U-NEXTへの登録が完了しますと、膨大な数の作品をいつでも利用できるようになります。

 U-NEXTは様々な機器で利用することができますので、あなたが何かを見たい読みたいと思ったときにすぐ作品を届けてくれます。

 本記事では、U-NEXTの動画や電子書籍などの作品を見たり読んだりする方法、便利な機能の利用方法などについて解説しております。

 U-NEXTは以下の機器で利用することができます。

  • スマホ、タブレットなどのモバイル機器
  • 大画面テレビ
  • ゲーム機
  • パソコン

 以下で機器別に使い方を説明していきます。あなたがご利用中の機器の使い方を見る場合は、下の目次からお望みの場所に移動するのが便利です。

 

 

U-NEXTをスマホ、タブレットなどのモバイル機器で使用する場合の使い方

 スマホなどでU-NEXTを利用する場合はアプリを使用するのが便利です。

 ブラウザで利用することも可能ではありますが、全ての機能が利用できるわけではありません。

 作品を検索したり人気ランキング情報をみたり、あなたのアカウント情報を参照する・内容を変更するなどはブラウザで行うことができますが、肝心の動画を見る場合や電子書籍を読む場合は、それぞれ専用のアプリがインストールされていないと見たり読んだりすることができません

 結局はアプリが必要になるので、お使いのスマホやタブレットに専用アプリをインストールして利用する方が便利です。

U-NEXT専用アプリのインストール方法

 U-NEXT専用アプリをインストールする場合は、iPhoneなどiOSのスマホやタブレットをお使いの方は「Apple Store」で、Androidのスマホやタブレットをお使いの方は「Google Play」で、それぞれ「U-NEXT」を検索してください。

 専用アプリ「U-NEXT」が出てきますので、それを選択してインストールします。無関係のアプリがいっぱい表示されるかもしれませんので間違えないようにご注意ください。

 こちらからインストールすることも可能です。よろしかったらご利用ください。

iOS版はこちらからどうぞ
U-NEXTアプリ
Android版はこちらからどうぞ
Google Play で手に入れよう

 もしU-NEXTのアプリが出てこない場合は、あなたのスマホまたはタブレットが動作対象外の可能性があります。アプリの動作環境は以下の通りです。

  iOS Android
機器 iPhone/iPad/
iPod touch
Androidスマホ
Androidタブレット
バージョン iOS9.0以上 Android4.2以上

 インストールが完了しましたら早速起動してみましょう。

※初回起動時は簡単なセットアップを行います。

 

U-NEXT専用アプリで映画やドラマを見る方法

 U-NEXT専用アプリを起動しますと、U-NEXTの最新情報やおすすめ動画作品が画面いっぱいに表示されます。

 もしその中に見たい作品がありましたら、その作品をタップしてください。作品の詳細情報が表示されますので、見どころやストーリーを確認できます。

 その作品を見る場合は「再生」をタップすると始まります。初めて操作する方でも全く問題なくできますね。


どこまでもスクロールしても底なしです。気になった作品をタップしましょう。

作品の詳細情報を見ています。
「再生」をタップすると始まります。

 動画を見るためにはU-NEXT専用アプリでU-NEXTにログインする必要があります。

 

U-NEXT専用アプリで映画やドラマを検索する方法

 作品の題名、もしくはその一部、俳優の名前でも良いのですが、分かっている場合は、そのキーワードで検索することができます。検索機能はU-NEXTにログインしなくても利用可能です。

 キーワードで検索してヒットした場合は一覧で表示されるのですが、そこからさらに、全ての作品、見放題作品のみ、ポイント(有料作品)のみと表示を切り替えたり、おすすめ順、新しい作品順、古い作品順、新規入荷順、50音順(あ~わ)、50音順(わ~あ)と並び替えることができます。


画面右上の虫眼鏡ボタンを押すとキーワードを入力できます。キーワードを入力すると対象の作品が一覧で表示されます

前の画面の下の方の「すべて(5件)」の部分を押すと一覧の上の方に切り替えボタンが表示されます

「おすすめ順」の部分を押すと並び順を変更できます

 お目当ての作品が見つかりましたら、その作品をタップすることでその作品の詳細情報が見れます。


海外ドラマなどはシーズン物が多いですね

シーズン物の場合は、その作品の詳細情報内の「エピソードを選択」をタップします。

シーズン内の全話が一覧表示されますのでタップすることでお好きなエピソードを見ることができます

 U-NEXTにどんな作品があるか興味のある方は、U-NEXTに登録する前に作品を検索しまくることをおすすめします。こんな作品が見放題で見れる!という出会いがあるかもしれませんよ。

 キーワード検索以外にも、洋画や邦画、アニメなど作品の種類や、アクションやSF、ホラーなど作品のジャンル別に表示して見たい映画を探すという方法もできます。


画面右上の虫眼鏡ボタンを押して作品の種類をタップしますと、ジャンル一覧が表示されます

お好みのジャンルをタップするとそのジャンルの作品一覧が表示されます

 U-NEXTには「マイリスト」機能があります。作品の詳細情報内の最初のほうに「マイリスト」と表示されている部分がありまして、そこをタップすることでマイリストに登録されます。U-NEXTのメニュー内に「マイリスト」という項目がありまして、いつでも確認することができます。

 気になった作品が見つかったらマイリストにジャンジャン登録してしまいましょう。

U-NEXT専用アプリで映画やドラマをダウンロードする方法

 スマホなどで映画を見る場合は配信される動画の容量が多いので、Wifiでの利用がおすすめです。データ通信の場合は、すぐにデータ定額サービスのデータ量の上限いっぱいになってしまう可能性があります。

 とはいいましてもどこにでもWifiがあるわけではなく、結構スマホで動画を見るのは大変ですよね。

 そんなときに便利なのがダウンロード機能です。

 自宅にWifiがある場合は、外出する前に見たい作品をダウンロードしておきますと、いつでもどこでもネットを使用することなく作品を見ることができます。

 ダウンロードの方法はとても簡単です。

 「U-NEXT専用アプリで映画やドラマを見る方法」で作品の詳細情報の見方を説明しましたが、その詳細情報の中に「ダウンロード」という部分があります。ここをタップすることで作品をダウンロードすることが可能です。


作品の詳細情報を開いて、下の方にスクロールしますと「ダウンロード」と表示された部分がありますのでタップします

作品によってはダウンロードできないものもあります

 ダウンロード容量は、作品によりますが、2時間の映画で1~2GB程度のようです。

 但し、全ての作品がダウンロード可能というわけではありません。ご注意ください。また、ダウンロード機能はU-NEXT専用アプリのみ利用可能です。パソコン(PC)や大画面テレビではダウンロードすることはできません。

 また、メニュー内の「設定・サポート」から「画質設定」を選択しますと、ダウンロードする作品の画質を設定することができます。標準と高画質の2つの中から選べます。


「設定・サポート」をタップして表示されたメニューから「画質設定」をタップします

「ダウンロード」をタップしますと「標準」と「高画質」から選べます

 

分割視聴機能で別の機器でつづきを見ることが簡単

 U-NEXTは、作品を見ている機器が変わっても、つづきから簡単に見ることができるようになっています。

 U-NEXT専用アプリでは、ホーム画面に「つづきを再生」という項目がありまして、そこに途中まで見ていた作品が並んでいます。

 その作品をタップすることで、つづきから見ることができるわけです。

■ 本記事の目次に戻る ■

 

U-NEXTを大画面テレビで使用する場合の使い方

 大画面テレビでU-NEXTの作品を見る方法は、大きく3つあります。

  1. テレビ内蔵のU-NEXT視聴機能で見る方法
  2. Chromecastやfire TV stickなどを利用して動画を見る方法
  3. セットトップボックスを使用する方法

 以下でテレビ内蔵のU-NEXT視聴機能で見る方法について説明します。

テレビ内蔵のU-NEXT視聴機能で見る方法

 最近の液晶テレビには様々なアプリが内蔵されていまして、日本のメーカーでしたらほとんどのテレビにU-NEXTのアプリも含まれています。

 あらかじめパソコンやスマホでU-NEXTへの登録を済ませてしまえば、あとは大画面テレビでU-NEXTのアプリを起動すれば動画を楽しむことができます。(SONYのBRAVIAは機種によっては事前にSony Entertainment Network(SEN)にテレビを登録する必要があります)

 私のテレビはSONYのBRAVIAですが、SENへの機器登録がちょっとだけ面倒でしたが、U-NEXTアプリの操作は説明書などは見なくても特に問題なくできました。

 あえて難点を挙げますと、機種によりますが、リモコン操作の反応が若干遅いという点と動画がたまにカクカクする点ですね。動画がたまにカクカクするのは、テレビのせいなのかネットワークが混んでいるせいなのか、どこに原因があるかわかりません。

 もうひとつありました。ブラビアのU-NEXTアプリでは「つづきを再生」機能が見当たらなかったんですよね。つづきから見る機能は結構便利に使っていますのでちょっと残念でした。

 でも、テレビの機能だけで手軽に動画を見ることができるのは便利だと思います。

Chromecastやfire TV stickなどを利用して動画を見る方法

 U-NEXTはChromecastやfire TV stickに対応してますので、スマホやタブレットのU-NEXT専用アプリで見ている動画をChromecastやfire TV stickで表示させることが可能です。


Fire TV Stick (New モデル)

 Chromecastやfire TV stickは、スマホやタブレットなどのAndroid端末の画面をミラーリングすることもできますので、スマホやタブレットの画面を大画面テレビに映してみんなでワイワイ楽しめて便利ですよね。持っていて損はないと思います。


Chromecast コーラル

 Chromecastやfire TV stickを使用してU-NEXTを大画面テレビで見る場合、操作はスマホやタブレット側で行いますので、テレビのリモコン操作の反応は気にする必要はありません

 もちろん「つづきを再生」機能も使えます。

 おすすめです。

セットトップボックスを使用する方法

 U-NEXTが販売しています「U-NEXT TV」という専用機器があります。価格は9800円(税別)。

 U-NEXTを大画面テレビで利用するということだけで見れば、専用機器ですので快適かもしれません。でも、U-NEXT以外では、Youtubeが見れたりMiracastが使えたりする程度です。

 それを考えますとChromecastやFire TVのほうがコスパ的にはかなり良いと思います。

 私的には「U-NEXT TV」はおすすめしません。

■ 本記事の目次に戻る ■

 

U-NEXTをゲーム機で使用する場合の使い方

 U-NEXTが利用可能なゲーム機は以下の機種になります。

  • PlayStation4(PS4) (Proも可能です)
  • PlayStation Vita
  • PlayStation Vita TV

 私が持っているのはPS3ですので、残念ながらU-NEXTは見れませんでした。

 私はDVDやブルーレイで映画を見るときはPS3で見ています。ブルーレイレコーダーは持っているのですが、画質や音響的にはやっぱりPS3が上だと思います。ですので、もしPS3でU-NEXTが見れていたら、間違いなくPS3で見ていたと思います。

 PS4でのU-NEXT機能については、ネットで色々調べてみたのですが、画面構成的にはAndroid版U-NEXTに似ているようですね。とても分かりやすい画面だと思いました。画質や音響に関しては文句なしですね。

 もし次のPlayStation5が出て、U-NEXTがサポートするなら即買いするかもしれません。

 PS4をお持ちの方はおすすめだと思います。

■ 本記事の目次に戻る ■

 

U-NEXTをパソコンで使用する場合の使い方

 パソコンはWindowsとMacのどちらでも見ることができます。但し、バージョンや使用するブラウザやアプリに制約があります。

 推奨環境は以下の通りです。

Windows
バージョン Windows7SP1以上、8以上、10
ブラウザ Google Chrome 12以降
Internet Explorer 10.0以上
Edge
Firefox 12以降
プラグイン Microsoft Silverlight 5.0.61118.0以上
パソコン本体 x86またはx64 1.6GHz以上の
プロセッサおよび
512MB以上のRAM
ブラウザ設定 JavaScript Cookieが有効
Mac
バージョン Mac OS 10.5.7以上
(インテルベース)
ブラウザ Safari 4以降
Firefox 12以降
プラグイン Microsoft Silverlight 5.0.61118.0以上
パソコン本体 Intel Core Duo 1.83GHz以上の
プロセッサ及び
512MB以上のRAM
ブラウザ設定 JavaScript Cookieが有効

パソコンで映画やドラマを見る方法

 最近のパソコンは、画像や動画の表示能力はもちろんのことネットワークも高性能で、U-NEXTの作品を見るための機器としては十分すぎです。

 大画面テレビと比べますと画面の大きさが違いすぎますので、映画は大画面で見ないと気が済まないという方にとりましては物足りないとは思います。

 でも、自分の部屋に大画面テレビが無くて、リビングにあるテレビは取り合いになってしまうという方は、ぜひパソコンで見ましょう。

 戦争映画やアクションものなど迫力のある映画の場合は、画面が小さいとちょっと辛いかもしれませんが、ドラマやアニメでしたら問題ないと思いますよ。

 パソコンで動画を見る場合は基本的にブラウザを使用します。動画や音声は「Microsoft Silverlight」というMicrosoft社が開発したプラグインを使用して再生します。動画に特化して作られたプラグインだけありましてとてもきれいな画像を提供してくれます。

 U-NEXTの公式サイトの画面構成はとても見やすく操作もし易いです。スマホのU-NEXT専用アプリと同じような構成です。

 画面いっぱいにU-NEXTの作品が並んでいます。

 上の画像は私が実際にログインしている画面になります。「つづきを再生」や「マイリスト」が表示されていまして、これがとても便利なんです。

 ここには表示させていませんが、その下には「あなたへのオススメ」というのもありまして、そこに並んでいる作品は、私の視聴履歴をもとにU-NEXTが選んでくれたものだそうです。思わぬ発見があったりして楽しいですよ。

 画面左にはメニューがありまして、U-NEXTの動画のジャンルが並んでいます。下の方には電子書籍用のメニューもあります。

 

パソコンで映画やドラマを検索する方法

 私はU-NEXTの作品は大画面テレビで見るようにしています。特に映画は大好きですので、大画面でないと映画を見た気がしないのです。

 そんな私でも、一日に何度もU-NEXTの公式サイトをパソコンで利用しています。なにに利用しているかと言いますと、見たい作品を探すためです。

 スマホのアプリはとても操作しやすくて良いのですが、私的にはキーボードとマウスのほうが操作しやすいんですよね。

 パソコンで作品を探して、スマホでマイリストを確認して、Chromecastで大画面テレビにキャストして見るというのが私の基本的なU-NEXTの使い方です。

 以下でお目当ての作品を探す方法をご紹介します。

 まずは、左側メニューの「洋画」を押してみます。洋画の紹介がいっぱい出てきました。

 この中から気に入りそうな映画を探しても良いのですが、ジャンル別に探してみたいので、上の画面の真ん中の3つのボタンの中の「全ての作品」ボタンを押してみます。

 画面上部に「サブジャンル」とか「見放題/ポイント」、「並び替え」などのメニューが出てきました。

 「サブジャンル」を押しますと、下のようにジャンルを選ぶためのメニューが出てきました。ここでジャンルを選ぶことで特定のジャンルの作品のみ表示させることができます。

 「見放題/ポイント」を押しますと、見放題の作品とポイント(有料)の作品を分けて表示できます。

 「並び替え」を押しますと、表示されている作品を指定した順に並び替えることができます。

 右上のボタン「一覧から探す」を押しますと、キーワードを指定して検索できます。

 見たい作品が見つかりましたら、そのままパソコンで見ても良いですし、あとで見るために「マイリストに追加」ボタン(画面下の方にある右側のボタン)を押してマイリストに登録するのも良いかと思います。

 

パソコンで映画やドラマをダウンロードする方法

 パソコン(PC)でU-NEXTを使用している場合は、作品をダウンロードすることができません。ダウンロードはスマホやタブレット用のU-NEXT専用アプリのみの機能です。

 といいますか、普通に使っているぶんにはパソコン(PC)にダウンロード機能は不要ですよね。

 

パソコンで電子書籍を見る方法

 U-NEXTの電子書籍を見る場合もブラウザを利用します。

 動画と同様にとても使いやすいと思います。

 左側のメニューの「コミック・書籍」をクリックしますと電子書籍の一覧が表示されます。

 ジャンルの一覧がありますので、お望みのジャンルをクリックしますと選択したジャンルの書籍が表示されます。

 お好きな書籍が見つかりましたら、その作品をクリックします。「読む」ボタンを押すことですぐに読むことができます。

 

パソコンで電子書籍を検索する方法

 電子書籍の場合も動画と同じように、検索する場合はパソコンを良く利用しています。購入する場合もほとんどパソコンで行っています。

 書籍の検索方法は、キーワードによる検索を良く使います。画面上部の検索ウインドウにキーワードを入力して検索するとヒットした書籍が一覧表示されます。「ワンピース」と検索してみました。

 週間ランキング情報も提供されています。

 採用基準はわかりませんが、U-NEXTがおすすめする作家や出版社、掲載誌の一覧もあります。

 気に入った書籍が見つかりましたら、念のため他の電子書籍サービス(kindleや紀伊国屋など)も検索して価格をチェックしてます。ほとんどの場合U-NEXTが一番安いですね。

※本ページの情報は2017年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。