ZoomにおすすめなWindowsノートパソコン 押さえておくべきポイントも合わせてご紹介!

※本記事はプロモーションを含みます
※本記事はプロモーションを含みます
パソコンを使ってZoomでミーティング

 Zoomは、一時期は必要にせまられて利用されていましたが、今はひとつの便利なコミュニケーション手段として利用するようになってきました。

 Webカメラを通して行う会議は、決して特別なものではなく、対面で行う会議と同等なひとつのミーティング形態として定着したと思われます。

 ですので、もし現在お使いのパソコンやこれから購入されるパソコンでネットミーティングができない場合、とても残念なことになるかもしれません。

 動画編集向けやクリエイター向け、ゲーミングPCなどようなハイスペックなパソコンの場合は、WEBカメラさえ使えれば、問題なくネットミーティングできるでしょう。

 ちょっと心配なのは、パソコン初心者の方や普段使い用としてパソコンを購入する場合です。

 初心者向けの低スペックなパソコンを購入したばっかりに、Zoomは使えても便利な機能が使えなかったり、Zoomしながら同時にネットで調べ物をしたりOfficeアプリを使ったりすることが快適にできなかったりすることもあります。

 本記事では、WEB会議アプリの定番であるZoomを使うのにおすすめなパソコンを、デスクトップ型ではなくノートパソコンに的を絞ってご紹介します。

 デスクトップパソコンよりも、ノートパソコンの方が場所を選ばず使用できますのでおすすめです。

 また後半では、機種選びの際に押さえておくべきポイントなどについて解説します。

 おすすめするノートパソコンは、国内外のメーカー10社の中から厳選した機種を、以下の2種類に分けてご紹介します。

  • Zoomと業務系アプリが快適に使えるノートパソコン
  • Zoomとインターネット閲覧ができればよいレベルのノートパソコン

 オンラインゲームがサクサク快適に遊べたり、動画編集などの重たい処理を行うことが可能な高性能なPCは本記事の対象外です

 ご了承ください。

 お気に入りのノートパソコンを見つけるお手伝いができましたら幸いです。

 もしZoomの動作条件についての公式情報がお知りになりたい場合は、以下の記事で詳しく解説しております。

 よろしかったどうぞ!

Zoomにおすすめなノートパソコン

家族みんなで楽しめるパソコン

 では、Zoomにおすすめなノートパソコンをご紹介していきます。

 後ほど詳しく解説しますが、本記事でご紹介するノートパソコンは、主に以下を満たしているものを選んでおります。

  • 内蔵メモリは8GB以上
  • 解像度が720p以上のWebカメラ内蔵
  • インターネット接続は有線が有利
  • モニターの広さは、14インチもしくは15インチ程度
  • マイク、スピーカー内蔵

 また冒頭で軽くふれましたので繰り返しになりますが、以下の性能の機種をご紹介します。

  • Zoomと業務系アプリが快適に使えるノートパソコン
  • Zoomとインターネット閲覧ができればよいレベルのノートパソコン

Zoomと業務系アプリが快適に使えるノートパソコン

HP 15-fc0000 スタンダードプラスモデル(メーカー:日本HP)

icon icon
  • メーカーは世界トップクラスのIT企業HPの日本法人である日本HP
  • 内蔵メモリはデュアルチャネルで16GB
  • ZoomはもちろんOffice系アプリもストレスなく使えるCPUパワー
カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080) IPS
初期OSWindows11 Home
CPUAMD: Ryzen5 7530U
メモリ16GB(8GBx2)
ストレージ512GB(SSD,NVMe)
有線LAN無し
無線LANWifi6
USBUSB3.2(TypeC)x1、
USB3.2(TypeA)x2、
Webカメラ720p(92万画素)
重量1.63kg
こんな方は要チェック!
  • CPUの性能には余裕が欲しい
  • コスパに優れた普段使い向けのパソコンが欲しい
  • モニターは広い方が良いけど、なるべく軽い方が良い

 搭載しておりますCPUはインテル製のCore i5-7530Uでして、Zoomを使いこなすには十分すぎるくらいのパワーを持っています。

 USB端子は高性能なものが3端子搭載されておりますので、外部機器の接続に不満がでることはないでしょう。

 15.6インチ機種で1.63kgという本体重量は、十分軽量PCの部類に入ります。自宅内で持ち歩く分にはストレスになることはないでしょう。

 詳細は日本HP公式サイトでご確認ください。

 有線LANのポートはありませんので、有線LANをお使いになる場合は別途LANアダプターが必要になります。

 高いものから安いものまでいろいろな製品がありますが、下のレベルの製品で十分です。

BUFFALO 有線LANアダプター

LUA4-U3-AGTE-NBK ブラック Giga USB3.0対応 簡易パッケージ 日本メーカー 【Nintendo Switch動作確認済み】

Inspiron 14 (5445) (Ryzen 5搭載)(メーカー:Dell)

  • メーカーは世界トップクラスのIT企業Dell(デル)
  • コスパ最強
カテゴリスペック
モニター14インチ(1920x1200)
初期OSWindows11 Home
CPURyzen 5 8540U
メモリ16GB(8GBx2)
ストレージ1TB(SSD,PCIe)
有線LAN無し
無線LANWifi6
USBUSB3.2 Gen2(TypeC)x1、
USB3.2(TypeA)x2
Webカメラ720p(約92万画素)
重量1.61kg
こんな方は要チェック!
  • CPUの性能には余裕が欲しい
  • 一般的な画像の編集やデジカメ画像の現像、小規模のプログラミングなどを行うことがある
  • 内蔵メモリはデュアルチャネルなのでCPUパワーをフルに発揮

 搭載しておりますCPUはAMD製のRyzen 5 8540Uでして、Zoomはもちろんのこと、それ以外の業務アプリもサクサク動くでしょう。

 実は搭載CPUは、ちょっと性能が良すぎるかなと思ったのですが、8万円を切る価格(2024年6月時点)で販売されていましたので、ご紹介させていただきました。

 各種端子や内蔵機能は標準的な性能でして、必要十分なものがそろっています。特にこだわりがない場合は、まったく問題ないでしょう。

 本体重量は1.61kgでして、14インチノートパソコンとしては若干重いでしょう。

 詳細はDell公式サイトでご確認ください。

Dell公式サイト内のInspiron 14 ノートパソコンが表示されますので、ページ内右側のカスタマイズ部位のグラフィックスで「メモリー」が16GB、「ストレージ」が1TBを選択してください。

これにより、本記事でご紹介した機種が表示されます。

 有線LANのポートはありませんので、有線LANをお使いになる場合は別途LANアダプターが必要になります。

 高いものから安いものまでいろいろな製品がありますが、下のレベルの製品で十分です。

BUFFALO 有線LANアダプター

LUA4-U3-AGTE-NBK ブラック Giga USB3.0対応 簡易パッケージ 日本メーカー 【Nintendo Switch動作確認済み】

Zoomとインターネット閲覧ができればよいレベルのノートパソコン

HP 15-fc0000 ベーシックモデル(メーカー:日本HP)

icon icon
  • メーカーは世界トップクラスのIT企業HPの日本法人である日本HP
  • 15.6インチノートパソコンで本体重量が1.63kgと軽量
カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080) IPS
初期OSWindows11 Home
CPUAMD: Ryzen3 7320U
メモリ8GB
ストレージ256GB(SSD,NVMe)
有線LAN無し
無線LANWifi6
USBUSB3.2(Type-C)x1、
USB3.2(Type-A)x2
Webカメラ92万画素
重量1.63kg
こんな方は要チェック!
  • CPUの性能には余裕が欲しいが高価な機種は不要
  • コスパに優れた普段使い向けのパソコンが欲しい
  • 15インチクラスの広い画面の機種が良いが、できるだけ軽量なノートPCが良い

 CPUパワーは業務アプリを快適に利用することができるレベルですので、Zoomは全く問題ありません。マシンパワーが必要な機能(画面共有機能やバーチャル背景など)も利用可能です。

