Scratch3.0入門 「動き」の「○秒でx座標を△に、y座標を◇に変える」ブロック 使い方を実例付きで解説

Scratch

Scratch○秒でx座標を△に、y座標を◇に変えるブロック

 

 本記事では、Scratch(スクラッチ)3.0で使える「動き」カテゴリの「○秒でx座標を△に、y座標を◇に変える」ブロックを実例付きで分かりやすく解説しております。

 

 「○秒でx座標を△に、y座標を◇に変える」ブロックは、指定した時間をかけてスプライトをステージ内の指定した位置に表示するためのものです。

 以下でもっと具体的に解説します。

 

 Scratch(スクラッチ)のプログラミングを学ぶ上で、個々のブロックの本質を理解することはとても大事なことだと考えます。

 お役に立てれば幸いです。

 

 Scratch(スクラッチ)の基本的なことや全般的な内容に関しましては以下の別記事をご覧ください。

 

 

「動き」の「○秒でx座標を△に、y座標を◇に変える」 動作内容とオプション(Scratch3.0)

 まずは基本的な動作や指定可能なオプションをご紹介します。

 

基本動作

 

  1.  指定した時間をかけてスプライトを指定した位置に移動させる
  2.  指定した場所にスプライトを滑らかに動かすことができる

 

 個々の項目に関しましては次章で解説します。

 

 ブロックの形状はスタックブロックです。

 ブロックの上下に色んなブロックを重ねられます。

 

指定可能なオプション

 以下の値を指定できます。

 

指定する場所
○秒でx座標を△にy座標を◇に変えるのオプション1(←赤枠部分)
入力方法
手動、値ブロック
指定する内容
時間
単位
入力する文字種
半角数字
備考
小数値も利用可能

 

 

指定する場所
○秒でx座標を△にy座標を◇に変えるのオプション2(←赤枠部分)
入力方法
手動、値ブロック
指定する内容
座標
単位
なし
入力する文字種
半角数字
備考
小数値やマイナス値も利用可能

 

 

指定する場所
○秒でx座標を△にy座標を◇に変えるのオプション3(←赤枠部分)
入力方法
手動、値ブロック
指定する内容
座標
単位
なし
入力する文字種
半角数字
備考
小数値やマイナス値も利用可能

 

 

 

「動き」の「○秒でx座標を△に、y座標を◇に変える」の主な使い方(Scratch3.0)

 具体的な使い方を実例をまじえて解説します。

 

指定した時間をかけてスプライトを指定した位置に移動させる

 まず初めに、スプライトの位置の座標をわかりやすくするために、背景を変えましょう。

 ステージエリアの下にあります「背景を選ぶ」アイコンをクリックしてください。

 背景の一覧が表示されますので、下の方にスクロールして、「Xy-grid」という背景を選択します。

Xy-gridステージを探す

 

 ステージが下のようになりましたでしょうか。

Xy-gridステージ

 

 では、「○秒でx座標を△に、y座標を◇に変える」ブロックをスクリプトエリアに置いてください。

 ブロック内に表示されています現在の座標(x座標とy座標)は、ステージ内にいますスプライトの位置の座標になります。

 

 x座標とy座標の値を、お好きな数字に変えてみてください。

ブロックの設定をする

 

 スプライトをステージの左下に置きたかったので、上のように入力してみました。

 「○秒」にはお好きな数字を入力してください。

 

 入力が終わりましたら、「○秒でx座標を△に、y座標を◇に変える」ブロックをマウスでクリックしてみましょう。

 クリックする場所は数字の入力欄以外でお願いします。

 タブレットの場合はブロックをタップします。

 

 ステージ内のスプライトが別の場所にスーッと移動しましたね。

 背景を見ていただくとお分かりになると思いますが、ステージの中心の座標は、x座標が0でy座標が0です。

 x座標は、ステージ中心から右方向に1,2,3・・・ 240、左方向に-1、-2、-3・・・ -240です。

 y座標は、ステージ中心から上方向に1,2,3・・・ 180、下方向に-1、-2、-3・・・ -180です。

 座標を指定する場合は、上のルールで行います。

 

指定した場所にスプライトを滑らかに動かすことができる

 もし「○秒でx座標を△に、y座標を◇に変える」ブロックが無かったとしたら、好きな場所に一直線でスプライトをゆっくり移動させるのは結構大変です。

 移動したい場所にスプライトを向けて、そこまでの距離を進めればよいのですが、角度や距離を計算して、それをブロックに設定してあげる必要があります。

 

 「○秒でx座標を△に、y座標を◇に変える」ブロックのお陰で、上のプログラムがひとつのブロックで作れることになります。

 

 

まとめ

 スプライトに動きを与えてあげますと印象がガラッと変わります。

 動きカテゴリのブロックの使い方を理解して楽しいプログラムを作ってみましょう!

 

 本サイトでは他にもScratch(スクラッチ)に関する記事を公開しております。

 よろしかったらご利用ください。

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

(参考)

Japanese Scratch-Wiki 公式サイト

困ったときはいつもこのサイトを参照しています

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました