Scratch3.0入門 「イベント」の「背景が◇になったとき」ブロック 使い方を実例付きで解説

Scratch

 本記事では、Scratch(スクラッチ)3.0で使える「イベント」カテゴリの「背景が◇になったとき」ブロックを実例付きで分かりやすく解説しております。

 「背景が◇になったとき」ブロックは、ステージの背景が指定した絵になったときにプログラムの処理を開始するためのものです。

 以下でもっと具体的に解説します。

 Scratch(スクラッチ)のプログラミングを学ぶ上で、個々のブロックの本質を理解することはとても大事なことだと考えます。

 お役に立てれば幸いです。

 Scratch(スクラッチ)の基本的なことや全般的な内容に関しましては以下の別記事をご覧ください。

「イベント」の「背景が◇になったとき」ブロック 形状とオプション(Scratch3.0)

 本記事で解説しますブロックの形状と指定可能なオプションについて説明させてください。

ブロックの形状

 ブロックの形状はハットブロックです。

 ブロックのかたまりの一番上に置くブロックです。

指定可能なオプション

 以下の値を指定できます。

指定する場所
背景が◇になったときブロックのオプション1(←赤枠部分)
入力方法
プルダウンメニュー
指定する内容
背景
単位
なし
入力する文字種
メニューから選択
備考
 

「イベント」の「背景が◇になったとき」ブロックの解説(Scratch3.0)

 本記事で解説する内容や押さえておきたいポイントは以下のとおりです。

  • ステージの背景が指定した絵になったときにプログラムの処理を開始する

 具体的な使い方を実例をまじえて解説します。

ステージの背景が指定した絵になったときにプログラムの処理を開始する

 まずは切り替えるための背景を事前に2つほど登録します。

 ステージエリアの下の方にありますアイコンをクリックしますと、Scratchで用意している背景の一覧が表示されます。

背景を選択する

 この中からお好きなものを選んで使うことができます。

 試しに「Blue Sky」を選んでみました。

Blue Skyを選択

 同じ操作を繰り返して、もうひとつ「Night City」も追加しましょう。

Night Cityを選択

 スクリプトエリアに「背景が◇になったとき」ブロックを置きまして、プルダウンメニューから「Blue Sky」を選択します。

ブルダウンメニューからBlue Skyを選択
Blue Skyが設定されたブロック

 もうひとつ「背景が◇になったとき」ブロックを置きまして、こちらはプルダウンメニューで「Night City」を選択しましょう。

Night Cityが選択されたブロック

 このままでは背景が切り替わっても何も変化がありませんので、「背景が(Blue Sky)になったとき」ブロックの下に「こんにちは!と2秒言う」ブロックを置きます。

 「背景が(Night City)になったとき」ブロックの下には「こんにちは!と2秒言う」ブロックを置きまして、「こんにちは!」の部分を「こんばんは!」に書き換えてください。

ブロックを追加する

 背景を切り替えるために「背景を◇にする」ブロックも追加します。

背景を切り替えるブロックを置く

 では背景を切り替えてみましょう。

 「背景を◇にする」ブロックのプルダウンメニューで「Blue Sky」を選択しまして、そのブロックを押して下さい。

 背景が「Blue Sky」に切り替わると同時にスプライトが「こんにちは!」と言いましたね。

背景か切り替わってこんにちは!

 今度は「背景を◇にする」ブロックのプルダウンメニューで「Night City」を選択しまして、そのブロックを押して下さい。

 スプライトが「こんばんは!」と言いましたね。

背景か切り替わってこんばんは!

まとめ

 ある状況になったことをプログラムで検知して動きを柔軟に変えるプログラムを作る技術は、次へのステップのためにとても重要です。

 イベントカテゴリのブロックの使い方を理解して楽しいプログラムを作ってみましょう!

 本サイトでは他にもScratch(スクラッチ)に関する記事を公開しております。

 よろしかったらご利用ください。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

(参考)

Japanese Scratch-Wiki 公式サイト

困ったときはいつもこのサイトを参照しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました