長崎街道 ポタリング地図 常盤橋(ときわばし)~黒崎宿(くろさきじゅく)

史跡
長崎街道起点(福岡県側)の常盤橋

 九州にある脇街道(脇往還)のひとつである長崎街道。

 江戸時代の重要拠点である長崎と江戸を結ぶルート上にある街道として、とても重視されていました。

 本記事では、長崎街道の福岡県側の起点である常盤橋(ときわばし)から黒崎宿(くろさきじゅく)までを自転車で実際に走ってみて、現地で見た街道沿いの史跡や景色などをご紹介しております。

 現在、常盤橋から長崎県側の起点までを自転車で走破すべく、時間のある時に少しずつ走っています。

 長崎街道の走破(現在挑戦中)に関しましては、別記事「長崎街道 ポタリング地図 江戸時代の歴史を感じる旅日記」に書かせていただいてますが、本記事はその部分的な記事になります。

 全工程をまとめる予定の別記事の方もご覧いただければ幸いです。

長崎街道のルートマップ(常盤橋~黒崎宿)

 自転車で長崎街道を走行する際には、入念に事前調査を行った上で行っています。

 その際に、Googleマップのマイマップ機能で、走行ルートや史跡ポイントなどを記録していまして、そのマップを確認しながら走行してます。

 下のGoogleマップは、私が実際に走行したルートを公開用に再編集したものです。

 これが長崎街道の本ルートだ!というものではありませんので、参考程度にご利用いただければと思います。

 地図内の史跡アイコンで示す場所は、以下で解説しておりますポイントになります。

長崎街道のルート解説(常盤橋~黒崎宿)

 長崎街道の福岡県側の起点は、北九州市小倉北区にあります常盤橋(ときわばし)です。(起点の場所は諸説ありますが本サイトでは常盤橋とさせていただきます)

 小倉城の周辺を進んだ後は、小倉の下町を通りまして、到津の森公園付近から黒崎宿まではほぼ西方に進みます。

 黒崎宿に着くまでの間は、たぶん昔はずっと皿倉山や帆柱山が見えていたのではないでしょうか。

常盤橋

 冒頭の写真は、長崎街道の福岡県側の起点となってます常盤橋(ときわばし)です。

 想像以上に幅が広くキレイな橋でびっくりしました。

横から見た常盤橋

 橋は木製なのですが、コンクリートと同じ強さを持っているそうです。(現地案内板より)

 常盤橋の東側には橋の案内板や伊能忠敬の記念碑、広告塔などがあります。

常盤橋の案内板

伊能忠敬の記念碑

常盤橋そばの広告塔

 西側には長崎街道の案内板がありました。案内板には途中までの本ルートが掲載されています。

常盤橋そばの長崎街道の案内板

小倉城周辺の長崎街道ルートマップ

 常盤橋から西方にまっすぐ延びている道が長崎街道になります。

 早速出発します!

郵便システムと長崎街道

 橋から250mほど先の左手に黒いポストがありました。

黒ポスト(常盤橋の先)

 明治4年末に長崎街道沿いに郵便取扱所が設置されまして、それをキッカケとして九州全域に郵便局ネットワークが広がっていったそうです。(ポストの案内板より)

 長崎街道は郵便システムにも貢献していたんですね。

 この黒いポストは、他の場所にもあるようですので、見つけ次第本サイトの記事でご紹介していきます。

 JR西小倉駅前の通りを越えて少し進んだあたりから、南西方向に進んでいきます。

 しばらく行きますと、到津口門跡の看板があります。

到津口門跡

到津口門跡の案内板

 小倉城にあった大きな門のひとつでして、参勤交代の行列など長崎街道を利用する藩主や役人などが利用していました。周辺を見ましたが、門らしき痕跡はありませんでした。

長崎街道の道路遺構

 到津口門跡からしばらく進みますと大通りにでまして、福岡地方裁判所が見えてきます。

 裁判所の建物の南方に広い空き地がありまして、そこで北九州市芸術文化振興財団の埋蔵文化財調査室による発掘調査が行われていました。(2019年6月時点)

 長崎街道と思われる道路遺構が見つかったそうです。

 現地にいらした学芸員の方に、とてもためになるお話しをお聞きすることができて、写真も撮らせてもらいました。

 個人ブログへの掲載は許されませんでしたのでお見せできませんが、かなり貴重な写真が撮影できました。

 興味のある方はネットで「金田遺跡第3地点」を検索しますと、北九州市芸術文化振興財団の解説記事がヒットします。

水かけ地蔵と長崎街道碑

 脇道に入りまして、道は一方通行になりました。

 向きは逆走ですが、「軽車両を除く」となってますので、徐行で注意して進みます。

 しばらくすると国道3号線にぶつかりますので、横断歩道を渡って500mほど行きますと左手に立派なお堂が見えてきます。

 水かけ地蔵尊です。

水掛け地蔵のお堂
水掛け地蔵

 参勤交代で移動中の大名などが休憩していた場所と伝えられているそうです。(現地案内板より)

 昭和40年に長崎街道跡記念碑が建てられました。

長崎街道の記念碑(水かけ地蔵)

荒生田(あろうだ)の一里塚

 常盤橋を出発して最初の一里塚になります。

荒生田(あろうだ)の一里塚

 一里は約4kmです。地図で確認したところ、常盤橋からほぼ4kmでした。

 荒生田(あろうだ)は一里塚のある場所から少し東のほうにある地名です。荒生田は地元の方でないと読めませんね。

 ここからもう少し先に国境石があります。

国境石(荒生田)

 当時の豊前国(ぶぜんのくに)と筑前国(ちくぜんのくに)の国境でして、江戸時代からこの場所にあったそうです。(現地案内板より)

前田の一里塚

 国境石から西方に200mほど行きますと交差点がありまして、そこに「長崎街道跡」と書かれた白い木柱がありました。

分かれ道にあった木柱

 ここは右方向に進みます。

 自転車の方は大通りに出る直前の一方通行にご注意ください。

 大通りに出ましたら、そのまま右側の歩道を進んでください。右手に北九州市では有名な高炉台公園が見えてきます

 国道3号線に出ましたら、横断歩道を渡って、すぐ左に入ってまっすぐ進んでください。

 この辺りの本ルートは不明ですが、たぶん高炉台公園の脇から真っすぐ道があったのではないでしょうか。

 国道3号線を渡ってから500mほど進みますと、北九州都市高速道路の高架に「長崎街道」と書かれたところがあります。

高架下の看板

高架下の長崎街道の出入口

 中に入ってください。

 途中に長崎街道の案内板がありまして、明治時代と昭和初期、現代の景色を比較した写真が掲載されていました。

高架下の案内板
高架下の案内板(比較写真)

 先ほど渡りました国道3号線を、再度横断します。

 移転して新しくなった北九州市立八幡病院と旧八幡病院が並んでいる場所にでます。

 旧八幡病院の脇を通って1kmほど行きますと前田の一里塚跡が見えてきます。

前田の一里塚跡

 地図で大雑把に距離を測ってみましたら、荒生田の一里塚から4km強ありました。

 前田の一里塚には松が植えてあったそうです。(現地案内板より)

黒崎宿

 前田の一里塚から少し進みますと、また国道3号線に出ます。

 1kmほど国道3号線沿いを進んだ先で右方向にそれます。JR鹿児島本線の踏切を渡りまして、国道3号線バイパスの高架下を抜けた先に黒崎宿跡の案内板が見えてきます。

黒崎宿の東構口跡付近にある案内板

 案内板の情報では、黒崎宿の東構口(宿場町への出入りを監視する番所のこと。江戸に近い方を東構口、もう一方を西搆口という)は、もう少し先の海蔵庵というお寺の辺りにあったようです。現在は姿を留めていません。

 再度、JR鹿児島本線の踏切を渡りまして、少し行った先の右側に櫻屋跡地の石碑があります。

櫻屋跡

 今はマンションになっていますが、ここには旅籠屋がありました。

 平成2年に解体されましたが、八幡西図書館内に一部が復元されているそうです。

 私の叔母は解体前の実物を見たことがあるそうです。うらやましい・・・。

 再び、国道3号線を渡りまして、黒崎の中心地に入っていきます。

 長崎街道沿いに進んでいますと、至るところに黒崎宿のなごりや「長崎街道」の文字を見かけます。

黒崎宿の人馬継所跡

黒崎宿の案内板

長崎街道の案内板(熊手商店街)

 他にもありますので、現地でご確認いただければと思います。

 そして、黒崎宿西搆口跡に到着です。

黒崎宿の西搆口跡

まとめ

 長崎街道の起点である常盤橋から最初の宿場町である黒崎宿までをご紹介しました。

 小倉から黒崎までの間は、1900年代に八幡製鐵所の街として栄えた時代もありましたが、長崎街道のなごりは消えずに残されていました。

 長崎街道沿いの地域は今後もさらに発展していくと思われますが、昔の交通の要であった道を残し続けてもらいたいですね。

 本記事に掲載しましたスポット以外にも、長崎街道沿いには見どころがたくさんあります。

 部分的でも良いですので、ぜひあなたご自身でご確認いただければと思います。

 次は黒崎宿の西搆口から出発です。

 長崎街道の全行程は下の記事をご覧いただければと思います。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

その他のおすすめ記事
その他のおすすめ記事
スポンサーリンク
ベロめも(véloめも)

コメント

タイトルとURLをコピーしました