 CPU以外の部分の内蔵メモリや内蔵SSD、USB端子などに関しても一切手抜きはありません。

 15インチ機種なのに、本体重量が1.63kgという軽量さも素晴らしいです。一般的に15インチ程度のノートPCですと、2kg前後が多いですね。

 詳細は日本HP公式サイトでご確認ください。

 有線LANのポートはありませんので、有線LANをお使いになる場合は別途LANアダプターが必要になります。

 高いものから安いものまでいろいろな製品がありますが、下のレベルの製品で十分です。

BUFFALO 有線LANアダプター

LUA4-U3-AGTE-NBK ブラック Giga USB3.0対応 簡易パッケージ 日本メーカー 【Nintendo Switch動作確認済み】

Lenovo IdeaPad Slim 170(メーカー:Lenovo(レノボ))

  • メーカーは世界トップクラスのパソコン専門会社Lenovo(レノボ)
  • CPU性能は余裕が欲しいが高価な機種は不要
  • 高性能USB端子が3基
カテゴリスペック
モニター14インチ(1920x1080) IPS
初期OSWindows11 Home
CPUAMD: Ryzen5 7520U
メモリ8GB
ストレージ512GB(SSD,NVMe)
有線LAN無し
無線LANWifi6
USBUSB3.2(TypeC)x1、
USB3.2(TypeA)x1、
USB2.0(Type-A)x1
Webカメラ720p(約92万画素)(シャッター付)
重量1.38kg
こんな方は要チェック!
  • CPUの性能には余裕が欲しいが高価な機種は不要
  • 外付けデバイスを多用するため、USB端子の数や性能を重視する
  • 本体重量は軽くてもモニターは狭くない機種

 ご紹介します機種の搭載CPUは、AMD製のRyzen5 7520Uでして、Zoomを使いこなすには十分すぎるくらいのパワーを持っています。

 Officeなどの業務アプリを使用しても快適に動作する高性能なノートパソコンなのですが、このレベルのCPU搭載機としてはかなりの低価格(6万円台前半(2024年6月時点))で販売されていましたのでご紹介することにしました。

 USB端子が3つ付いていますので、ライトユーザーの方には十分な個数でしょう。

 液晶モニターが14インチの機種で本体重量が1.38kgですので、十分軽量の部類に入ります。

 詳細はLenovo(レノボ)公式サイトでご確認ください。

Inspiron 15 (3535)(Ryzen3搭載)(メーカー:Dell)

  • メーカーは世界トップクラスのIT企業Dell(デル)
  • コスパ良好
  • 15インチクラスの機種で1.63kgと軽量
カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080)
初期OSWindows11 Home
CPUAMD: Ryzen3 7320U
メモリ8GB
ストレージ512GB(SSD,PCIe)
有線LAN無し
無線LANWifi5 ac/a/b/g/n
USBUSB3.2(TypeC)x1、
USB3.2(TypeA)x1、
USB2.0x1
Webカメラ720p(約2万画素)
重量1.63kg
こんな方は要チェック!
  • CPUの性能には余裕が欲しい
  • 一般的な画像の編集やデジカメ画像の現像、小規模のプログラミングなどを行うことがある

 搭載CPUはAMD製のRyzen3 7320Uで、コスパに優れた機種に搭載されていることが多いです。

 Ryzen3シリーズはエントリーレベル向けのCPUですが、Ryzen3 7320Uの性能は標準レベルと考えてよいくらいパワフルなCPUです。

 搭載されておりますUSBやWifiなどは、エントリーレベルの機種ということだけありまして若干性能が低めですが、Zoomとブラウザが使えれば十分なノートパソコンとしましては全く問題無いレベルです。

 本体価格も大変お求めやすくなっています。

 詳細はDell公式サイトでご確認ください。

Dell公式サイト内のInspiron 15 ノートパソコンが表示されますので、ページ内右側のカスタマイズ部位のグラフィックスで「AMD Ryzen™ 5 7520U」を選択してください。

関連オプションの仕様変更についてのウインドウが表示されますので、「承認」ボタンを押してください。

これにより、本記事でご紹介した機種が表示されます。

 有線LANのポートはありませんので、有線LANをお使いになる場合は別途LANアダプターが必要になります。

 高いものから安いものまでいろいろな製品がありますが、下のレベルの製品で十分です。

BUFFALO 有線LANアダプター

LUA4-U3-AGTE-NBK ブラック Giga USB3.0対応 簡易パッケージ 日本メーカー 【Nintendo Switch動作確認済み】

Zoomを使うためにはどんなノートパソコンがおすすめ?

オンラインミーティングに必要なグッズ

 Windowsを搭載したノートパソコンと一口に言いましても、ご存知の通り、CPUの種類やメモリ量、ストレージ量、画面の広さなど、様々な製品があります。

 その中からZoomを使うためにおすすめなノートパソコンを、どのように選べばよいのでしょうか。

 Zoomの公式サイトに動作条件は示されていますが、それはZoomのことだけを考慮したものです。

 でも実のところ、パソコンでZoomだけしか使わないということはまず無いと思います。

 普段はOfficeアプリで資料を作っていて、ミーティングの時間になったらZoomを起動して打ち合わせをしたり、中にはZoomを使用しながら作成した資料をその打ち合わせでお使いになることもあるかもしれません。

 つまり、Zoomの動作条件にどの程度の余裕を持たせるかが重要になってきます。

 本記事の最初の方で、ご紹介するノートパソコンのスペックとして、以下の内容を挙げました。

  • 内蔵メモリは8GB以上
  • 解像度が720p以上のWebカメラ内蔵
  • インターネット接続は有線が有利
  • モニターの広さは、14インチもしくは15インチ程度
  • マイク、スピーカー内蔵

 以下では、この内容の中から重要なもの3点(上から3つ)について解説します。

内蔵メモリは8GB以上

 Zoomの公式サイトには、CPUとメモリの推奨要件として以下のように記載されています。

部品要件
CPU   デュアルコア2Ghz以上
画面共有機能を利用時する場合はクアッドコア以上
メモリ4GB
公式サイト確認:2024年6月時点

 CPUに関しましては、現在発売されている標準以上のパソコンでしたら問題ないと思います。

 問題は、内蔵メモリです。

 Web会議に参加するだけでしたら、Zoom以外のノートパソコンの用途のことを考えて8GBはあったほうが良いでしょう。

 もし、ネットミーティングで発表する側の場合は、8GBでは心配です。16GBあると安心できます。

 同じような考えで、Web会議に参加しつつ、裏で資料作成など別の作業をする場合は、やはり16GBは欲しいですね。

解像度が720p以上のWebカメラ内蔵

 最近のノートパソコンには、ほぼ全ての機種にWebカメラが内蔵されています。

 カメラの解像度は、ほとんどが720p(約92万画素)です。

 ですので心配することはないのですが、もし可能でしたら、1080p(約200万画素)のカメラもおすすめです。

 お顔の印象というのは結構大事だと思いますので、少しでもハッキリ映る方が好印象だと考えます。

 ノートパソコン内蔵のカメラが720pでも、USBの外付けカメラを接続すれば使えますので心配ありません。

インターネット接続は有線が有利

 インターネット接続環境は、Wifiを利用した無線接続が便利なのですが、Zoomを利用する場合はLANケーブルを使用した有線接続をおすすめします。

 有線接続のほうがインターネット接続が安定しますので、画面が固まったり、カクついたりすることが少なくなります

 有線接続するためのLAN接続ポートは、内蔵されている機種とされていない機種があります。内蔵されていない場合は、別途LANアダプター(USB3.x以上に対応している製品・2000円程度で十分)を購入すれば大丈夫です。

 Zoomを使うために必要なパソコンのスペックや要件(公式情報)につきましては、別記事で詳しくご紹介しております。

 また、インターネット回線につきましては以下の記事で解説しております。

まとめ

 Zoomにおすすめなノートパソコンと、押さえておくべきポイントについて解説させていただきました。

 オンラインゲームがサクサク動いたり、重たい動画編集作業を快適に行ったりする方にとりましては、数十万もするパソコンが必要かもしれません。

 Zoomと業務アプリを快適に使うレベルでしたら、そんなに高価なパソコンは必要ありません。

 でも、あまりに低スペックなノートパソコンですと、使いたい機能が使えなかったりする可能性があります。

 あなたにピッタリのノートパソコンを見つけて、快適なパソコンライフをお過ごしください!

 本記事のほかに、Zoomを使えるために必要なメーカー公式のパソコンのスペック情報、さらに最適なインターネット回線に関する記事も公開しております。

 よろしかったらご利用ください。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント