いよいよ今年最後のグランドスラム、全米オープンテニスの季節がやってきました。2017年8月28日から熱戦の火ぶたがきられます。

 先月のウィンブルドン2017男子では、前評判通りにフェデラーが圧巻のプレーで優勝を勝ち取りました。優勝候補の筆頭の重圧の中、実際に優勝してしまうフェデラーの強さは本物ですね。それに、全試合ストレート勝ちというものすごいおまけつきでした。

 ウィンブルドン2017女子は、ガルビネ・ムグルッサが芝の女王ビーナス・ウィリアムズを圧倒しました。最後まで攻め続けたムグルッサは本当に強かったです。

 ちょっと寂しいテニスが続いている我らが錦織圭ですが、ウィンブルドンのベスト16の壁はまたしても敗れませんでした。今回は得意なハードコートで期待していたのですが、残念ながら右手首の負傷のため欠場することになりました。

 WOWOWは、全米オープンテニス2017の初日のみ無料放送します。

ウィンブルドン2017を途中棄権したジョコビッチが全米オープン2017を欠場

 ノバク・ジョコビッチは、自分のFacebook上で、今年の残り試合を欠場する声明を発表しました。原因はここ数年悩まされているひじ痛だそうです。

 ということで、2017年の全米オープンテニスはジョコビッチ不在で行われます。ジョコビッチは2005年に初出場してから12年連続で全米オープンテニスに出場し続けてましたが、今年で途絶えてしまいました。

 ひじの方は特に手術を行うなどの予定はないようです。来年のツアーからは完全復帰するつもりのようですので、全豪オープンテニス2018には万全の身体で戻ってきてくれるでしょう。

 ジョコビッチにしても、フェデラーにしても、ナダルにしても、身体がボロボロになるまで戦い続けるのではなくて、少しでも長くテニスをやり続けるための選択を行っています。本当にテニスが好きなんでしょうね。

 ジョコビッチは私の大好きな選手のひとりですので、ゆっくり休養を取っていただいて、来年超アグレッシブなテニスが見れることを楽しみに待ちたいと思います。

 また同じくトップ10常連のワウリンカも膝の負傷で今シーズン全試合を欠場することになったそうです。うーん寂しいですね。

 

錦織圭の全米オープンへの決意むなしく・・・

 2014年の全米オープン、錦織は決勝の舞台に立っていました。決勝に行くまでに彼は、ラオニッチ、ワウリンカ、ジョコビッチというとんでもない強敵を倒していたのです。「もう勝てない相手はいない」と言い切ったのも2014年でした。

 最近、錦織に対するメンタル面でのバッシングが多くなった気がします。彼の強さは往年の名選手も認めているし、世界ランキングも1桁となれば、誰もが派手な活躍を期待してしまいます。その期待度があまりに大きいので、ちょっとした敗戦などでバッシングが多くなってしまうのは、有名人の宿命で仕方のないことかもしれません。

 そんな中、私が最近の錦織に対して思うのは、最初に書いた2014年の自分を忘れてしまっているんじゃないかということです。自分から勝利を取りに行く貪欲さがあまり感じられず、相手の調子次第で結果が決まっているような感じがします。あくまでも個人的な意見ですが。もしそうだとしたら、絶対に現状より上には行けるはずがないですよね。

 2017年の全米オープンテニスは錦織の好きなコートだと思いますので、万全の状態で、初心に戻って、貪欲に勝ちに行って欲しいです。

 と思っていたのですが、8月中旬に錦織圭の今シーズン全試合欠場というニュースが流れました。全米オープンテニス2017錦織圭は欠場します。サーブ練習中に右手首の痛みが再発したそうです。診断の結果、右手首の腱の裂傷ということでした。

 再起を期待してます!

 

男子は中堅選手の活躍に期待したい

 今年のグランドスラムの男子は、途中までは絶好調の中堅選手が勝ち上がっていくのですが、その好調さも結局はフェデラーやナダルなどの王者には通じずに終わってしまう、という大会が続いていると思います。

 技術的には大差がないのに、戦術でかき乱されてしまい、本来の力が出せなくなって負けてしまう感じなのでしょうか。一時は世代交代がささやかれていたのに、フェデラーやナダルの復活でどこかに吹っ飛んでしまいました。

 テニス好きとしましては、そのような状態が続いて欲しくありませんので、ぜひ中堅選手たちに大会を最後までかき乱して優勝を勝ち取って欲しいと思います。

 

女子は今回も大混戦必至

 女王セリーナの不在、勢いのある若手選手の登場、中堅選手の勢い復活など、前回のウィンブルドン2017に続きまして、今回の全米オープン2017も大混戦が必至と予想されます。

 最近の女子の大会を見ていますと、堅実に守ってチャンス時に一発!という選手より、常に振り切って振り切りまくって攻め続ける選手が活躍している感があります。

 全仏オープン2017のエレナ・オスタペンコやウィンブルドン2017のガルビネ・ムグルッサは、最後まで攻め続けて優勝を手にしました。

 全米オープン2017はハードコートでの試合となります。このコートでも振り切りまくる展開が有利なのかはわかりませんが、振り切りまくる選手vsチャンスを待って一発の選手の観点で試合を見るのも面白いかもしれません。

 私のイチオシは、チャンスを待って一発タイプのシモナ・ハレプです!今回の初戦の相手は、ワイルドカードで出場が決まったあのシャラポワに決まりました。シャラポワは今年初めてのグランドスラム出場ですが、なんといっても過去の実績がありますのであなどれません。頑張れハレプ!!

 

シード選手のトーナメント表や注目選手の紹介

 全米オープンテニス2017のドローが発表されました。

 全選手のトーナメント表は他サイトにお任せするとしまして、本サイトではシード選手のみ掲載します。

 シード選手は世界ランクも上位ですので、順当に勝ち上がればこのトーナメント表の組み合わせの試合になります。しかし、そのようなことはほぼありません。シード選手が途中で負けてしまうことは普通にあります。初戦敗退ということも珍しくありません。

  でもシード選手のトーナメント表は、シード選手が順調に勝ち上がった場合の注目試合や、セカンドウィーク以降のシード選手の残り具合のチェックなど、見ているとなかなか面白いと思います。

 例えば、順当に進むと、準決勝でフェデラーvsナダル、準々決勝でズベレフ弟vsチリッチ、もしズベレフ弟が勝てば準決勝でズベレフ弟vsマレーが見れる可能性があります。といったことがすぐわかります。

男子シード選手トーナメント表

 今回の注目選手は、最近急成長中で次世代のテニス界を背負っていくと期待されているアレクサンダー・ズベレフでしょうか。全米オープンテニス2017では、自己最高の第4シードを獲得しました。ジョコビッチやワウリンカが欠場しているとはいえ、これだけの選手の中で堂々の第4シードです。最初の関門は、チリッチが順当に勝ち上がったときの準々決勝でしょうか。チリッチに勝てれば、その勢いで決勝まで行きそうな気がします。ズベレフはマレーには負けない気がします。

 トーナメント表の左の島にはフェデラーやナダルがいますので、順当にいけばどちらかが決勝に上がってくるでしょう。でも私の希望としましては、そろそろティームが爆発して、決勝でティームvsズベレフの対戦になれば最高だなあと思います。

 やばい、ドキドキワクワクしてきました!

 

女子シード選手トーナメント表

 ここしばらく女子テニス界は大混戦が続いていると思います。全米オープンテニス2017も同様です。正直私には誰がどうなってどうなるという予想はできません。

 でも、トーナメント表の左の島を眺めていますと、やはり勢いのあるオスタペンコに目が行ってしまいます。ウィンブルドン2017では、ヴィーナスウィリアムズに負けてかなり悔しい思いをしたと思いますので、今大会はまた全仏オープン2017のように爆発しそうな感じがするのです。ですので、トーナメント表の左の島ではオスタペンコがほんの少しだけ頭が出ている気がします。

 トーナメント表の右の島は悲願のシモナ・ハレプ!といいたいとこですが、厳しい試合が続きそうです。私の表には載っていませんが、まず初戦であのシャラポワと対戦します。久しぶりのグランドスラムとはいっても超怖いです。そのあとも強敵が待ち構えていますので、油断できません。

 ハレプはスタミナには定評がありますのでなんとか決勝まで勝ち上がって欲しいですね。そしてもしオスタペンコが決勝にきたら、全仏オープンテニス2017の借りを返して悲願のグランドスラム優勝を勝ち取ってください!そして女王の座に!

 

放送日程

全米オープンテニス 第1日 [無料放送]

 2017年8月28日(月)

全米オープンテニス 第2日 ~ 最終日

 2017年8月29日(火)~9月11日(月)

 

WOWOWの全米オープンテニス2017は初日無料!第2日以降は加入が必要です

 全米オープンテニス2017はWOWOWメンバーズオンデマンドでも配信されます。ライブ映像や見逃し配信などが視聴できます。

 WOWOWを見るための準備や視聴方法は、別記事「WOWOWを見る方法」でご確認いただければと思います。

 

 公式サイトでWOWOWの料金体系など詳細を確認したり、ご加入される場合は下のボタンからどうぞ。

※移動先のページに、ご加入に関するWOWOW公式の説明とご加入申込ページに移動するためのボタンがあります。

 

 ちょっとお得な情報など、ご加入方法について確認したい場合は、本サイトの記事「WOWOWへの加入・契約について」をご覧いただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。