映画 戦国自衛隊 もし自衛隊が戦国時代にいたら?あらすじや見どころを解説


 もし自衛隊が戦国時代にタイムスリップしてしまったら、果たして天下を取ることができるのでしょうか。そんな問いかけに対して、ひとつの答えを出してくれた映画があります。

 その名も「戦国自衛隊」。1979年に公開された映画です。「戦国自衛隊」は日本だけでなく海外でも公開されました。

 単純に考えて、戦国時代の兵力と自衛隊の兵力を比べた場合、明らかに自衛隊の方が優れているので、あっという間に天下を取るのでは?と思ってしまいますが、映画ではどのような答えを出してくれたのでしょうか。

 その答えはご自身で作品を見て確認していただくとして、本記事では映画「戦国自衛隊」の見どころやあらすじなどを解説しております。ネタバレ記事ではありません。

 

映画「戦国自衛隊」とは

 近代兵器を装備した21名の自衛隊員(陸自、海自)が、戦車やトラックなどの車両、ヘリコプターと共に戦国時代にタイムスリップしてしまって、いやおうなく時代の波に飲み込まれていく彼らの生きざまを描いた作品です。

 時間を飛び越えて着いた先は、上杉謙信がまだ長尾景虎と呼ばれていた時代でした。自衛隊と比べて戦力的には圧倒的に差があるといいましても、戦国時代の彼らは「プロ」の兵士たちです。自分の命を捨ててでも主君のために尽くすという考えで襲いかかってきます。

 また、自国のためなら簡単に寝返ったり、謀反を起こしたりと、同じ日本という国の中でも敵だらけの状態なのです。

 そんな時代に放り込まれた本当の戦争を知らない自衛隊員たちはどうなってしまうのでしょうか。

 

映画「戦国自衛隊」のあらすじ

 とある演習場に向かっていた伊庭義明(千葉真一)三等陸尉以下21名の自衛隊員たちは、突然戦国時代にタイムスリップしてしまう。着いた先で戦国時代の武将と意気投合する。その武将の名は長尾景虎(後の上杉謙信)(夏木勲)。

 それでもまだ自分たちがどうなったのかわけが分からないところに長尾景虎と敵対する軍勢から襲撃を受けてしまい、数名の自衛隊員が命を落とす。そこでやっと自分たちが置かれている状態を認識する。

 しかし戦国時代でどのように生きていくか決めかねている彼らに、歴史の自浄作用が徐々に動き始めていく・・・。

 

映画「戦国自衛隊」を見る方法

レンタルショップを利用

 レンタル対象作品ですので、お近くのレンタルショップでも借りられます。(店舗によっては取り扱いが無い場合があります)

動画配信サービスでお得に見る方法

 待たずに好きな時に見れる動画配信サービス(ビデオオンデマンド:VOD)はとても便利ですね。延滞の心配もいりません。

 「戦国自衛隊」を見ることができる動画配信サービスはdTVやAmazonプライムビデオなど色々あります(※)が、私はHuluをおすすめします。

(※)2018年5月時点の情報です

Huluがおすすめな理由

 Huluは、日本の動画配信サービス運営会社の中で、会員数トップ3のひとつに名を連ねています大人気の会社です。

 私が特にHuluをおすすめする理由は以下のとおりです。

・日本テレビの子会社なので同テレビ局の番組に強みがある(特にドラマ)
・大元は海外発の会社(米国Hulu)なので海外の作品に強い
・追加料金無しの完全定額制
・プロ野球のライブ配信(生放送)
・オリジナルコンテンツが豊富

Huluで「戦国自衛隊」を実質無料で見る方法

 Huluは完全定額制ですので、全作品を月額定額料金だけで見れます。追加料金は一切必要ありません。

 ですが、Huluは初回登録時2週間無料キャンペーンを行っていまして、この期間内は定額料金無しで見ることができます。

 無料期間中でも解約することができまして、この場合料金は一切発生しません。これを利用することで「戦国自衛隊」を無料で見ることができるのです。

 その他にもお得な情報満載です。詳しくはHulu公式サイトでご確認ください。

 作品の検索はHulu公式サイトの上部にあります虫眼鏡マークをクリックして行って下さい。

 

映画「戦国自衛隊」のキャスト/スタッフ

キャスト

千葉真一 ・・・ 伊庭義明(陸自:三等陸尉)役 

夏木勲 ・・・ 長尾平三景虎(後の上杉謙信)役

にしきのあきら ・・・ 菊池弘次(陸自:一等陸尉)役

角野卓造 ・・・ 須賀利重(海自:一等海士)役

真田広之 ・・・ 武田勝頼 役

スタッフ

監督 ・・・ 斎藤光正

原作 ・・・ 半村良 作品名:「戦国自衛隊」

脚本 ・・・ 鎌田敏夫

音楽 ・・・ 羽田健太郎

配給 ・・・ 東宝

公開 ・・・ 1979年12月

 

Huluで配信している「戦国自衛隊」の関連作品

 「戦国自衛隊」の関連作品として、続編的な映画「戦国自衛隊1549」制作されてます。

戦国自衛隊1549

 前作では映画製作に自衛隊の協力は得られなかったのですが、本作では全面協力を得ることができたため、延べ150台以上の実際の車両を使用しているそうです。また、前作の頃には存在しなかったCG技術も駆使されています。

主演 江口洋介

2005年6月公開

 詳しくはHulu公式サイトでご確認ください。

 

おわりに

 今回「戦国自衛隊」の記事を書く際の調査で知ったのですが、当時は自衛隊の協力は得られていなかったんですね。作品に出てきた戦車とか武装ヘリっぽいものは、全て制作サイドの自作だったそうです。自衛隊からお借りしたんだろうなと勝手に思っていました。

 それを踏まえてもう一回見直してみようと思います。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

※本ページの情報は2018年5月1日時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です