Scratch3.0入門 「動き」の「◇◇へ向ける」ブロック 使い方を実例付きで解説

Scratch○へ向けるブロック解説

 

 本記事では、Scratch(スクラッチ)3.0で使える「動き」カテゴリの「◇◇へ向ける」ブロックを、実例付きで分かりやすく解説しております。

 

 「◇◇へ向ける」ブロックは、スプライトをマウスのポインターや他のスプライトの方向に向けるためのものです。

 以下でもっと具体的に解説します。

 

 Scratch(スクラッチ)のプログラミングを学ぶ上で、個々のブロックの本質を理解することはとても大事なことだと考えます。

 お役に立てれば幸いです。

 

 Scratch(スクラッチ)の基本的なことや全般的な内容に関しましては以下の別記事をご覧ください。

 

 

「動き」の「◇◇へ向ける」ブロック 動作内容とオプション(Scratch3.0)

 まずは基本的な動作や指定可能なオプションをご紹介します。

 

基本動作

 

  1.  スプライトをマウスのポインターの方に向ける
  2.  スプライトを他のスプライトの方に向ける
  3.  スプライトを移動させずに進む方向だけを決めるときに利用できる

 

 個々の項目に関しましては次章で解説します。

 

 ブロックの形状はスタックブロックです。

 ブロックの上下に色んなブロックを重ねられます。

 

指定可能なオプション

 以下の値を指定できます。

 

指定する場所
○へ向けるブロックのオプション1(←赤枠部分)
入力方法
プルダウンメニュー
指定する内容
マウスのポインター、他のスプライト
単位
なし
入力する文字種
メニューから選択
備考
 

 

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

「動き」の「◇◇へ向ける」ブロックの主な使い方(Scratch3.0)

 具体的な使い方を実例をまじえて解説します。

 

スプライトをマウスのポインターの方に向ける

 「◇◇へ向ける」ブロックをスクリプトエリアに置いてください。

 向ける対象は、マウスのポインターになっていますね。

ブロックをスクリプトエリアに置く

 

 この状態で「(マウスのポインター)へ向ける」ブロックをクリックして実行しても、クリックした時点のマウスのポインターのほうを向くだけでちょっと面白くありません。

 

 「(マウスのポインター)へ向ける」ブロックを「ずっと○○」のC型ブロックの中に入れてください。

 「ずっと○○」ブロックは制御カテゴリにあります。

ずっと○○ブロックで囲う

 

 できましたら、ブロックをマウスでクリックしてみましょう。

 クリックする場所は数字の入力欄以外でお願いします。

 タブレットの場合はブロックをタップします。

 

 ステージ内でマウスカーソルを動かしてみましょう。

 スプライトがポインターのほうを向いてくれますね。

マウスのポインタのほうを向く

 

 プログラムを止める場合は、ステージの上のピンク丸ボタンを押して下さい。

 

スプライトを他のスプライトの方に向ける

 移動先に使用するスプライトを追加します。

 スプライトエリアの右下にありますアイコンをクリックして、他のスプライトを追加してみてください。

 試しに「Apple(リンゴ)」スプライトを追加してみました。

ステージにリンゴを置く

 

 スプライトエリアでネコスプライトのアイコンをクリックしてください。

 「◇◇へ向ける」ブロックのメニューをみますと、「Apple」が追加されています。

appleをセットする

 

※前の例題でC型ブロックの「ずっと○○」ブロックが残っている場合はブロックエリアにドラッグ&ドロップして消してください。そして「◇◇へ向ける」ブロックをスクリプトエリアに置きます。

 

 メニューで「Apple」を選択して「Appleへ向ける」ブロックをクリックしてみましょう。

 ネコがリンゴの方を向きましたね

スプライトが対象のほうを向く

 

※リンゴをマウスでクリックしたまま移動させたあとで、同じ操作を行う場合は、スプライトエリアでネコアイコンをクリックしてから、ネコ用のスクリプトエリアにあります「Appleへ向ける」ブロックをクリックしてください。

 

スプライトを移動させずに進む方向だけを決めるときに利用できる

 スプライトを指定の場所に移動するのであれば他のブロック(「◇◇へ行く」など)を利用すればよいと思います。

 でも、まずスプライトの方向を決めてから、そのあとでワンアクションいれてからスプライトを進める、といった場合などは、この「◇◇へ向ける」ブロックが便利です。

 

 例えば、敵に照準を定めてから発射ボタンでミサイルを撃つ、などの場合で使えますね。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

まとめ

 スプライトに動きを与えてあげますと印象がガラッと変わります。

 動きカテゴリのブロックの使い方を理解して楽しいプログラムを作ってみましょう!

 

 本サイトでは他にもScratch(スクラッチ)に関する記事を公開しております。

 よろしかったらご利用ください。

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

(参考)

Japanese Scratch-Wiki 公式サイト

困ったときはいつもこのサイトを参照しています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください