初心者でも簡単にホームページが作れる「グーペ(Goope)」 目的の実現への近道です!その理由を徹底解説!


 

 初心者でも簡単に店舗のホームページが作れると評判の「グーペ」。

 でも、初心者が簡単に作ったと聞きますと、明らかに素人が作ったことがミエミエの超シンプルな文字だらけのホームページを想像してしまいませんか?

 たぶんあなたが作りたいホームページは、店舗の看板として使用するホームページだと思います。

 それが、素人感満載のホームページだったら、恥ずかしくて世の中に公開できないかもしれませんよね。

 もちろん「グーペ」で作ったホームページは、そんな安っぽいものではありません。

 本記事をお読みいただきますと、初心者の方が「グーペ」を利用してどのようなホームページを作成することができるかご理解いただけると思います。

ホームページが無いお店は信用されない?!

 

 一昔前は自分のお店のホームページを持つことがひとつのステイタスでした。ホームページを持っているだけで、このお店はすごい!と思われたものです。

 でも、最近はホームページを持っているのは当たり前で、もし持っていない場合はお店の信用にも関わってくるというお話を耳にするようになりました。

 ちょっと想像してみてください。

 ある通販サイトでなんでも美味しく作れる魔法のような鍋を見つけました。値段は3万円ととても高価なのですが、その通販サイトの商品説明を読んで、とても気に入ってしまいました。でもそのお鍋を製造しているメーカーは聞いたことない会社です。

 たぶんあなたは、お鍋の製造メーカーの名前をネットで検索してみますよね?もし、検索結果にそのお店のホームページが出てこなかったら、どう思いますか?

 もしかしたら、次にその商品の評判や口コミを調べるかもしれませんね。

 でも、そこでもし悪いことが書かれているのを見つけたら、一発アウトですよね。たぶん今後そのメーカーの商品は見向きもしないようになってしまうはずです。

 また今はホームページをスマホで見る時代です。パソコンではキレイに見えるホームページも、スマホの小さい画面では同じようにキレイに見えるとは限りません。

 このように、現在はお店のホームページを持っているだけじゃダメな時代になっているんですね。

 当然ですが、「グーペ」は現在のインターネット事情にマッチしたホームページが作れるように考慮されています。

「グーペ(Goope)」なら初心者でも簡単にホームページが作れる理由

 以下の内容は、実際に私が「グーペ」を利用してみて思った内容です。

ホームページ作成のための前準備

 ホームページを作成するためには、一般的に最低でも以下のものを準備する必要があります。

1. ホームページ公開サーバー
2. ホームページ作成ツール
3. ホームページのアドレス(URL)
4. ファイル転送ソフト
5. インターネット回線
6. 作業用パソコン

 特に1,2,3の準備は手間もお金もかかり大変なのですが、グーペを使う場合、この3つはグーペ側で準備します。

 4のファイル転送ソフトは、作成したホームページの素材などをホームページ公開サーバにアップロードするために必要なのですが、「グーペ」の場合はブラウザを使用してアップロードを行いますので不要です。

 つまり、インターネット回線と作業用パソコンがあれば、ホームページを作ることが可能なのです。

 と、ここまで書いておいてなんですが、これは「グーペ」に限ったお話しではなくて、他のホームページ作成サービスでも同じことが言えます。

 「グーペ」が初心者に優しい理由はここからです。

ホームページ作成初心者に対する心づかい

 日本で利用できるホームページ作成サービスはたくさんありまして、優れたものも結構あります。でもそのほとんどが初心者のことが考えられていないように思います。

 あるサービスはホームページが直感的に作れるようになっていて、マウス操作だけでかなりの部分が作れます。

 でも考えてみてください。初心者が直感的にマウスの操作だけでキレイなホームページを作れるでしょうか。

 中級者以上の方にとっては良い機能かもしれませんが、初心者向きではないと思います。

 またあるサービスは、デザイン(テーマ)を変えてしまうと今まで作ってきたホームページが崩れてしまって、キレイに表示させるまでかなり大変になってしまうようなものもあります。

 個々のデザインが複雑だからそうなってしまうと思うのですが、これも初心者のことを考えているとは思えません。

 グーペの場合は、個々のデザイン(テーマ)の作りがシンプルにまとまっていますので、デザインを変えても、当然見た目は変わりますが、崩れてしまって修正が大変ということになりにくい作りになっています。

店舗向けホームページ作成への配慮

 店舗ですと、商品メニューは必ずあると思います。

 グーペで商品メニューを作る場合、メニュー作成機能が標準装備されていまして、最低限必要な作業は商品名と値段を入力するだけです。詳しい使い方が分からなくてもりっぱなメニューができます。

 この機能って、ありそうなんですけどなかなかないんですよね。

 グーペ以外のあるサービスでは、商品メニューを作る場合、それに特化した機能はついていなくて、自分でメニューをデザインして作っていくことしかできませんでした。

 グーペではさらに、大量の商品メニューを登録するためのexcelのような表形式での一括入力方法が用意されていたり、オススメ商品にワンタッチで印がつけられる機能など、お店をお持ちの方でしたら誰もがあったらいいなと思える機能をちゃんと用意してくれています。

 商品メニューを例に挙げて説明しましたが、他にもお店のことを考慮した仕組みが色々用意されています。

 これは、忙しい実店舗の業務が最優先だということを理解してくれているからだと思うのです。

 この辺りがグーペは店舗向けホームページに向いているといわれる理由なのではないでしょうか。グーペの人気の良さが理解できます。

 「グーペ」の公式サイトはこちらからどうぞ!

 

実際に「グーペ(Goope)」で作成された店舗のホームページ

 私があれこれ説明するより、実際に「グーペ」を利用したホームページをご覧いただいた方が良いと思います。

 「グーペ」公式サイトでは、さまざまな店舗のジャンルに特化した情報を提供してますので、まずはそちらをご覧になることをおすすめします。

 私が「グーペ」を始めて知ったときは、まずこのページを見て感触をつかんだんですよね。

 そこに掲載されてます実際に「グーペ」でホームページを作成した店舗の中から、いくつかご紹介したいと思います。

飲食店向けホームページの事例紹介

 下のボタンからグーペ公式サイトの飲食店向け事例紹介ページに行けます。

 おしゃれな洋食屋さんの写真が表示されます。店内の雰囲気に合わせて黒を基調としたトップページになっていますね。

 少し下にスクロールしますと「飲食店でご利用のユーザー様をご紹介」と記載されている部分があると思います。

 そこに4つほど実際に「グーペ」で制作した店舗のホームページがあります。

 その中で私が目を付けたのは「やきとり居酒屋夢市門」さんです。

 これは「Oneplate」という「グーペ」のテンプレート(※)を使用していると思うのですが、お店の雰囲気や料理の味などが伝わってくる、とてもステキなホームページだと思いませんか。

(※)「グーペ」は、まずホームページのひな型を選び、そこに画像や文字を埋め込んで作り上げていきます。そのひな型を「テンプレート」といいます。
 テンプレートには無料で利用可能なものと有料のものがあります。ちなみに「Oneplate」は無料のテンプレートです。上の例の他の3つはたぶん有料テンプレートだと思います。

美容・ネイルサロン向けホームページの事例紹介

 次は美容・ネイルサロン向けホームページをご紹介します。

 少し下にスクロールしますと「お客様のホームページをご紹介」があります。

 そこの4つの中では、「ヘア&ビューティーBRY (ブライ)」さんが気になりました。

 これってテンプレートは何を使っているのでしょうか。作り込めばこんなにおしゃれなホームページも作れるんですね。

 「美容室 MotherLeaf」さんもステキだと思いました。職人技が光っていると思います。

医療・福祉向けホームページの事例紹介

 「グーペ」は医療系のホームページも得意なんですね。

 医療・福祉といえば、やはり清潔感と安心感でしょうか。下手に狙ってしまうと逆効果になりそうな感じがします。

 「グーペ」はその点に関しても当然配慮されてまして、初心者の方でもちゃんとしたホームページが作れます。

 上のボタンから移動した先のページの一番下に「医療・福祉のホームページお役立ち記事」がありまして、そこから特集記事を見ることができます。

 3つほどホームページが紹介されていますが、私は「たま鍼灸マッサージ治療室」さんが一番気に入りました。

 ポイントは配色ですね。オレンジ色が目立つのですが、これって「ビタミンカラー」っていうんですね。

 もし「たま鍼灸マッサージ治療室」が近くにあったら、たぶん行ってたと思います!

整体院向けホームページの事例紹介

 最近、整骨院やマッサージ院などの店舗を良く見かけるようになったと思いませんか?

 厚生労働省のデータですが、整骨院だけ見た場合、2014年は45000箇所もあり、年々増加しているそうです。主要なコンビニの数が約55000件(2017年)ですからスゴイ数ですよね。

 そんな世の中ですから、やはりホームページはとても重要になってくるでしょう。

 「グーペ」公式サイトで紹介されてます整体院は、どれも安心してお願いできそうなところばかりなのですが、特に目を引いたのは「からだ元気治療院」さんでした。

 トップページの写真の枠を工夫するだけでこんなに印象が変わってくるもんなんですね。

教室・スクール向けホームページの事例紹介

 最後は教室・スクール向けホームページのご紹介です。

 教室・スクールとひとことで言いましても、ジャンルはかなり幅広いですよね。といいますか、すべてのジャンルにおいてスクールは存在していると思います。

 少しだけ下にスクロールしますと「教室・スクールでご利用のユーザー様をご紹介」が見えてきます。

 「グーペ」では、料理教室、イベントプロデュース、アロマテラピー講座、囲碁教室が紹介されていました。

 4つとも全くハデさはなく、真面目さや楽しさが伝わってくるようなキレイでスッキリした感じのホームページですね。

 特に目を引いたのは「碁縁株式会社」さんでした。写真も大きくて見やすいですし、そこから囲碁の楽しさが伝わってくる感じがしました。

 

まとめ

 「グーペ(Goope)」を使えばどのようなホームページができるかイメージを膨らませることができましたでしょうか。

 本記事の内容を簡単にまとめてみました。

  • ホームページが無いと怪しまれる場合がある。ホームページがあってもスマホでの表示も意識する必要がある。「グーペ」はパソコンとスマホ両方の表示に対応済み。
  • パソコンとインターネット接続環境さえあればホームページが作れる。
  • 「グーペ」は初心者や店舗経営者の目線に立って作られている

 「グーペ」はホームページで必要なものはほとんど用意できています。あとはそこにあなた自身が持っているお店や会社への想いを足すだけで完成するはずです。

 でも実はホームページは完成したら終わりではありません。できあがった後も内容を更新したり、改善したりする必要があります。

 でもご安心ください!もちろん「グーペ(Goope)」は完成後についても考慮されています。これに関しましては別記事でご紹介する予定です。

 まずは15日間無料お試しサービスで体験するところからスタートしてみましょう。

 「グーペ」公式サイトから今すぐ申し込みできます。クレジットカードなどの登録は不要ですのでお気軽にどうぞ!

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

グーペ総合記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください