「猟奇的な彼女」は2001年に韓国で公開されまして、当時は観客動員数が韓国歴代4位という大ヒットした映画です。

 日本では2003年に公開されました。最初は知名度が低かったのですが、口コミなどでうわさが広まりまして、2004年末ごろまでレンタルビデオランキングの上位にいたそうです。

 私が「猟奇的な彼女」を初めてみたのはDVDでした。といいますか、私が初めてみた韓国映画が「猟奇的な彼女」だったのです。最初はそれほど期待していなかったのですが、お恥ずかしながら大号泣してしまいました。

 この作品がきっかけとなりまして、韓国映画にハマりだしたという、とても思い出深い映画なのです。

 今回、続編の「もっと猟奇的な彼女」もWOWOWで放送されるということで、とても楽しみです。

 

放送日時

猟奇的な彼女

 平成29年11月7日(火) 午後4:00 <字幕版><WOWOWシネマ>

もっと猟奇的な彼女

 平成29年11月4日(土) 午前9:45 <字幕版><WOWOWシネマ>

※「猟奇的な彼女」を先に見た方が良いので、「もっと猟奇的な彼女」は録画して、「猟奇的な彼女」の後で見ることをおすすめします。

「猟奇的な彼女」はドタバタコメディーなどではなく感動の純愛ストーリーです!

 「猟奇的な彼女」のあらすじをご紹介します。

 主人公である大学生のキョヌは地下鉄のホームで「彼女」と運命的な出会いをします。

 「彼女」は自由奔放でわがままでやりたい放題にふるまい、思いやりのある優しい心の持ち主のキョヌを振り回します。

 最初、キョヌはそんな「彼女」に嫌気がさしていたのですが、自分とは真逆の性格である「彼女」に次第に惹かれていきます。

 一方、「彼女」はキョヌのそんな気持ちを知ってか知らずでか、まるで自分の子分であるかのような扱いをしまくります。

 しかし「彼女」のそのような行動にはある深い意味があったのでした・・・。


 「猟奇的な彼女」の原作は、ネット小説だそうです。最初は短編で終わる予定だったのですが、反響が大きかったため予定より長く連載することになり、書籍も出版されたようです。その本も10万部を超えるベストセラーになりました。その結果として映画化です。

 ネット情報では、原作と映画ではエンディングが異なっているそうです。

 映画が素晴らしいことは実際に見て知っていますので、今度原作を読んでみようと思います。

 ちなみにあらすじ内で「彼女」と記載していますのは、主人公の女性の名前はストーリー内には存在しないためです。

 

「もっと猟奇的な彼女」が制作されていたことをWOWOWで知りました

 名作「猟奇的な彼女」の続編「もっと猟奇的な彼女」は、2016年4月に日本で公開されました。

 実は、WOWOWのプログラムガイド中の特集記事で「猟奇的な彼女」に目がとまり、その記事中で「もっと猟奇的な彼女」のことを知ったのです。

 WOWOWが一挙放送をやってくれなかったら「もっと猟奇的な彼女」には出会えていなかったと思います。

 「猟奇的な彼女」は久しぶりでとても楽しみなのですが、「もっと猟奇的な彼女」も連続して見れることもすごく楽しみです。

 こういった映画との出会いの場を提供してくれるのもWOWOWの素晴らしいところのひとつですね。

 

名作「猟奇的な彼女」とその続編を見るにはWOWOWへの加入が必要です

 WOWOWを見るための準備や視聴方法は、本サイトの記事「WOWOWを見る方法」でご確認いただければと思います。

 

 公式サイトでWOWOWの料金体系など詳細を確認したり、ご加入される場合は下のボタンからどうぞ。

※移動先のページに、ご加入に関するWOWOW公式の説明とご加入申込ページに移動するためのボタンがあります。

 

 ちょっとお得な情報など、ご加入方法について確認したい場合は、本サイトの記事「WOWOWへの加入・契約について」をご覧いただければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。