格安SIMランキング2020年1月 家族3人で20GBをシェアできるおすすめMVNO

ランキング

 

 本記事では、家族3人でデータ容量20GBをシェアできるおすすめ格安SIMをランキング形式でご紹介しております。

 

 3大キャリアのスマホを家族で使う場合、とてもお得になるサービスが色々ありますよね。

 特に家族間の無料通話はかなりお得感があります。

 

 MVNOはといいますと、残念ながら別料金を支払うことなく家族間で無料になるというサービスを行っていることろはないんですよね。

 

 ではMVNOは家族向きではないの?と思われるかもしれませんが、そういう訳ではありません。

 

 データ容量をシェアできたり、家族でスマホを使うと利用料金が割引になったりするサービスを行っているMVNOがあります。

 かけ放題プランに入ることで一定期間無料通話ができるサービスも。

 

 利用料金が格安な上に、家族で分け合って使えますので、3大キャリアと比べてかなりお得になります。

 

 ランキングは各プランの月額料金で決めております。

 速度切替機能などの便利なオプションの有無も合わせて掲載してますので、あなたにピッタリの格安SIMを見つけるお手伝いができると思います!

 

※各種データは2020年1月時点の内容です

 

 本記事でランキング対象となっているMVNOは以下のとおりです。

※順不同です

 

 

 

[利用回線:docomo] 家族3人で20GBをシェアできるおすすめ格安SIMランキング

 docomo回線を利用する場合のおすすめランキングです。

 

 MVNOでデータ容量をシェアする場合は、まず主契約者が必要です。

 その主契約者が複数のSIMを追加で契約して、追加したSIMをご家族の方がそれぞれ利用するという形態になります。

 

 利用料金のお支払いは主契約者の方が一括して支払うことになります。

 

 なお、期間限定(例えば、最初の数か月のみ、など)一時的に利用料金が割引になるものは対象外としています。

 

 利用料金に事務手数料は含みません。

 

 それでは1位から順にご紹介していきます!

 

 

 1位 イオンモバイル

 

主契約プラン データ容量 月額料金
シェア音声 20GB 4980円
追加SIM料金   合計
700円x2=1400円   6380円

 

利用回線 docomo

 

 イオンモバイルには「シェア音声プラン」という複数枚のSIMを利用する際にお得なプランが用意されてます。

 

 例えば、3人で合計6GBのデータ容量が必要な場合は、3人で2GBのプランにしたり、使用頻度によって容量を変えてプランを決めると思います。

 でも家族の場合は、利用料金は家族まとめて支払うと思いますので、このシェア音声プランの6GBにして、3人でシェアすれば済みますね。

 

 さらにシェア音声プランにすれば、3人バラバラで契約するより利用料金がお得になりますので、ぜひ検討してみてください。

 

 追加できるSIMは1契約で5枚までとなっております。4枚目からは1枚当たり月額料金が200円必要になります。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはイオンモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容
利用可能回線 docomo
au
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データ容量追加 あり
データフリー なし

 

 

 2位 OCNモバイルONE

 

主契約プラン データ容量 月額料金
音声対応SIM 20GB 4400円
追加SIM料金   合計
1000円x2=2000円   6400円

 

利用回線 docomo

 

 OCNモバイルONEは、シェア用のデータ容量プランが用意されているわけではありません。

 

 主契約者が複数の格安SIMを追加契約しまして、全ての格安SIMでデータ容量をシェアする形式になります。

 

 上の表内の追加SIM料金が追加するご家族ふたり分の格安SIMの料金です。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはOCNモバイルONEの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容
利用可能回線 docomo
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 3位 excite(エキサイト)モバイル

 

主契約プラン データ容量 月額料金
音声通話SIM
3枚コース
20GB 4480円
追加SIM料金   合計
700円x3=2100円   6580円

 

利用回線 docomo

 

 exciteモバイルは、まずデータ容量を決めて、次にどの種類(音声通話、データ通信など)の格安SIMを利用するかを決めることで月額料金が決定します。

 

 ランクインした契約は、データ容量20GBの3枚コースを音声通話SIM3枚で利用する内容になります。

 

 最初に決めるデータ容量は、今回のように定額プランも良いですが、利用状況によりましては最適料金プラン(従量制)も選べますので、かなり柔軟に選択できます。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはexciteの公式サイトをご覧いただければと思います。

exciteモバイル公式サイト

 

その他の評価ポイント 内容
利用可能回線 docomo
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データ容量追加 あり
データフリー なし

 

 

 4位 BIGLOBEモバイル

 

主契約プラン データ容量 月額料金
音声通話SIM 20GB 5200円
追加SIM料金   合計
900円x2=1800円   7000円

 

利用回線 docomo

 

 BIGLOBEモバイルは、シェア用のデータ容量プランが用意されているわけではありません。

 

 OCNモバイルONEと同じく、主契約者が複数の格安SIMを追加契約しまして、全ての格安SIMでデータ容量をシェアする形式になります。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはBIGLOBEモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

BIGLOBEモバイル公式サイト

 

その他の評価ポイント 内容
利用可能回線 docomo
au
速度切替(高速/低速) 無し
データ容量繰越 翌月まで
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 5位 IIJmio

 

主契約プラン データ容量 月額料金
ファミリーシェア
プラン
12GB 3260円
追加SIM料金   合計
700円x2=1400円   4660円
オプション名 料金 上の料金と合計
20GB追加 3100円 7760円

 

利用回線 docomo

 

 IIJmioの場合は、まず主契約者がファミリーシェアプランを契約します。

 それに追加するご家族分の音声通話SIMを追加する形式になります。

 

 ただしファミリーシェアプランは12GB固定ですので、本ランキングの条件である20GBを満たすためにデータ容量を追加する必要があります。

 8GBを追加したいところですが、20GBと30GBの追加しかオプションが用意されてませんので、安い方の20GBを追加したのが今回ランクインした契約内容になります。

 

 ご家族で合計32GBまで使えるようになってしまいましたが、料金は結構良い感じだと思いませんか?

 

 もしご家族で30GB程度のシェアプランをお探しの場合は、ぜひご検討ください。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはIIJmioの公式サイトをご覧いただければと思います。

IIJmio公式サイト

 

その他の評価ポイント 内容
利用可能回線 docomo
au
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データ容量追加 あり
データフリー なし

 

 

 

[利用回線:au] 家族3人で20GBをシェアできるおすすめ格安SIMランキング

 

 1位 イオンモバイル

 

主契約プラン データ容量 月額料金
シェア音声 20GB 4980円
追加SIM料金   合計
700円x2=1400円   6380円

 

利用回線 au

 

 au回線利用でもイオンモバイルが1位です。

>> docomo回線のイオンモバイルをみる

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはイオンモバイルの公式サイトはこちらです。

 

その他の評価ポイント 内容
利用可能回線 docomo
au
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データ容量追加 あり
データフリー なし

 

 

 2位 BIGLOBEモバイル

 

主契約プラン データ容量 月額料金
音声通話SIM 20GB 5200円
追加SIM料金   合計
900円x2=1800円   7000円

 

利用回線 au

 

 docomo回線利用では4位でしたがau回線では2位に入りました。

>> docomo回線のBIGLOBEモバイルをみる

 

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはBIGLOBEモバイルの公式サイトはこちらです。

BIGLOBEモバイル公式サイト

 

その他の評価ポイント 内容
利用可能回線 docomo
au
速度切替(高速/低速) 無し
データ容量繰越 翌月まで
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 3位 IIJmio

 

主契約プラン データ容量 月額料金
ファミリーシェア
プラン
12GB 3260円
追加SIM料金   合計
700円x2=1400円   4660円
オプション名 料金 上の料金と合計
20GB追加 3100円 7760円

 

利用回線 au

 

 docomo回線利用では4位でしたがau回線では2位に入りました。

>> docomo回線のIIJmioをみる

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはIIJmioの公式サイトはこちらです。

IIJmio公式サイト

 

その他の評価ポイント 内容
利用可能回線 docomo
au
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データ容量追加 あり
データフリー なし

 

 

 

[利用回線:SoftBank] 家族3人で20GBをシェアできるおすすめ格安SIMランキング

 私の調査対象のMVNOでは、Softbank回線で本ランキングの条件を満たすプランは見つかりませんでした。

 見つけ次第更新します。

 

 

まとめ

 3大キャリアでは当たり前のように行っているデータシェアサービスですし、利用者の需要もかなりあると思いますので、MVNO各社でも同じように用意していると思っていたのですが、意外に少なくて驚きました。

 

 あと、家族3人でシェアする月額料金と、3大キャリアのひとりの標準的な月額料金があまり変わらないのもビックリでした。

 

 今回は音声通話プランのかけ放題オプションを含みませんでしたので、その分をいれたら2000円くらい高くなってしまいます。

 

 それでも3大キャリアの20GBの利用料金を考えたら、やはりMVNOの方がかなりお得ですよね。

 

 あなたにピッタリの格安SIM探しのお役に立てれば幸いです。

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」では、スマホに慣れていない方には敷居が高い格安SIMについてわかりやすく解説しておりますので、よろしかったらご利用ください!

格安SIM道しるべ

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました