Dockerクライアントに関するもう少し詳しい説明

Docker
Docker公式ロゴ1b
©2020 Docker Inc. All rights reserved

 Docker環境には、全体を制御する管理機能的役割を果たすDockerデーモンが存在してます。

 そのデーモンに命令するために利用するのがDockerクライアントである「docker」モジュールです。

 「docker」で全てのことを命令可能です。

 本ページでは、Dockerクライアントの基本的なことから、更にもう少し突っ込んだ内容について書いてます。

 Dockerを極めるためには、「docker」のコマンドを理解することが早道だと思いますので、本ページがその橋渡しになれば幸いです。

 

Dockerクライアントについての詳細説明

Dockerクライアントとは

 Dockerの操作を行うには、「docker」というモジュールを使用します。そのモジュールがDockerクライアントです。

 Dockerクライアントは、Linux版、Windows版、Mac版の3種類がリリースされてます。ここでは、Linux版のDockerクライアントについて書きます。

 このDockerクライアントでDockerに関する全てのことが可能といっても良いと思います。

 Dockerクライアントは、Dockerの心臓部であるDockerデーモンとのコミュニケーションを行う場合に使います。

 別記事「Dockerデーモンの説明」でも書きましたが、Dockerクライアントは、Dockerデーモンとの通信に、デフォルトではunixドメインソケットを使用します。セキュリティの考慮が必須ですが、TCP/IPを使用したリモードのDockerデーモンとの通信ももちろん可能です。

 dockerクライアントは、コマンドとオプションを付けて使い分けます。

 フォーマットは以下の通りです。

docker <コマンド> <オプション> <オプション> ・・・

 コマンド部分に、起動するとか、停止するとか、削除する、などのコマンドを付けて実行する感じです。

例えば、Dockerコンテナ「MyApp01」を起動する場合は、

$ docker run -d MyApp01

という感じで実行します。実際はもっとオプションが付くことが多いです。

 

 それでは、dockerクライアントのコマンドを実例とともに紹介していきたいと思います。

 

 

Dockerクライアントのコマンド

Dockerクライアントのコマンドを「よく使うコマンド」と「おすすめコマンド」と「知ってると得するコマンド」とに分けて紹介します。(私の主観です!)

以下は本ページで紹介しているdockerクライアントのコマンド一覧です。

各コマンドの紹介ページは別ページになります。各コマンドのリンクをクリックしていただくと、紹介ページに飛びます。

 

 

※カテゴリ内の「よく使う」が「よく使うコマンド」で、「おすすめ」が「おすすめなコマンド」で、「知って得」が「知ってると得するコマンド」を表してます。

 

docker-composeというツールについて

 Dockerには、Dockerクライアント以外に、docker-composeというツールが用意されてます。

 Dockerを始めたころは、何か1つのサービス、例えばWebサーバなどのDockerコンテナを作って、Dockerを学ぶのではないかと思います。

 しかし実際のシステムでは、Webサーバ単体構成のサービスは少なく、バックにデータベースや認証システム、フロントにリバースプロキシと、複数サービスを結合してシステムを構築すると思います。

 Dockerに慣れてくると、このような複数サービスを結合して1つのサービスを作りたくなってくる方もいらっしゃると思います。

 私はそうでした。

 最初はdocker-composeの存在すら知らず、dockerクライアントを駆使して、いろんなサービスを結合して検証しまくってました。

 そのうちdocker-composeの存在を知り、今では無くてはならないものとなってしまいました。

 でも、dockerクライアントだけでいろんなことをやりまくってたことがあったからこそ、docker-composeの便利さが良く分かるということもあると思います。

 また、docker-composeを良く使うようになっても、当然dockerクライアントも普通に使います。

 という訳で、dockerクライアントに慣れるまでは、docker-composeは我慢(?)することをおすすめします。

 

今回は、Dockerクライアントについて書かせていただきました。

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました