切手の買取を初めて利用する私がバイセル(BUYSELL)をおすすめする理由

切手シートに入っている外国の切手

 

 一昔前は切手コレクターの方はかなりいらっしゃったようですが、最近は減少傾向にあるようです。

 手紙などの郵便物が減ってきて、切手を目にする機会が減っていることも理由のひとつみたいですね。

 

 私は切手に興味はなかったのですが、あるとき親戚の人から「昔はコレクションしてたんだけど今はやめてしまって倉庫に眠っている。処分してもいい」という話しを聞きまして、その切手を引き取ることになりました。

 

 引越しの際に不要な家具などを街のリサイクル業者さんに買取ってもらったり、不要になった書籍を宅配買取してもらった経験はあるのですが、切手は初めてです。

 

 どうせ買い取ってもらうなら納得のいく業者さんにお願いしたいと思いまして、徹底的に調べることにしました。

 

 結果を先に言いますと、バイセル(BUYSELL)という買取業者さんに決めました。

 

 おすすめする理由は以下のとおりです。

  • テレビCMやネットなどで知名度が高く、坂上忍さんを広告に起用している
  • 切手と真摯に向き合っていると思う
  • 無店舗経営でコストを省いて買取価格に還元している
  • 販売ルートを公開している
  • ネットでの口コミ情報は評判の良い意見が多い

 

 そこに行きつくまでのいきさつは、以下の記事でまとめておりますのでご覧いただければと思います。

 

 バイセル(BUYSELL)について詳しくお知りになりたい方は公式サイトでご確認ください。

 

 

 切手の処分をお考えの方の参考になれば幸いです。

 

 

 

一般的に切手の価値はどんな感じなのか調べてみた

 まずは目の前にある切手たちにどのくらいの価値があるか知りたかったので調べることにしました。

 価値を知らなかったら買取業者の言いなりになってしまうと思ったからです。

 

切手の額面以内の価値はある

 郵便局で購入した切手は、古いものでも額面通りの価値があるそうです。

 例えば、郵便はがきや郵便書簡、封筒などと交換することができます。

 

 ただし手数料が必要になりますので、額面と同じ額のものとは交換できません。

 手数料は、例えば切手をなにかに交換する場合は、切手1枚あたり5円です。

 

郵便料金やゆうパックの配送料金の支払いに使える

 切手を別のものに交換する場合は手数料を取られますが、郵便料金として切手を使用する場合は手数料が不要です。

 例えば、速達料金やゆうパックなどの料金を手数料無しで支払うことができます。

 

 これは今回切手について調べて初めて知りました。

 

 どこにでもある切手だからといって、だまって二束三文で買取る業者がいたら悪徳業者ということですか。

 

シロウトには判断できないプレミア切手

 私のように切手ド素人には判断できないプレミア切手なるものがありまして、トンデモない価値になる場合があるそうです。

 

 コレクターの方々には有名らしいですが、「見返り美人」という額面5円の切手がありまして、数千円の価値があるとのことです。

 シートの状態ですと1万円前後になることもあるそうです。

 

 大正時代や昭和初期のころの切手があったとしたら数万になることも。

 

 残念ながら、私の目の前の切手の中には古そうな切手は無いようです。

 でも私は切手初心者ですので、素人判断は危険ですね。

 

 次の章では、私のような切手の知識があまりない方が切手を処分する方法について解説します。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

コレクターじゃない人の切手の使い道、もしくは処分する方法

 切手には、郵便局で簡単に手に入る普通切手や特別な行事あったときなどに発行される記念切手などがあります。

 このへんは私でも知っていました。

 

 でも、フレーム切手という、オリジナルの画像を郵便局に送って作ってもらえる切手があることを知ってビックリでした。

 私の顔の切手を作ったところで価値は無い(額面通りの価値はあると思いますが・・・)ですが、ご当地ものや様々なイベントもののフレーム切手もあるようです。

 

 なんか調べていくうちに切手に興味が沸いてきてしまいましたが、本題に戻ります。

 

 結局のところ、色々な切手があったとしましても、切手シロウトの私には客観的な価値はわかりません。

 

 ですので、以下のとおりの考えでいこうと思います。

  • 切手の価値を専門家に鑑定してもらう
  • 額面以下の価値の切手は自分で使う
  • 額面以上の価値の切手は買い取ってもらう

 

 個々について説明させてください。

 

切手の価値を専門家に鑑定してもらう

 切手の使い道や処分の方法を決めるためには、まず目の前にある切手全部の価値を知る必要があります。

 そのためには、価値を判断できる方に見ていただいて、選別してもらわなければいけません。

 

 価値を判断できる方に関しましては、ネットで切手の買取について調べた結果、以下の方針に決めました。

 

 なんでも買取するのではなくて、切手を専門に買取る業者さん 

 

[理由]本当の価値がわかる方に鑑定してもらいたいから

 

 

 全国規模の店舗を保有している業者さんではなくて、少数または無店舗で運営している業者さん 

 

[理由]店舗維持費は買取価格から引かれてしまうから

 

 

 宅配買取ではなくて、持込みや出張で買取を行ってくれる業者さん 

 

[理由]部分的に買取をキャンセルしたいから、目の前で査定してもらって、その場で買取かキャンセルか決めたい

[理由]宅配買取の経験上、査定額が決まったあとにキャンセルして送り返してもらう時の配送料は自己負担になるので

 

額面以下の価値の切手は自分で使う

 額面以下の価値で、郵便局で使える切手は自分で使うことにします

 

額面以上の価値の切手は買い取ってもらう

 額面以上の価値の切手はその場で買取っていただきます。

 

 複数の業者に査定してもらって個別に査定額を比較して整理して、一番高い業者さんに振り分けて買い取ってもらうということもチラッと頭をよぎりました。

 でも、それをするだけの手間と買取額の差を考えた場合、手間に見合わないと判断してやめました。

 

 1点で大物の場合は複数店舗で査定していただいても良いと思いますが、切手の場合は大変だと思います。

 とはいいましても、ちょっとでも気になる切手の査定がある場合は、遠慮なく個別にキャンセルするつもりです。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

査定をお願いする業者さんの探し方

 買取してもらうための方針が決まりましたので、納得できそうな買取業者さんの調査開始です。

 

ネットで出張買取や持込み買取を行っている業者さんを検索

 まずは「切手 買取」でググってみました。

 

 買取業者の公式サイトが上位に名を連ねてまして、エクセルでURLを控えていきます。

 

 中には一般サイトで、「<地名>で切手の買取をするなら・・・」というサイトが何個かありました。

 試しにそのサイトのほかの地名のページを見てみたら、地名のみ違ってその他は一字一句同じ記事ばかり。

 その手のサイトはスルーして、公式サイトだけを控えていきます。

 

 その他にも「切手 出張買取」や「切手 宅配買取」などでも調べて10社ほど候補を挙げました。

 

買取業者のチェックポイント

 控えた公式サイトで買取業者さんについて調べていくのですが、チェックポイントは以下のとおりです。

 

買取方法をチェック

  • 出張買取・持込み買取・宅配買取など、可能な買取方法は?
  • 個別にキャンセルは可能か?
  • 持込みできる窓口は、実際に持込み可能な場所にあるか?
  • 最終的な買取金額が決まるまでに手数料(査定料、見積り料、相談料、キャンセル料、配送料など)は発生するか?
  • 出張買取の場合、手数料(出張料、キャンセル料など)は必要か?
  • 持込み買取の場合、手数料(キャンセル料など)は必要か?
  • 宅配買取の場合、手数料(キャンセル料、返送料など)は必要か?

 

切手の買取実績をチェック

  • 買取対象に切手が入っているか
  • 切手は主力ジャンルか
  • 切手の買取実績例や解説などが見れるか
  • 切手買取に関する知識はあるか

 

会社概要をチェック

  • 買取業が専門の会社か
  • 販売ルート情報が公開されているか
  • 複数拠点は直営店かフランチャイズか
  • 直営店舗が多過ぎないか
  • クーリングオフについて記載があるか

 

実際に10社の買取業者さんをチェックした結果バイセル(BUYSELL)をおすすめする理由

 冒頭に書きました通り、最終的にはバイセル(BUYSELL)に決めました。

 

 繰り返しになりますが、以下がその理由になります。

 

  • テレビCMやネットなどで知名度が高く、坂上忍さんを広告に起用している
  • 切手と真摯に向き合っていると思う
  • 無店舗経営でコストを省いて買取価格に還元している
  • 販売ルートを公開している
  • ネットでの口コミ情報は評判の良い意見が多い

 

以下で補足します。

テレビCMやネットなどで知名度が高く、坂上忍さんを広告に起用している

 知名度が高いということは、単純に評判を落とすようなことをやりにくくなりますよね。

 なにかやらかしてしまいますと、ネットで叩かれて、お店はおろか広告に起用されている坂上忍さんにも迷惑がかかってしまいます。

 

 広告費用を使うくらいなら買取価格に上乗せしろ、という考えもあると思いますが、バイセルという会社を知ってもらわないことには始まりませんよね。

 ある程度の広告は必要だと考えます。

 

切手と真摯に向き合っていると思う

 バイセルを調べるために公式サイトを読みあさったのですが、そのおかげで切手に関する知識がたくさん身につきました。

 切手に関するコラムが40記事以上あったんですよね。

 

 もちろん記事に書いてあったことは、他の公式情報などを確認して裏をとったりしましたが、誇張された内容は見当たりませんでした。

 

無店舗経営でコストを省いて買取価格に還元している

 バイセルは出張買取をメインとしているため、必要最低限の店舗で運営しています。

 その分、店舗維持費が抑えられるので買取価格に還元できているのでしょう。

 

 無店舗とはいっても、コールセンターや問い合わせ窓口などはしっかりしたものを用意しているようです。

 

販売ルートを公開している

 利用者から買取った品々は、その後どうなるのか気になるところです。

 通常はそのような情報はあまり公開しないと思いますが、バイセルは全部じゃないと思いますが公開しています。

  • バイセルオンラインという自社販売サイト
  • 楽天市場の販売店舗
  • ヤフーショッピングの販売店舗
  • ヤフオク

 

ネットでの口コミ情報は評判の良い意見が多い

 ネットでの口コミをまとめてみました。

 

ポジティブな意見

  • 出張買取で査定を始める前に事前説明を丁寧にしてくれて安心した
  • 買取してもらうか決めかねていたので相談だけしてみたが、とても親切に対応してくれた
  • 女一人暮らしなので女性の査定員をお願いしたらちゃんと女性がきてくれた

 

 ポジティブな口コミで多かったのは、「色んな業者に査定してもらったけどバイセルが一番高値だった」のような査定額に関することでした。

 買取額に関する口コミは良く目にしますが、たまたまその商品はバイセルが高値で買い取ったのかもしれませんし、単に自作自演かもしれません。

 でもいろんな買取業者と比べたけど、結構バイセルは高かったという意見を目にすることが多いんですよね。

 それだけ利用者が多くて、満足する方も多いということではないでしょうか。

 24時間受付可能なバイセルの連絡先は、買取の依頼だけでなくて相談にものってもらえますので、売ろうかどうしようか迷ってる方は、とりあえず相談にのってもらうことをおすすめします。

 

ネガティブな意見

  • 着物の買取をお願いしたけど買取価格が安すぎ
  • 10品中8品も買取を拒否された
  • 出張買取をお願いしたけど1週間待ちと言われた

 

 「買取価格が安すぎ」という意見は、買取業者の宿命だと思います。

 バイセルに限らずどの業者に対しても「買取価格が安すぎ」という口コミは存在します。

 「買取価格が安すぎ」というのは、結局のところ査定してもらった個人の価値観しだいなんですよね。

 2つ目も同じで、状態の悪いものばかり査定してもらったら買取を断られることはどの業者でも良くあることです。

 3つ目は年末に依頼をした方の口コミでして、買取が忙しい時期に依頼したら待たされるのは当然だと思いませんか?

 夏休み明けの9月や引越しシーズンの4月前後なども同様です。

 逆に、買取の繁忙期に待たされずに買取できる方が不安ですよね?

 

 ネガティブな意見も大事ですが、そのままうのみにせずに客観的にみてみることをおすすめします。

 

まとめ

 親戚から譲り受けた切手をバイセル(BUYSELL)で出張買取していただこうと思ったのですが、点数があまりに少なすぎるので、他の切手もかき集めて点数を増やしてからお願いすることにしました。

 明らかに額面以上の価値が無い切手もありましたので、その切手は上のほうに書きました通り、郵便局で積極的に利用していきたいと思います。

 

 バイセルについて調べるために公式サイトを見てましたら、額面以下の価値しかない切手が大量にある場合は、金券ショップにまとめて買い取ってもらった方が良いと書いてある記事がありました。

 また使用済み切手など価値がない切手は、引き取ってもらえるボランティア団体があるということもバイセルの公式サイトで知りました。

 

 自社の利益が大事なのは当たり前ですが、買取ってもらう利用者の利益も大事に考えてもらえている感じがしてとても好印象でした。

 

 口コミのところにも書きましたので繰り返しになりますが、あなたが処分したいと思われている切手に関して、とりあえずバイセルに相談されてみてはいかがでしょうか。

 ネットでのお問い合わせ、電話でのお問い合わせ、どちらも可能です。

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください