Windows11でZoomを使うために必要なパソコンのスペックや要件を解説

IT
パソコンを使ってZoomでミーティング

 2021年10月5日にWindows11が公開されました。

 新しいノートパソコンの購入を検討したり、Windows11にアップグレードしようとお考えの方もいらっしゃると思います。

 その時に気になるのは、やはり普段使っているアプリやサービスがWindows11で使えるのかということでしょう。

 この記事をご覧になっている方が気になっているのは、Zoomについてですよね。

 結果からいいますと、Windows11でZoomは使えます。

 すでに公式アプリが公開されておりますので、いままで通りに利用可能です。

 本記事では、Windows11にZoomをインストールする方法やパソコンの条件、さらにおすすめなパソコンについて解説・ご紹介しております。

 お役に立てれば幸いです。

Windows11にZoomをインストールする方法

 Zoomの公式サイトの動作条件には、現時点(2021年10月7日)ではWindows11の記載は見あたりません。

 でもWindows11で利用可能なZoomクライアントアプリは、すでに「Microsoft Store」に公開されています。

 下の画像は、「Microsoft Store」内で「zoom」で検索した結果です。

Microsoft Store

 Windows10で「Microsoft Store」を起動した場合はZoomアプリを見つけることはできませんでしたが、Windows11の「Microsoft Store」で確認したところ、上の図のとおり公開されていました。

 Microsoftの公式サイトにも、「Microsoft Store」からZoomがインストール可能な旨の記載がありました。

※上記ページ内の中央付近に「Canva 、Disney+、Zoom、Epic Game Store などのパートナーが提供する新しいアプリが、本日、Microsoft Store に登場しました。」と記載あり

 「Microsoft Store」に公開されていますので、Zoomのインストールは「インストール」ボタンを押すだけですね。

Zoomアプリの詳細情報

※今後、まぎらわしい名前の類似アプリが増えてきそうな予感がしますので、上の赤矢印部分の提供先会社名を確認することをおすすめします

 Zoomの招待用URLにアクセスすることでもインストール可能ですが、「Microsoft Store」で事前にインストールしていたほうがスムーズに利用できますのでおすすめです。

 実際に起動して使ってみたところ、私のアカウントでログインできましたし、画面も以前と同じものでした。

Zoomアプリの初期画面

Windows11でZoomをつかうために必要なもの

オンラインミーティングに必要なグッズ

 

 「Microsoft Store」のZoomアプリのシステム必要条件を確認したところ、以下のとおり記載されていました。(2021年10月7日時点)

Zoomアプリのシステム要件

 CPU(プロセッサ)の最小条件が「シングルコア1GHz」となっています。

 Windows11のCPUの最小システム要件が「1ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサ」となっていますので、Windows11が動くパソコンならZoomも大丈夫ということになりますね。

 内蔵メモリ量やストレージ容量、ネットワークなど、その他の条件に関しては記載がありませんので、本記事ではWindows10のZoom要件とWindows11のインストール必要条件を参考にすることにしました。

 以下で、Windows11でZoomを使うためのパソコンの必要スペック(システム要件)やソフトウエア、その他の付属品について解説します。

CPU

 Zoomのシステム必要条件では、CPUは以下を推奨していました。

要件
最小: シングルコア 1GHz以上
推奨: デュアルコア 2Ghz以上

 Windows10のZoom要件では、画面共有機能を利用時する場合はクアッドコア以上と記載がありました。

 画面共有機能といいますのは、あなたの映像の代わりに、Zoomをお使いのパソコンやタブレットの画面をメンバーの皆さんに見せることが可能な機能です。

 パソコン内の写真を見せたり、アプリの画面操作を教えたりする場合に便利ですね。

 まとめますと、Windows11上でZoomを使うには、具体的に以下のCPUが推奨されます。

種類通常利用画面共有利用
Intel系CPUCore i3-8000番台以上、
Core i5-8000番台以上、
Core i7-8000番台以上
Core i3-9000番台以上、
Core i5-8000番台以上の4コア以上、
Core i7-8000番台以上の4コア以上、
Core i9
AMD系CPURyzen 2世代以上Ryzen 2世代以上の4コア

 上の表はWindows11のシステム要件も加味しています。

内蔵メモリ、ストレージ

 Windows11の最小システム条件の内蔵メモリ量は4GBです。

 多くの方はWindows11以外にも、Zoomなど様々なアプリを使用すると思います。それを考慮にいれますと、4GBでは心細いですね。

 内蔵メモリは、8GBは欲しいところです。

 内蔵ストレージは、Windows11の最小要件では64GB以上となっていますが、他にもMS-Officeなどのアプリを使用するための領域が必要です。

 また、Windows11を最新バージョンにするためのWindowsアップデートで必要になる領域の確保も重要です。

 最低でも250GB以上はあったほうがよいでしょう。

ブラウザ

 以下の情報は、Windows10での必要条件になります。

ブラウザバージョン
InternetExplorer11以上
Edge12以上
GoogleChrome30以上
Firefox27以上
Safari7以上

カメラ

 Windows10のZoomに関する公式情報では、内蔵またはUSBプラグインのWEBカメラと記載されています。

 メーカー各社のWEBカメラも列挙されていますが、ビジネス向けの高価なもの(数万円以上)が多いです。

 実際は個人向けで1万円以下で購入可能なWEBカメラで十分と思います。

 できたらマイク内蔵のものがおすすめです。

 ミーティングはネットで、というのが今後は普通の世の中になるかもしれませんので、顔を映すためのWebカメラはあまり妥協しない方が良いでしょう。

ネットワーク

 Windows10のZoom公式情報によりますと、グループミーティングを行う場合は数Mbps程度の回線速度が推奨されていました。

 その程度なら、3大キャリア(Docomo、au、ソフトバンク)の4G回線でもなんとかいけそうです。

 格安SIM(MVNO)の場合は時間帯によっては辛いかもしれません。

 でも、安定性を求めるのでしたら光回線ですね。

 回線品質が悪いと、自分の顔がカクカクしたり、音声が途切れたりしてカッコ悪い姿をさらすことになりかねません。

 自宅でテレワークが多めの方は、光回線を利用されている方が多いです。

マイク

 Webカメラにマイクが内蔵されている場合は、もちろん不要です。

 無かったとしてもマイクだけ、もしくはマイク付きヘッドフォン(ヘッドセット)などが1000円前後で購入できます。

 ノートパソコンでしたら付いている機種が多いので、内蔵されているものを利用しましょう。

スピーカー

 最近のノートパソコンにはスピーカーは標準装備されていることが多いです。

 相手の声を聴くだけですので、スピーカーの品質を求める必要はないでしょう。

 オンラインセミナーのように講師のお話を聴くだけの場合は、場所によってはヘッドホンが必要になることもあるかもしれません。

 安価なものをひとつもっておいても良いと思います。


 細かい点に関しましてはZoomの公式サイトで、といいたいところですが、現時点(2021年10月)ではWindows11関連の情報は見当たりません。

 参考までに、Zoom公式サイトのリンクを掲載しておきます。

ZoomにおすすめなWindows11パソコンのご紹介

家族みんなで楽しめるパソコン

 最初からWindows11を使うことが決まっていらっしゃるのでしたら、Windows11がすでにインストール済みのほうがやはり安心できます。

 でも、Windows11が正式に公開されてからまだ間もないため、パソコンメーカーの公式サイトを見た感じでは、プレインストールされたノートパソコンはまだ少なかったです。

 本記事では、あなたにピッタリのノートパソコンをご紹介するために、機種を以下の2つのカテゴリに分けました。

  • Zoom以外も快適に
    Zoomはもちろんのこと、MS-Officeなどの業務系アプリや画像の加工、軽めの動画編集なども快適に行うことが可能なスペック
  • Zoomとブラウザが使えれば十分
    Zoomが使えて、その他にはブラウザでインターネットを閲覧する程度の普段使い向けのスペック

 上の2カテゴリについて、現時点で見つけたおすすめなノートパソコンをご紹介していきます。

Zoom以外も快適に

 最初は「Zoom以外も快適に」使えるノートパソコンのご紹介になります。

 選んだ基準は以下のとおりです。

 このスペックであれば、3Dゲームの快適性を求めなければ困ることは無いと思います。

カテゴリスペック
モニター15インチ程度
CPUWindows11搭載可能で業務系
アプリも快適に利用可能
メモリ8GB以上
ストレージ250GB以上
有線LAN1000BASE-T
無線LANIEEE802.11 ac/a/b/g/n対応
以上
USBUSB2.0以上が2ポート以上
Webカメラ720p以上/30fps
内蔵マイク・スピーカーあり
STYLE-15FH120-i5-UXSX(メーカー:iiyamaPC)
iconicon

 昭和世代のパソコンに詳しい方は、iiyamaといえばモニターを思い出されるかもしれません。実はパソコンでも有名なんですね。

 こちらのノートパソコンは、有名なパソコン専門メーカーのひとつであるiiyama PC製のパソコンでして、パソコン工房で販売されています。

 パソコン工房は、有名なパソコン専門メーカーのひとつです。

カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080)
CPUIntel: Core i5-1135G7
メモリ16GB
ストレージ500GB(SSD)
光学ドライブ
有線LAN1000BASE-T
無線LANIEEE802.11 ac/a/b/g/n対応
USBUSB3.1 TypeC 1基
USB3.1 TypeA 1基
USB2.0 1基
Thunderbolt4 1基
Webカメラ100万画素
内蔵マイク・スピーカーあり
TPMV2.0対応
重量約1.68kg

 このノートパソコンの一番のポイントは、なんといいましてもコスパです。搭載しているCPUはかなり高性能なのですが、ノートパソコン本体の価格はとてもお買得な価格なんですよね。

 メモリも16GB、ストレージもSSDで500GBも搭載しているのに。

 しいて弱点を挙げるなら光学ドライブ(DVDやブルーレイなど)が付いていないことですね。

 これはデメリットのように見えるかもしれませんが、その分軽くなったり厚みを薄くできたりと、ノートパソコンの使い方によっては超メリットにもなるんですよね。

 USB端子の数と種類の豊富さもポイントです。

 詳しくはパソコン工房公式サイトをご覧ください。

ThinkPad E15 Gen 3 (AMD)パフォーマンス(メーカー:Lenovo(レノボ))

 Lenovo(レノボ)は香港に本社がある世界的なコンピューターメーカーです。日本にも支社や生産拠点がありまして、日本製のレノボPCも流通しています。

 安心できますね。

カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080)
CPUAMD: Ryzen5 5500U
メモリ8GB
ストレージ256GB(SSD)
光学ドライブ
有線LAN1000BASE-T
無線LANWifi 6 ax/ac/a/b/g/n
USBUSB3.1(TypeC) 1基
USB3.1 1基
USB2.0 1基
Webカメラ720p(92万画素)
内蔵マイク・スピーカーあり
TPMV2.0対応
重量約1.7kg

 CPUはコスパで有名なAMD製です。「Ryzen5 5500U」は、MS-Officeなどの業務アプリケーションを快適に利用できます。

 この性能で価格は10万円以下(割引クーポン適用時)です。(2021年10月時点)

 カスタマイズ可能ですので、お好みのPCに仕上げることができます。

 詳細はLenovo(レノボ)公式サイトでご確認ください。

※「ThinkPad E15 Gen 3 (AMD)」はグレードが数種類あります。「パフォーマンス」と記載のある機種が対象のノートパソコンです。

ThinkPad E15 Gen 3 (AMD)スタンダード(メーカー:Lenovo(レノボ))

 もう1台Lenovoのノートパソコンをご紹介します。

 上のノートパソコンのCPU性能が少し低いタイプです。

カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080)
CPUAMD: Ryzen3 5300U
メモリ8GB
ストレージ256GB(SSD)
光学ドライブ
有線LAN1000BASE-T
無線LANWifi 6 ax/ac/a/b/g/n
USBUSB3.1(TypeC) 1基
USB3.1 1基
USB2.0 1基
Webカメラ720p(92万画素)
内蔵マイク・スピーカーあり
TPMV2.0対応
重量約1.7kg

 性能が低いとは言っても、Zoom以外の業務系アプリの動作には問題ありません。

 その分価格も安くなっています。

 詳細はLenovo(レノボ)公式サイトでご確認ください。

※「ThinkPad E15 Gen 3 (AMD)」はグレードが数種類あります。「スタンダード」と記載のある機種が対象のノートパソコンです。

LAVIE Direct N15(R)(メーカー:NEC)

  ご紹介しますのは、2021年秋冬モデルのノートパソコンになります。

 値段は高めですが、Zoomと業務アプリが快適に動作するちょうど良いノートパソコンだと思います。

カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080)
CPUAMD: Ryzen3 5300U
メモリ8GB
ストレージ256GB(SSD)
光学ドライブDVDドライブ付
有線LAN1000BASE-T
無線LANWifi 6 ax/ac/a/b/g/n
USBUSB3.1(TypeC) 1基
USB3.0 2基
Webカメラ720p(92万画素)
内蔵マイク・スピーカーあり
TPMV2.0対応
重量約2.2kg

 NEC製のノートパソコンがお好きな方でしたら、上の表のスペックのことを考えますと納得の価格だと思います。

 ご自身が安心して使えるノートパソコンを購入するのが一番ですね。

 詳細はNEC公式サイトでご確認ください。

※「LAVIE Direct N15(R)」はグレードが数種類あります。CPUが「Ryzen3 5300U」の機種が対象のノートパソコンです。

Zoomとブラウザが使えれば十分

 次は、Zoom以外はブラウザでホームページを閲覧するぐらいという方に向けたおすすめパソコンになります。

 選んだ基準は以下のとおりです。

 このスペックであれば、Zoomが普通に使えて、さらにブラウザで色々なサイトを見るといった程度であれば十分可能です。

 たまには気分を変えてお出かけ先でブログ更新、といった用途でも問題ありません。

 モニターのサイズは小さ目でも良いかもと思ったのですが、みんなでワイワイやるためには大きい方が良いので、そのままにしました。

カテゴリスペック
モニター15インチ程度
CPUWindows11搭載可能で
Zoomが快適に動作
メモリ8GB以上
ストレージ250GB以上
有線LAN1000BASE-T
無線LANIEEE802.11 ac/a/b/g/n対応
以上
USBUSB2.0以上が2ポート以上
Webカメラ720p以上/30fps
内蔵マイク・スピーカーあり

 「Zoomとブラウザが使えれば十分」くらいのスペックのノートパソコンでWindows11がプレインストールされている機種は、まだ数が少なく、1台しかご紹介できませんでした。

 今後増えていくと思いますので、見つけ次第追加していきます。

mouse F5-i5(メーカー:マウスコンピューター)

 パソコン専門メーカーの中で最も有名な会社のひとつのマウスコンピューターです。

 テレビCMも有名ですね。

カテゴリスペック
モニター15.6インチ(1920x1080)
CPUIntel: Core i5-10210U
メモリ8GB
ストレージ256GB(SSD)
光学ドライブDVDドライブ付
有線LAN1000BASE-T
無線LANWifi5 ac/a/b/g/n
USBUSB3.1 TypeC 1基
USB3.0 TypeA 2基
USB2.0 2基
Webカメラ100万画素
内蔵マイク・スピーカーあり
TPMV2.0準拠
重量約2.03kg

 CPUはIntel製Core i5-10210Uを搭載しています。普段使いのノートパソコンにはちょうど良い性能です。

 USB端子も豊富にそろっていますので、拡張性に優れているのもポイントでしょう。

 詳しくはマウスコンピューター公式サイトをご覧ください。

マウスコンピューター公式サイト

まとめ

パソコンを使ってZoomでミーティング

 本記事では、Windows11でZoomを快適に使うということで、正式に公開されている要件を具体的に解説して、おすすめなパソコンもご紹介しました。

 ご紹介したノートパソコンのメーカーの中には、初めてお聞きになる名前があったかもしれません。

 パソコンメーカーには大きく分けて2つありまして、ひとつは有名な家電メーカー(NEC、富士通、Panasonic、Lenovo、Asusなど)、もうひとつはパソコン専門メーカー(マウスコンピューター、パソコン工房など)です。

 パソコン専門メーカーは、パソコンにお詳しい方は抵抗が無いと思いますが、それほどでもない方は家電メーカーをお選びになるかもしれません。

 でも、パソコンの心臓部であるCPUは、家電メーカーでもパソコン専門メーカーでも同じもの(Intel製やAMD製)を使用しています。内蔵メモリも、一部のメーカーは自社製造していますが、ほとんどは自社以外のメーカーのものを利用しています。

 ですので、スペックが同じであればどこのメーカーでもほぼ同じ性能であると言えます。

 いかがわしいメーカーですと、粗悪な部品を使ってパソコンを作って売る場合があるかもしれませんが、国内外問わず有名人気メーカーの場合は、まずありえませんね。

 そのようなメーカーをパソコンに詳しい方々が許すわけありませんので。

 良い機会ですので、パソコンに詳しい方に人気のあるパソコン専門メーカーにデビューしてみませんか?

 本サイトでは、本記事以外にもzoomに関する記事を作成しております。よろしかったらご利用いただければと思います。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました