2017年7月3日からウィンブルドン2017が始まりました!

 2週間に渡って熱戦が繰り広げられます。

 見どころ満載の全英オープンテニスの情報をできるだけ早くお伝えしていきます。

 試合の情報はもちろんWOWOWの生中継でゲットします。

 WOWOWは全期間生中継を行っています。また試合を見逃してもメンバーズオンデマンドで見ることができますよ。

ウィンブルドン2017の見どころ

男子選手について

 今回の一番の注目はなんといってもフェデラーでしょう。

 今年の全仏オープンを欠場してまで調整した身体で、今回のウィンブルドンに出場します。

 フェデラーは芝コートが大好きですので、華麗で超人的なプレーを見せてくれることでしょう。また、今年の全仏オープンで圧倒的な強さで優勝したナダルが、芝コートで全仏オープン同様のプレーを見せてくれるのかも楽しみです。

 同じく全仏オープンで、ジョコビッチやマレーを倒したティームやワウリンカが、上位陣にどこまで切り込めるかも見落とせないポイントだと思います。

 我らが錦織圭は、直前のATPツアー大会のゲリー・ウェバー・オープンで、怪我のため途中棄権してしまったのですが、ウィンブルドンの出場には問題なさそうです。

 錦織は、ウィンブルドンではベスト16が自己最高と結果が出ていないだけに、万全の身体で出場したかったことでしょう。

 男子のシード選手(※)のみのトーナメント表を作ってみました。表をクリックしますと別タブに拡大表示します。

※シード選手とは、トーナメント方式の大会で有力選手同士が序盤で対戦しないように、組み合わせを調整して分散させられる対象の選手のことを指します。世界ランキングや過去の成績などを考慮して、大会主催者が決定します

 シード選手は世界ランクも上位ですので、順当に勝ち上がればこのトーナメント表の組み合わせの試合になります。

 しかし、そのようなことはほぼありません。シード選手が途中で負けてしまうことは普通にあります。初戦敗退ということも珍しくありません。

 でもシード選手のトーナメント表は、シード選手が順調に勝ち上がった場合の注目試合や、セカンドウィーク以降のシード選手の残り具合のチェックなど、見ているとなかなか面白いと思います。

 例えば、順当に進むと、準決勝でフェデラーvsジョコビッチ、決勝でナダルvsフェデラーが見れる可能性があります。また、錦織圭が準決勝に進むためには、チリッチ相当の選手に勝つ必要があります。

 といったことが直ぐわかりますよね。

 興味のある方はご利用ください。

 

女子選手について

 出産準備で欠場のセリーナ、出場停止処分が明けたのに怪我で欠場のシャラポア、と有力選手が不在のウィンブルドン2017となります。

 多方面の有識者が述べているように、誰が優勝してもおかしくないのが現状だと思います。

 私の注目選手は、今年の全仏オープンで準優勝のシモナ・ハレプです。

 まだ4大大会で優勝経験が無いのが不思議なくらい素晴らしい選手だと思います。

 ハレプは、全仏オープンではノーシードから勝ち上がってきたエレナ・オスタペンコに負けてしまいました。失うものが何もない挑戦者精神のパワーは圧巻でした。

 しかし、今回は同じようにはいかないと思いますので、シモナ・ハレプに悲願の初優勝を決めてもらいたいと思います。

 日本人選手は、土居美咲、大坂なおみ、奈良くるみ、日比野菜緒、尾崎里紗が出場します。

 注目は土居美咲です!

 初戦は世界ランク80位台のキルステン・フリプケンスですので、勝ってくれるとおもうのですが、その次の相手がたぶんアンジェリック・ケルバーになると思われるのです。去年の全豪オープンの因縁の相手ですね。

 過去5戦で一度も勝てていない相手なのですが、もし対戦が決まったら全力で撃破してほしいです。

 女子のシード選手のみのトーナメント表を作ってみました。

 興味のある方はご利用ください。

 この表によりますと、全仏オープン決勝の対戦であるハレプvsオスタペンコが、準決勝で実現する可能性があるようです。ハレプには、順当に勝ち進んでもらって、オスタペンコを倒して決勝に進んで欲しいものです。

 

初日の見どころ

 錦織圭が、WOWOW生放送の初日から登場します。

 初戦の相手は、マルコ・チェッキナートです。イタリアの選手で世界ランクは105位(2017.6.26現在)です。

 特に爆発力があるとは思えない選手のようですので、普段通りの力でストレート勝ちして、2回戦以降に力を温存させたいところではないでしょうか。

 女子では日比野菜緒、奈良くるみが登場します。

 日比野菜緒の相手はマディソン・キーズ。アメリカの選手で世界ランクは18位です。ドロー運が悪くシード選手との対戦になりました。

 苦戦を強いられるでしょうが底力を見せてほしいですね。

 奈良くるみの相手はフランソワーズ・アバンダ。カナダの選手で予選突破組です。

 ウィンブルドンの初戦で負け知らずの奈良くるみですので、今回もいつものテニスをすればきっと勝てると思います。

 選手の皆さん、最善を尽くしてください!

 

 初日は無料放送ですので、BS放送を見る環境をお持ちの方はどなたでも見ることができます。

 2日目以降のウィンブルドン2017を見るためにはWOWOWへの加入が必要です。

 WOWOWを見るための準備や視聴方法は、別記事「WOWOWを見る方法」でご確認いただければと思います。

 公式サイトでWOWOWの料金体系など詳細を確認したり、ご加入される場合は下のボタンからどうぞ。

※移動先のページに、ご加入に関するWOWOW公式の説明とご加入申込ページに移動するためのボタンがあります。

 ちょっとお得な情報など、ご加入方法について確認したい場合は、本サイトの記事「WOWOWへの加入・契約について」をご覧いただければと思います。

 

初日の主な結果

男子シングルス

錦織圭快勝!怪我の不安さは感じさせない試合でした

 

錦織圭 vs マルコ・チェッキナート

  1 2 3 4 5 Set
錦織圭 6 6 6     3
チェッキナート 2 2 0     0

 第1セットいきなり2ブレークを含む4ゲーム連取で始まりました。その後錦織は、今後に向けてなのかは分かりませんが、色々な技を試すかのような試合運びになった感じでした。何度かブレークされそうなゲームがあったのですが、余裕で挽回して難なく第1セットを取りました。

 続く第2セットも同じような試合運びで難なくゲット。ひとつ気になったのは、相手のロブの対応です。グランドスマッシュで決めていたのですが、ほぼ全て相手選手のいる方向に打っていたのです。偶然なのか、相手に読まれていたのか、わざとなのか、はわかりませんが、世界ランク上位の選手だったら絶対やらないのではないかと思ってしまいました。

 第3セットは錦織が全力で、というよりはチェッキナートの方が戦意喪失していたのだと思います。

 今回の試合は、世界ランク格下、ウィンブルドン初出場で過去も芝の経験が少ない相手でしたので、錦織圭の相手にはなりませんでした。試合時間も1時間12分と短く、多彩なショットも試せてまして、怪我回復中の錦織にとっては最高の相手だったのではないでしょうか。

 2回戦の相手は、セルゲイ・スタコウスキーに決まりました。世界ランクは100位以内に入っていない選手ですが、過去にあのフェデラーを倒した選手でもあります。スタコウスキー相手に錦織圭がどんな試合を見せてくれるか楽しみです。スタコウスキーはベテラン選手ですので、錦織の怪我を悪化させるようなプレーをしてこなければよいのですが。

 

初日から大波乱!ワウリンカ敗退

 

スタン・ワウリンカ vs ダニール・メドベデフ

  1 2 3 4 5 Set
ワウリンカ 4 6 4   1
メドベデフ 6 3 6   3

 今年の全仏オープンで準優勝のワウリンカが初戦で消えてしまいました。

 生涯グランドスラムがかかっていた本大会だったのですが、残念です。膝の怪我を抱えていたそうなのですが、先月の芝コートの他試合でも1回戦で敗退していたのです。

 生涯グランドスラムは来年に持ち越しとしまして、早く怪我を直して、次の全米オープンでワウリンカらしい破壊力のあるプレーを見せてほしいですね!

 ちなみに、第21シードのイボ・カルロビッチも初戦敗退となっています。

 

女子シングルス

大坂なおみ好発進!初出場のウィンブルドン本戦で初勝利です!

 

大坂なおみ vs サラ・ソリベス トルモ

  1 2 3 Set
大坂 6 7   2
ソリベス トルモ 3 6   0

 第1セットは危なげない内容でした。続く第2セットは、セットカウント5-5までお互いにサービスキープで進む緊迫した内容になりました。

 流れが変わったのは第11ゲーム目でした。ソリベス トルモの立て続けのミスで大坂なおみがブレークして6-5なりました。このまま勝利かと思ったのですが、次の第12ゲーム目がもつれまくりまして、7回のデュースの末、大坂なおみがサービスゲームを落としてしまいました。途中3回のマッチポイントもあったのですが、大事なとこでミスが出てしまいました。

 第2セット目はタイブレークになったのですが、大坂なおみが本来の力を発揮し7-3で取りましてウィンブルドン本戦初勝利を決めました。

 

次期女王候補シモナ・ハレプも2回戦進出!

 

シモナ・ハレプ vs マリナ・エラコビッチ

  1 2 3 Set
ハレプ 6 6   2
エラコビッチ 4 1   0

 次期女王候補と私が勝手に決めているシモナ・ハレプですが、初戦は特に危なげなく順当に勝ち上がりました。2回戦の相手はベアトリス・ハダド マイアです。世界ランクは97位で特に目立った戦績は見当たらない選手ですので、問題なく勝ってくれると思います。

 

2日目の主な結果

男子シングルス

杉田祐一、悲願の4大大会初勝利!

 

杉田祐一(日本) vs ブライダン・クライン(イギリス)

  1 2 3 4 5 Set
杉田 77 6 6     3
クライン 65 3 0     0

 第1セットはお互いにサービスゲームをキープしたままタイブレークにもつれ込みました。タイブレークで杉田は、2ポイント目から5ポイント連取したのですが、その後クラインに4ポイント連取され5-5とされます。しかし、そこから2ポイント連取してなんとかセットを取りました。

 第2セット以降は、ブライダン・クラインが右膝の痛みで動きが鈍ってしまったため、勢いに乗っている杉田の相手ではありませんでした。

 この試合で杉田は4大大会で初勝利を上げました。前哨戦のATPツアーであるアンタルヤ・オープンでの優勝に続いておめでた続きですね!

 そんな中、次の2回戦の相手が決まりました。なんとアンタルヤ・オープンの決勝で杉田が倒したアドリアン・マナリノです。絶対見逃せない試合ですね!

 

女子シングルス

土居美咲は初戦敗退。芝コート慣れした相手に実力を出し切れず。

 

土居美咲(日本) vs キルステン・フリプケンス(ベルギー)

  1 2 3 Set
土居  
フリプケンス  

 第1セット、土居はいきなりブレークを許してしまいました。中盤以降は持ち直したのですが時すでに遅しという感じでセットを落としてしまいました。

 第2セット、土居は最初のサービスゲームを取ったものの、そこからフリプケンスに5ゲーム連取されて、1-5までいってしまったのですが、そこから3-5まで挽回しました。1ブレークダウンで迎えた9ゲーム目の土居のレシーブゲーム。何度かブレークチャンスはあったのですが活かせず落としてしまい、3-6でセットを落としゲームセット。

 テニスの実力は土居の方が上だと思ったのですが、フリプケンスはとても芝コート慣れしてまして、その差で負けてしまったように思います。

 土居は初日からかなり振り切れていた感じでしたのでとても残念です。

 

尾崎、ウィンブルドン本戦初出場で初勝利ならず

 

尾崎里紗(日本) vs デニサ・アレルトバ(チェコ共和国)

  1 2 3 Set
尾崎 65 6 3 1
アレルトバ 77 2 6 2

 第1セット、尾崎は緊張のせいか開始から3ゲーム連続で落としたのですが、徐々に調子を上げて6-6にしてタイブレークまで持ち込みました。タイブレークも一進一退の攻防が続いたのですが、惜しくも5-7で落としてしまいました。セットは落としましたが気持ちでは全然負けていない感じでした。

 第2セット、前半はサービスキープが続きます。5ゲーム目に尾崎が相手のミスもあってブレークして後、続く3ゲームを連取して見事にセットを取りました。

 第3セット、最初のゲームで尾崎はサービスゲームをラブゲームでブレークされます。でも6ゲーム目でブレークバックして3-3とします。しかしブレークバック直後のサービスゲームを落としてしまい、その後は1セットも取れず負けてしまいました。

 負けはしましたが、非常に惜しい試合だったと思います。今後の注目選手ですね!

 

3日目の主な結果

男子シングルス

錦織圭、芝コートが超得意なスタコウスキーに勝利!

 

錦織圭(日本:第9シード) vs セルゲイ・スタコウスキー(ウクライナ)

  1 2 3 4 5 Set
錦織 6 67 6 78   3
スタコウスキー 4 79 1 66   1

 第1セット、前半はサーブゲームのキープが続きました。最初にブレークしたのは錦織。しかし終盤で相手にブレークを許してしまいます。しかしすぐにブレークバック。そのままセットを取りました。スタコウスキーはサーブが武器なのですが、それをうまく封じていました。

 第2セットは見ごたえがありました。前半はキープ合戦、中盤はお互いに3ゲーム連取。もつれたままタイブレークに突入しました。タイブレーク前半はスタコウスキーのペースで進み、錦織は2-5まで追い詰められたのですが、その後立て直して、逆に6-5と錦織のセットポイント。ここでスタコウスキーが取り返し6-6とします。続くポイントはスタコウスキーのミスで7-6とし、再度錦織のマッチポイント。しかも錦織のサーブ。しかしこのポイント、スタコウスキーのリターンが浅くなったため錦織が前に出たのですが、不運にもコードボール(ネットの上端にボールが触れて相手のコートに入ること)でボールのコースが変わってしまいミスショット。次は錦織のサーブだったのですが痛恨のダブルフォルト。これが痛かった。続くスタコウスキーのサービスエースで錦織がセットを落としました。

 第3セット、第2セットでいやな終わり方をしたので、その影響があるかもと思ったのですが、そんな心配は全く不要でした。スタコウスキーは予選からの勝ち上がりで疲れが見え始め、錦織が6-1と簡単にセットを取ります。

 第4セットは全てサービスゲームのキープで進み、タイブレークとなりました。疲れが深刻化し始めたスタコウスキーが自分のサービスゲームだけは確実に取ってタイブレークに持ち込む作戦に出たと思われます。第2セットのタイブレークはスタコウスキーのペースだったのですが、今回は錦織ペース。簡単に錦織の3-0とします。そして錦織6-4のマッチポイント。しかしここからスタコウスキーが踏ん張り6-6になってしまいます。ここで今度はスタコウスキーが痛恨のダブルフォルト。次のマッチポイントを錦織が取ってゲームセット。

 スタコウスキーは4年前のウィンブルドンで芝コートを得意とするあのフェデラーに勝ったことがあります。それほど芝を得意とする選手だったのですが、錦織はなんとか競り勝ちました。気温も30度を超えるなか、とてもハードな試合に勝利した錦織。腰の怪我はもう大丈夫だと思われます。

 次の試合は第18シードのロベルト・バウティスタ アグート。過去4回の対戦がありますが、錦織の全勝です。今回も期待が持てますね!

 

女子シングルス

大坂なおみ、第22シードバルボラ・ストリコバに快勝!

 

大坂なおみ(日本) vs バルボラ・ストリコバ(チェコ:第22シード)

  1 2 3 Set
大坂 6 0 6 2
ストリコバ 1 6 4 1

 第1セット目は大坂が、第2セット目はストリコバが、双方一方的な展開となり1セットずつ取りました。

 第3セット、大坂なおみの最初のサービスゲーム。ストリコバに2ポイント連取されたのですが、そのあと決めた強烈な逆クロス。ここから徐々に大坂が調子を取り戻した気がします。その後はお互いにサービスゲームのキープが続きます。試合が動いたのはセットカウント3-3からの7ゲーム目でした。大阪なおみがアグレッシブに攻めてブレーク。あとはサービスゲームをキープして見事勝利です。

 一度失った調子を試合内で取り戻して、最後には勝利するという経験は、今後のテニスに大きく影響してくるのではないでしょうか。

 次の試合は、大坂自身も尊敬しているというビーナス・ウィリアムズ(アメリカ:第10シード)です。遠慮することなく勝ち抜いて欲しいですね!

 

4日目の主な結果

男子シングルス

杉田、前哨戦決勝で勝利した相手に返り討ちされる

 

杉田祐一(日本) vs アドリアン・マナリノ(フランス)

  1 2 3 4 5 Set
杉田 1 7 6 6 2 2
マナリノ 6 5 4 7 6 3

 第1セット、杉田は良い出だしだったのですが、3ゲーム以降はなぜか突然ショットが入らなくなり、マナリノの一方的なセットとなってしまいました。決めにいったショットが惜しくもミスという感じではなく、普通のつなぎのショットやなんでもないショットでなぜ?という感じのミスが多く、身体が思うように動かないという感じでした。

 第2セットに入っても杉田の不調は続きまして、杉田の0-3となってしまいます。しかし続く杉田のサービスゲームでなんとかキープに成功します。その次のサービスゲームも杉田はキープしまして、そのあたりから杉田らしいショットが決まるようになってきました。そして次のマナリノのゲームでブレークバックします。その後は調子を上げてきた杉田のペースで試合がすすみ、杉田がセットを取ります。

 第3セットは復調した杉田と焦りや審判に対する不満などから調子を落としたマナリノの差が出てしまい、杉田がセットを取ります。

 第4セットが杉田にとってこの試合の山場でした。審判に対して不満をぶつけたり、サーブの遅延行為で警告を受けたり、腰の痛みのしぐさをみせたり、色々な行動によって杉田のペースを崩そうとたくらむマナリノ。ペースを崩されまいと必死に正統派プレーをするが、足の痙攣により思うように動けなくなってきた杉田。2回戦を突破するために双方できることは何でもやる気迫が感じられたセットでした。お互いサービスゲームをキープのまま進みタイブレークに突入です。取れば勝利だったのですが、足が思うように動かせない杉田は精彩を欠いてしまい落としてしまいます。

 最終セットは、動きの鈍った杉田を見て元気になったマナリノのペースで進み、マナリノが6-2で取り勝利しました。

 マナリノのゆさぶり攻撃はありましたが、今回の杉田の敗因はフィジカルだと思います。攻撃や守備、戦術面に関してはすばらしかったと思います。事前に体調管理をしっかりして臨めば、4大大会シード入りも夢ではないなと感じた試合でした。次の試合が楽しみで仕方ありません!

 

5日目の主な結果

男子シングルス

錦織、シード同士の試合に競り負ける

 

錦織圭(日本:第9シード) vs ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン:第18シード)

  1 2 3 4 5 Set
錦織 4 63 6 3   1
バウティスタ アグート 6 77 3 6   3

 第1セット、なんどか錦織にブレークチャンスはあったものの取れず、逆にバウティスタ アグートにワンチャンスをものにされて、錦織がセットを落としました。

 第2セットも第1セットと同様の展開。錦織は全くブレークチャンスを活かせないままタイブレークに突入。出だしは互角だったのですが、7ポイント目でバウティスタ アグートがミニブレーク。そのあと錦織は1ポイントも取れずセットを落としてしまいました。

 第3セット、錦織はなんどもブレークされそうになりますがしのぎます。そして迎えた第8ゲーム、やっとブレークに成功します。そのまま錦織は6-3でセットを取ります。

 第4セット、最初のバウティスタ アグートのサービスゲームをブレークしてリードするのですが、その後が続かず、すぐにブレークバックされてしまい、ショットのさえも無くなり、逆にバウティスタ アグートのショットがさえ渡りまして、バウティスタ アグートがセットを取り試合終了です。

 この試合の錦織のプレーは、本当にバウティスタ アグートより世界ランクが上なのかというような内容だと思いました。バウティスタ アグートは決めるべき時は確実に決めていました。世界ランク19位の選手らしくすばらしいテニスをしていたと思います。しかし錦織は、これが世界ランク9位の選手なのかと疑いたくなるような内容でした。決めるべき時に決められない。積極さ安定さに欠ける試合運び。見ている方がストレスのたまる試合でした。錦織はこのまま頭打ちで終わる選手では絶対ないと思いますので、今後に期待したいと思います。

 

女子シングルス

大坂なおみ、あのビーナス・ウィリアムズに惜敗

 

大坂なおみ(日本) vs ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ:第xシード)

  1 2 3 Set
大坂 63 4   0
V.ウイリアムズ 77 6   2

 第1セット、大坂なおみはすばらしいテニスを見せてくれました。第4ゲームでミスから大坂がゲームを落としてしまいます。でも、第7ゲーム目ですぐ取り返します。ビーナスのミスで取ったブレークではなく大坂が力で勝ち取ったブレークでした。その後はお互いサーブキープが続きタイブレークに。最初に大坂が3ポイント連取したのですが、ここからビーナスの元王者の逆襲が始まります。そのあと1ポイントも取れず3-7で大坂はセットを落とします。

 第2セットは、序盤はほぼ互角の展開でした。途中、大坂はブレークチャンスもあったのですが活かせませんでした。これが痛かったです。第7ゲームにビーナスにブレークされてしまい、そのまま大坂は4-6でセットを落とし試合終了です。

 大坂は、世界ランク11位のビーナス・ウィリアムズ相手に互角の試合を見せてくれました。ビーナスも試合後のインタビューで「アドバイスするようなことはない」と称賛してました。大坂の試合後のWOWOWのインタビューでは「ビーナスだって勝てない相手ではないと感じたわ」と言い切っていました。試合を見ていた世界中の人たちに大坂の強さを強烈にアピールできた試合になったのではないかと思います。大坂なおみがトップ10入りする日が待ち遠しいですね!

 

WOWOWでウィンブルドン2017の2日目以降の試合観戦は加入が必要です

 WOWOWを見るための準備や視聴方法は、別記事「WOWOWを見る方法」でご確認いただければと思います。

 公式サイトでWOWOWの料金体系など詳細を確認したり、ご加入される場合は下のボタンからどうぞ。

※移動先のページに、ご加入に関するWOWOW公式の説明とご加入申込ページに移動するためのボタンがあります。

 ちょっとお得な情報など、ご加入方法について確認したい場合は、本サイトの記事「WOWOWへの加入・契約について」をご覧いただければと思います。