Scratch3.0入門 「演算」の「○に△が含まれる」ブロック 使い方を実例付きで解説

Scratch
○に△が含まれるブロックの実例

 本記事では、Scratch(スクラッチ)3.0で使える「演算」カテゴリの「○に△が含まれる」ブロックを実例付きで分かりやすく解説しております。

 「○に△が含まれる」ブロックは、文字列の中に指定した文字列が含まれているか確認できます。

 以下でもっと具体的に解説します。

 Scratch(スクラッチ)のプログラミングを学ぶ上で、個々のブロックの本質を理解することはとても大事なことだと考えます。

 お役に立てれば幸いです。

 Scratch(スクラッチ)の基本的なことや全般的な内容に関しましては以下の別記事をご覧ください。

「演算」の「○に△が含まれる」ブロック 形状とオプション(Scratch3.0)

 始めに、本記事で解説しますブロックの形状と指定可能なオプションについて説明します。

ブロックの形状

 ブロックの形状は真偽ブロックです。

 ブロックに書いてある条件を確認します。

指定可能なオプション

 以下の値を指定できます。

指定する場所
○に△が含まれるブロックのオプション1(←赤枠部分)
入力方法
手動、値ブロック
指定する内容
指定した文字列が含まれるかをチェックされる文字列
単位
なし
入力する文字種
半角全角OK
備考
特記無し
指定する場所
○に△が含まれるブロックのオプション2(←赤枠部分)
入力方法
手動、値ブロック
指定する内容
含まれているかチェックする文字列
単位
なし
入力する文字種
半角全角OK
備考
特記無し

「演算」の「○に△が含まれる」ブロックの解説(Scratch3.0)

 本記事で解説する内容や押さえておきたいポイントは以下のとおりです。

  1.  文字列の中に指定した文字列が含まれているか確認する
  2.  アルファベットの大文字小文字は区別しない
  3.  全角と半角は区別する

 具体的な使い方を実例をまじえて解説します。

文字列の中に指定した文字列が含まれているか確認する

 「○に△が含まれる」ブロックは、○部分の文字列の中に△部分の文字列が含まれているか確認してくれます。

 「○に△が含まれる」ブロックは真偽ブロックですので、含まれている場合は「真」、含まれていない場合は「偽」となります。

 下の例題は、好きな果物をいくつか入力してもらって、その中に「いちご」が含まれていたら、ネコスプライトが「ぼくもいちご大好きです」というプログラムです。

いちごかイチゴが含まれているかチェックするプログラム

 回答に「いちご」という文字列があるかないかのチェックですので、果物の区切り文字はなんでも良いです。

 「いちご」を「イチゴ」と書く人もいるかもしれませんので、「○または△」ブロックを使用して、どちらが書かれていてもチェックできるようにしてあります。

アルファベットの大文字小文字は区別しない

 アルファベットには、「A,B,C・・・」のような大文字と「a,b,c・・・」のような小文字があります。

 「○に△が含まれる」ブロックは、アルファベットの大文字と小文字を区別しません。

 つまり、「A」と「a」は同じものとしてチェックします。

 実際に試してみましょう。

アルファベットの大小文字は同一視

 「APPLE」という単語の中に「e」が含まれるか「○に△が含まれる」ブロックでチェックしてみましたが、含まれるという結果になりました。

全角と半角は区別する

 文字の種類として全角と半角もありますが、「○に△が含まれる」ブロックは区別します。

 例えば全角「A」と半角「A」は別の文字として認識します。

 実際に試してみましょう。

全角と半角文字は別の文字として認識する

 「APPLE(全角文字)」という全角文字で書かれた単語の中に半角文字の「E」が含まれるか「○に△が含まれる」ブロックでチェックしてみましたが、含まれないという結果になりました。

 「○に△が含まれる」ブロックを使ってプログラムを作っているときに、想定通りの答えにならない場合は、文字の種類をチェックしてみると解決できるかもしれませんね。

まとめ

 指定した文字列を探す機能は、使いどころがなかなか難しいブロックかもしれませんが、アイデア次第で使い道が広がっていくと思います。

 演算カテゴリのブロックの使い方を理解して楽しいプログラムを作ってみましょう!

 本サイトでは他にもScratch(スクラッチ)に関する記事を公開しております。

 よろしかったらご利用ください。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

(参考)

Japanese Scratch-Wiki 公式サイト

困ったときはいつもこのサイトを参照しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました