンラインミーティングに必要なグッズ

 冒頭でもふれましたが、Zoomができるパソコン自体の敷居は高くありません。

 お近くの家電量販店でセール中のお安いパソコンでも十分な場合が多いです。

 以下で、Zoomでミーティングをするためのパソコンの必要スペック(システム要件)やソフトウエア、その他の付属品について解説します。

CPUやメモリ

 Zoom公式サイトの情報では、CPUとメモリ(RAM)は以下を推奨しています。

部品要件
CPUデュアルコア2Ghz以上
画面共有機能を利用時する場合はクアッドコア以上
メモリ4GB

 画面共有機能といいますのは、あなたの映像の代わりに、Zoomをお使いのパソコンやタブレットの画面をメンバーの皆さんに見せることが可能な機能です。

 パソコン内の写真を見せたり、アプリの画面操作を教えたりする場合に便利ですね。

 Zoom公式情報的には、この機能を利用する場合はクアッドコア(コア数が4)のCPUをおすすめしています。

 利用しないのであれば、デュアルコア(コア数が2)のCPUでよいということですね。

 具体的には以下のCPUが推奨されます。

種類通常利用画面共有利用
Intel系CPUCore i3-5000番台以上、
Core i5-5000番台以上、
Core i7、Core i9
Core i3-9000番台以上、
Core i5-5000番台以上の4コア、
Core i7の4コア、Core i9
AMD系CPURyzen、FX、
A-SERIES、
Athlon
Ryzen、FX、
A-SERIESの上位

 Intel系CPUのCore i3-5000番台のパソコンは2015年頃に発売されていたパソコンですので、お買得な中古パソコンがありそうですね。

※冒頭にも書きましたが、Windows11のご利用をお考えでしたらシステム要件に見合ったCPUが必要になります

OSやブラウザ

 Zoom公式情報を見ましたが、有名なOSはどれもZoomを使えるようです。

OSの要件

 Zoom公式サイトのパソコンのOSやブラウザに関する要件の情報です。

OSバージョン
Windows10(注)
macmaxOS X、macOS10.9以降
Linux有名どころはほとんど大丈夫です
詳細はZoom公式サイトでご確認ください
(注)8.1、8、7、Vista SP1、XP SP3もサポート対象ですが、Microsoft的にNGと判断

ブラウザの要件

 古いバージョンでもZoomは使えるようですが、セキュリティへの配慮をお忘れなく。

ブラウザバージョン
InternetExplorer11以上
Edge12以上
GoogleChrome30以上
Firefox27以上
Safari7以上

カメラ

 Zoom公式情報では、内蔵またはUSBプラグインのWEBカメラと記載されています。

 メーカー各社のWEBカメラも列挙されていますが、ビジネス向けの高価なもの(数万円以上)が多いです。

 実際は個人向けで1万円以下で購入可能なWEBカメラで十分と思います。

 できたらマイク内蔵のものがおすすめです。

 ミーティングはネットで、というのが今後は普通の世の中になるかもしれませんので、顔を映すためのWebカメラはあまり妥協しない方が良いでしょう。

ネットワーク

 Zoom公式情報によりますと、グループミーティングを行う場合は数Mbps程度の回線速度が推奨されていました。

 その程度なら、3大キャリア(Docomo、au、ソフトバンク)の4G回線でもなんとかいけそうです。格安SIM(MVNO)の場合は時間帯によっては辛いかもしれません。

 でも回線品質が悪いと、自分の顔がカクカクしたり、音声が途切れたりしてカッコ悪い姿をさらすことになりかねません。

 安定性を求めるのでしたら光回線ですね。

 自宅でテレワークが多めの方は、光回線を利用されている方が多いです。

 ノートパソコンに内蔵されているネットワークデバイスは、有線タイプと無線タイプ(WifiやWWANなど)がありますが、Zoomでおすすめなのはやはり有線タイプです。

 お友達とビデオ通話される場合でしたら回線の調子が悪くなったとしても、「ごめんなさい、また今度!」という感じにできると思いますが、Zoomでオンラインセミナーに参加したり、大事な商談を行っている場合ですと、そうはいかないことも多いのではないでしょうか。

 有線LANのポートが内蔵されている機種か、内蔵されていない機種の場合はUSBのLANアダプター(USB3.x以上のもの)をお持ちになることをおすすめします。

マイク

 Webカメラにマイクが内蔵されている場合は、もちろん不要です。

 無かったとしてもマイクだけ、もしくはマイク付きヘッドフォン(ヘッドセット)などが1000円前後で購入できます。

 ノートパソコンでしたら付いている機種が多いので、内蔵されているものを利用しましょう。

スピーカー

 最近のノートパソコンにはスピーカーは標準装備されていることが多いです。

 相手の声を聴くだけですので、スピーカーの品質を求める必要はないでしょう。

 オンラインセミナーのように講師のお話を聴くだけの場合は、場所によってはヘッドホンが必要になることもあるかもしれません。

 安価なものをひとつ持っておいても良いと思います。


 細かい点に関しましてはZoomの公式サイトでご確認いただければと思います。

パソコンを準備する方法をタイプ別に解説

ネットショップで買い物

 パソコンをお持ちでない方は、あなたのパソコンの利用形態に合った機種を購入することになります。

 「利用形態に合った」の意味は、例えばZoom以外にもワードやエクセル、動画編集に画像加工など、ハードに使う場合は高スペックのパソコンが良いですし、ブラウザでネット検索する程度でしたら比較的低スペックのお買得なパソコンで十分ということです。

 以下のタイプ別に難易度を付けて解説していきます。

  • 新しく購入する場合(初級)
  • 現在使用中のパソコンを利用する場合(中級)
  • 使わなくなったパソコンを再利用する場合(上級)
  • 中古パソコンを購入して利用する場合(上級)

新しく購入する場合(初級)

 新しくパソコンを購入する場合は、お店の店員さんと相談して選ぶことができますので、パソコン初級者でも安心できます。

 「Zoomが動くパソコンで、その他にxxxや〇〇〇なども快適に使いたい」や「最低限Zoomが使えれば良いです」などと、あなたの使い方を具体的にお伝えすれば、店員さんがおすすめしてくれるでしょう。

 その際、必要以上に高いパソコンを購入しないように、必要最低限の情報は事前に仕入れていた方が安心できます。

 パソコンの用途がZoomとブラウザを利用することぐらいでしたら、安いパソコンで大丈夫でしょう。

 ストレージ(HDD、SSDなど)の量は100GBもあれば十分です。もちろんそれ以上搭載されていても問題ありません。

 内蔵メモリはZoom公式情報では4GB以上を推奨しています。

 Webカメラが内蔵されているパソコンだと別途購入する必要がなくなります。

 でも古い機種のパソコンの場合は、内蔵カメラは性能がイマイチなものが多いです。

 最近のパソコンの内蔵Webカメラでしたら問題ないです。

 Webカメラは、ネットミーティングではとても重要ですので、今後の「Withコロナ時代」のことを考えますと高性能のものを持っていた方が良いと考えます。

 とりあえずやってみようという方は、Zoomで使えればなんでもよいと思います。

 マイクは別売りされています。

 安価ですので、あえてマイク付きのパソコンを探す必要はないでしょう。

 次の章でZoomにおすすめなパソコンをご紹介しております。ご参考になさってください。

現在使用中のパソコンを利用する場合(中級)

 現在利用中のパソコンの場合、Webカメラやマイクなどが内蔵されているのでしたら問題なく使えると思うのですが、内蔵されていない場合はご自分で購入してセットアップする必要があります。

 ですので中級としました。

 前章で解説したようなカメラやマイクをお選びになれば良いのですが、100%保証できないところが難しいところです。

 ネットで実績情報などを検索されるのも手ですね。

使わなくなったパソコンを再利用する場合(上級)

 使わなくなったパソコンは、たぶんOSが古かったり(Windows7など)CPUやメモリが推奨品から外れてしまっていたりなど、そのままでは使うのが困難な状態になっていると思います。

 その場合は、Linuxなどの軽量OSをインストールして用途を限定して使用しますと十分使えるようになります。

 しかし、かなりのスキルが必要になります。

 さらに、繰り返しになりますが、Windows11のご利用をお考えでしたらMicrosoftが提示してますシステム要件をクリアすることが必要になります。

中古パソコンを購入して利用する場合(上級)

 5年前に15万円したパソコンでも、中古で購入しますと5万円以下で購入できたりします。

 そのままの状態でZoomが利用できれば良いのですが、使い勝手が悪い場合はOSを軽量なものに入れ替えると快適に使えるようになる可能性があります。

 ですので、OSを再インストールする前提で中古パソコンを購入したほうがよいです。

 「使わなくなったパソコンを再利用する場合」と同様に高いスキルが必要です。

Zoomにおすすめなパソコンのご紹介

家族みんなで楽しめるパソコン

 パソコンとタブレットやスマホなどのモバイル機器は、どちらでもZoomを利用可能ですが、一番の違いは画面の大きさですね。

 冒頭でも軽くふれましたが、タブレットやスマホでは大人数を一度に表示できません。

 パソコンの場合は1画面に最大25人(高性能パソコンの場合は49人)を同時に表示できますが、モバイル機器の場合は1画面に最大4人までです。

 大勢でワイワイ楽しむためにはパソコンが必要になります。

 ミーティングの規模をふまえた上でどれにするかお決めになることをおすすめします。

 大人数でのミーティングは有意義で楽しいですので、個人的には、タブレットやスマホよりもパソコンが良いと思います。

 スマホやタブレットの場合は物理的な制約で不可能になりますので、今は必要ないと思っていても、その機会がやってきたときに後悔することになりかねません。

 以下で、おすすめなノートパソコンをご紹介していきます。

 なお、ご紹介しますノートパソコンは、Windows11パソコン、またはWindows11へのアップグレードが可能なWindows10パソコンです。

Zoom以外も快適に

 Zoomを使うという観点で考えますと、デスクトップ(据え置き型)パソコンよりもノートパソコンの方が場所を選ばず利用できますのでおすすめだと考えました。

 ですので、おすすめなノートパソコンをご紹介します。

 選んだ基準は以下のとおりです。

 このスペックであれば、3Dゲームの快適性を求めなければ困ることは無いと思います。

カテゴリスペック
モニター14インチ以上(※)
CPU業務用アプリが快適に動作
メモリ8GB以上
ストレージSSDで200GB以上(NVMeがおすすめ)
有線LAN1000BASE-T以上
内蔵されていない場合はUSB3.x対応の
LANアダプターを別途入手
無線LANWifi5 IEEE802.11 ac/a/b/g/n対応
以上
USBUSB3.0以上が2ポート以上
Webカメラ720p以上/30fps以上
内蔵マイク・スピーカーあり
※以前は15インチ程度とさせていただいておりましたが、14インチでも普通に使えますので変更しました

 この基準で国内外の有名メーカー5社、国内パソコン専門メーカー5社で販売しているパソコンを調査した結果、コスパが素晴らしかったノートパソコンを厳選して3台ご紹介します。

ThinkPad E15 Gen2(メーカー:Lenovo(レノボ))

 Lenovo(レノボ)は香港に本社がある世界的なコンピューターメーカーです。日本にも支社や生産拠点がありまして、日本製のレノボPCも流通しています。

 安心できますね。

カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080)
初期OSWindows10 Home
(Windows11へアップグレード可能)
CPUIntel: Core i5-1135G7
メモリ8GB
ストレージ256GB(SSD,NVMe)
有線LAN1000BASE-T
無線LANWifi 6 ax/ac/a/b/g/n
USBUSB3.1(TypeC)x1、
USB3.1x1、
USB2.0x1
Webカメラ720p(シャッター付)
内蔵マイク・スピーカーあり
TPMV2.0対応

 価格は10万円以下(税込・送料無料)です。(2021年11月時点)

 カスタマイズ可能なモデルもありますので、お好みのPCに仕上げることもできます。

 詳細はLenovo(レノボ)公式サイトでご確認ください。

Lenovo(レノボ)公式サイト
STYLE-15FH041-i5-UHDX-D(メーカー:iiyamaPC)
iconicon

 昭和世代のパソコンに詳しい方は、iiyamaといえばモニターを思い出されるかもしれません。実はパソコンでも有名なんですね。

 こちらのノートパソコンは、有名なパソコン専門メーカーのひとつであるiiyama PC製のパソコンでして、パソコン工房で販売されています。

 パソコン工房も有名なパソコン専門メーカーのひとつです。

カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080)
初期OSWindows10 Home
(Windows11へアップグレード可能)
CPUIntel: Core i5-10400
メモリ8GB
ストレージ250GB(SSD,NVMe)
有線LAN1000BASE-T
無線LANIEEE802.11 ac/a/b/g/n対応
USBUSB3.0(TypeC)x1、
USB3.0x1、
USB2.0x2
Webカメラ100万画素
内蔵マイク・スピーカーあり
TPMV2.0対応

 このノートパソコンの一番のポイントは、なんといいましてもコスパです。搭載しているCPUはかなり高性能(デスクトップPC向けCPU)なのですが、ノートパソコン本体の価格はとてもお買得な価格なんですよね。

 しいて弱点を挙げるなら光学ドライブ(DVDやブルーレイなど)が付いていないことでしょうか。

 これはデメリットのように見えるかもしれませんが、実はその分軽くなったり厚みを薄くできたりと、ノートパソコンの使い方によっては超メリットにもなるんですよね。

 詳しくはパソコン工房公式サイトをご覧ください。

mouse B5-R5(メーカー:マウスコンピューター)

 パソコン専門メーカーの中で最も有名な会社のひとつのマウスコンピューターです。

 テレビCMも有名ですね。

カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080)
初期OSWindows11 Home
CPUAMD: Ryzen 5 5500U
メモリ8GB
ストレージ256GB(SSD,NVMe)
有線LAN1000BASE-T
無線LANWifi 6 ax/ac/a/b/g/n
USBUSB3.1(TypeC)x1、
USB3.0(TypeA)x1、
USB2.0x2
Webカメラ100万画素
内蔵マイク・スピーカーあり
TPMfTPM(TPM2.0準拠)

 CPUはAMD製Ryzen5の5500Uを搭載しています。

 Intel製CPUでいいますとCore i5-10500と同じくらいの性能です。高性能の部類に入ります。

 パソコン初心者の方はIntel製CPUをお選びになる方が多いと思いますが、お詳しい方はAMD製CPUも普通に選択肢に入りますよね。(車で例えるならトヨタかいいかホンダがいいか程度の話しなんですよね)

 普段使いのノートパソコンとしては申し分ないスペックです。

 詳しくはマウスコンピューター公式サイトをご覧ください。

マウスコンピューター公式サイト

Zoomとブラウザが使えれば十分

 次は、Zoom以外はブラウザでホームページを閲覧するぐらいという方に向けたおすすめパソコンになります。

 選んだ基準は以下のとおりです。

 このスペックであれば、Zoomが普通に使えて、さらにブラウザで色々なサイトを見るといった程度であれば十分可能です。

 たまには気分を変えてお出かけ先でブログ更新、といった用途でも問題ありません。

カテゴリスペック
モニター14インチ以上(※1)
CPUZoomが快適に動作
メモリ8GB以上(※2)
ストレージSSDで100GB以上
有線LAN1000BASE-T
無線LANWifi5 IEEE802.11 ac/a/b/g/n対応
以上
USBUSB3.0以上が2ポート以上
Webカメラ720p以上/30fps以上
内蔵マイク・スピーカーあり
※1 以前は15インチ程度とさせていただいておりましたが、14インチでも普通に使えますので変更しました
※2 Windows11のシステム要件が4GB以上ですので、ご紹介しますPCは8GB以上に変更しました(2021年11月)

 この基準で国内外の有名メーカー5社、国内パソコン専門メーカー5社で販売しているパソコンを調査した結果、コスパが素晴らしかったノートパソコンを厳選して3台ご紹介します。

 10万円以下で探してみたのですが、国内有名メーカー製のノートパソコンでは納得のいくものがみつからなくて、3台とも国内パソコン専門メーカーのご紹介です。

mouse F5-i5(メーカー:マウスコンピューター)

 上でご紹介しましたマウスコンピューターのノートパソコンはAMD製のCPUを搭載した製品でしたが、こちらはIntel製CPUを搭載しております。

 Zoomやインターネット閲覧は快適にできるレベルのノートパソコンになります。

カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080)
初期OSWindows11 Home
CPUIntel: Core i5-10210U
メモリ8GB
ストレージ256GB(SSD)
有線LAN1000BASE-T
無線LANWifi5 ac/a/b/g/n
USBUSB3.1(TypeC)x1、
USB3.0x1、
USB2.0x2
Webカメラ100万画質
内蔵マイク・スピーカーあり
TPMV2.0対応

 CPUのCore i5-10210Uはi5の第10世代CPUの中で下位のCPUでして、普段使いにはちょうど良いと思います。

 光学ドライブとしましてDVDスーパーマルチドライブが内蔵されていまして、2kgほどの重量になります。上でご紹介しましたノートパソコンより重くなっています。

 2kgを超えるとカバンで持ち歩くのは大変という声をたまに聞きます。家の中だけでご利用するぶんには問題ありませんね。

 詳しくはマウスコンピューター公式サイトでご確認ください。

マウスコンピューター公式サイト

STYLE-15FH041-i3-UHDX(メーカー:iiyamaPC)
iconicon

 Zoomはもちろんですが、その他の軽めの作業でしたら十分使えるノートパソコンだと思います。

カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080)
初期OSWindows10 Home
(Windows11へアップグレード可能)
CPUIntel: Core i3-10100
メモリ8GB
ストレージ250GB(SSD,NVMe)
有線LAN1000BASE-T
無線LANWifi5 ac/a/b/g/n
USBUSB3.1(TypeC)x1、
USB3.0x1、
USB2.0x2
Webカメラ100万画質
内蔵マイク・スピーカーあり
TPMV2.0対応

 搭載しているCPUはデスクトップPC向けの省電力CPUになります。

 Intel Core i3を搭載した低価格ノートパソコンでは、i3-1115G4という型番のCPUを搭載したモデルをご覧になった方がいらっしゃるかもしれませんが、CPUパワー的にはCore i3-10100のほうが上になります。

 でもノートパソコンの価格は、Core i3-10100を搭載したPCのほうが安いんですよね。

 おすすめです。

 詳しくはパソコン工房公式サイトでご確認ください。

Lenovo IdeaPad Flex 550i(メーカー名:Lenovo(レノボ))

 ノートパソコンだけでなくタブレットっぽくも使えるLenovo(レノボ)のノートパソコンをご紹介します。

カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080)
光沢あり 10点タッチパネル
初期OSWindows11 Home
CPUIntel: Core i3-1115G4
メモリ8GB
ストレージ256GB(SSD,NVMe)
有線LAN無し
無線LANWifi5 ac/a/b/g/n
USBUSB3.0(TypeC)x1、
USB3.0 x2
WebカメラHD720p画質(シャッター付)
内蔵マイク・スピーカーあり
TPMV2.0対応

 普通に画面を見ながらキーボードを打つ使い方もできますし、画面をクルッと反対側に折りたたみますとタブレットのようにも使えます。

 液晶画面はタッチパネルになっていますので、15インチの大きなタブレットに変身です。

 CPUのCore i3-1115G4はi3の第11世代CPUの中で下位のCPUなのですが、普段使いにはちょうど良いと思います。

 本体価格もかなりリーズナブルです。

 詳細はLenovo公式サイトでご確認ください。

Lenovo(レノボ)公式サイト

 有線LANのポートはありませんので、有線LANをお使いになる場合は別途LANアダプターが必要になります。

 高いものから安いものまでいろいろな製品がありますが、下のレベルの製品で十分です。

BUFFALO 有線LANアダプター

LUA4-U3-AGTE-NBK ブラック Giga USB3.0対応 簡易パッケージ 日本メーカー 【Nintendo Switch動作確認済み】

まとめ

パソコンを使ってZoomでミーティング

 本記事では、Zoomでミーティングするために最低限必要なパソコンのスペックや要件ということで、Zoom公式サイトで公開されている要件を具体的に解説して、おすすめなパソコンもご紹介しました。

 再度、内容をおさらいしたいと思います。

  • Zoomができるパソコン自体の敷居は全然高くなく、お近くの家電量販店でセール中のもので十分
  • 大勢でワイワイ宅飲みなどをやるならパソコンでZoom
  • 顔を映すWebカメラは高価なものは必要ないが、妥協しない方が良いと思う
  • ネットの通信速度は4Gでも大丈夫だが、安定性のために光回線がおすすめ
  • 内蔵ネットワーク機能は有線LANがおすすめ。内蔵されていない場合はUSB3.x対応のLANアダプターを別途入手
  • マイクはパソコンに内蔵されていなくても、Webカメラ内蔵のものやマイクだけ単品の別売り品で十分
  • パソコンは、国内大手の家電メーカーよりもパソコン専門メーカーのほうがコスパが良い

 パソコン専門メーカーに関しては、パソコンにお詳しい方は抵抗が無いと思いますが、それほどでもない方は家電メーカーをお選びになるかもしれません。

 でも、パソコンの心臓部であるCPUは、家電メーカーでもパソコン専門メーカーでも同じもの(Intel製やAMD製)を使用しています。内蔵メモリも、一部のメーカーは自社製造していますが、ほとんどは自社以外のメーカーのものを利用しています。

 ですので、スペックが同じであればどこのメーカーでもほぼ同じ性能であると言えます。

 いかがわしいメーカーですと、粗悪な部品を使ってパソコンを作って売る場合があるかもしれませんが、国内外問わず有名人気メーカーの場合は、まずありえませんね。

 そのようなメーカーをパソコンに詳しい方々が許すわけありませんので。

 良い機会ですので、パソコンに詳しい方に人気のあるパソコン専門メーカーにデビューしてみませんか?

 この時期ですと、国内家電メーカー製のパソコンは在庫が少なくなっていますので納期が遅くなりますが、パソコン専門メーカーの場合は比較的早めというのもおすすめポイントのひとつです。

 本サイトでは、本記事以外にもzoomに関する記事を作成しております。よろしかったらご利用いただければと思います。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました