IIJmioの格安SIM 評判や料金、速度、キャンペーン情報などをご紹介


 IIJmio(アイアイジェイミオと読みます)はインターネット業界の老舗株式会社IIJが運営するインターネット接続サービスです。

 

 IIJmioが行っているサービスのひとつとして、格安SIMや格安スマホの提供を行っています。

 

 株式会社IIJは、日本企業で最初に国内でインターネットサービスプロバイダ(ISP)を始めた超有名な会社です。

 

 モバイル関係では、MVNO事業はもちろんのこと、MVNEとしてもMVNOのサポート役としてネットワーク業界に多大な貢献をしています。

 

 格安SIMのプランの種類も非常に多彩ですので、あなたにピッタリのプランがきっとみつかることでしょう。

 

 それではIIJmioの格安SIMや格安スマホの各種プランを詳細に見ていきましょう。

 

※記事内の料金は特に記載のない場合は税別で表示しております。

 

 

 

IIJmio(アイアイジェイミオ)のプラン一覧

 IIJmioはdocomoとauの回線が利用可能です。

 

 SMS機能付きSIMを利用する場合は回線によって若干料金が異なります。データ通信専用SIM(SMS機能無し)はdocomo回線のみとなっております。

 

 IIJmioのプランの決め方はとてもシンプル!

通話プラン「みおふぉん」 + データ通信プラン + スマホ本体(必要な方のみ)

 

 これだけで月額料金が決まります。

 

 もちろん、より使い勝手が良くなる追加オプションも用意されています。

 

 ちなみに通話プランだけというのはできません。データ通信プランだけというのは可能です。

 

 では通話プラン「みおふぉん」から見ていきましょう。

 

通話プラン「みおふぉん」

 

プラン名 月額料金 通話料
みほふぉん 1枚 700円 通常通話
20円/30秒
(みおふぉん同士16円/30秒)

みおふぉんダイアル利用
10円/30秒
(みおふぉん同士8円/30秒)

 

 表内のみおふぉんダイアルは、専用のみおふぉんダイアルアプリを使用して発信するか、相手の電話番号の前にプレフィックス番号「0037-691」を付けて発信することで利用できます。事前に登録が必要です。登録は無料でできます。

 

 みおふぉんダイアルといいましても、IP電話などではなく、通常の電話と全く変わりません。

 

 もし「かけ放題」が必要でしたら次の3つのプランの中から選びます。

プラン名 月額料金 説明
誰とでも3分&
家族と10分
600円

3分以内でしたら回数無制限で
無料かけ放題。
みおふぉん同士は10以内

誰とでも10分&
家族と30分
830円 10分以内でしたら回数無制限で
無料かけ放題。
みおふぉん同士は30以内

 

 電話は使うけど「かけ放題」は不要という方の電話料金は、みおふぉん料金「700円」と通話料になります。

 

 「かけ放題」が必要な方は、みおふぉん料金「700円」と「かけ放題」プランのいずれかの月額料金の合計が電話料金になります。

 

 通話プラン「みおふぉん」は最低利用期間が12ヵ月となっています。12ヵ月以内に解約する場合は違約金(最大12000円。ひと月経過毎に1000円減額)が発生します。

 

 次はデータ通信プランについて解説します。

■ 本記事の目次に戻る ■

 

データ通信プラン一覧

 データ通信プランは大きく以下の2つがあります。

SMS機能付きSIM LINEなどのSNSの認証(SMS認証)が
可能になります。
docomo回線とau回線が選べます。
データ通信専用SIM タブレットや2台目のスマホにピッタリ!
端末を複数台持つ場合に最適です。
docomo回線のみ利用可能となります。

 

 では上の2つのコースをもっと詳しくみていきましょう。

 

 データ通信プランでau回線を選択される方は、SMS機能付きSIMのみご利用いただけます。

 

 docomo回線を選択される場合は、SMS機能付きSIMと付いていないSIMが選べます。

 

 各SIMの利用料金は以下のとおりです。

プランなど SMS機能付きSIM
(au回線)
データ通信専用SIM
(docomo回線)
SMS機能付きSIM
(docomo回線)
ミニマムスタート
(3GB)
900円/月 900円/月 1040円/月
ライトスタート
(6GB)
1520円/月 1520円/月 1660円/月
ファミリーシェア
(12GB)
2560円/月 2560円/月 2700円/月
最低利用期間 無し
データ繰越 翌月まで
データ容量超過時 通信速度が最大200kbpsに制限

 

 au回線でデータ通信を行う場合はSMS機能付きになりますが、利用料金はdocomo回線でSMS機能が無いSIMと同額です。つまりau回線を利用する場合は、無料でSMS機能が付いてくるということですね。

 

 ちなみにau回線、docomo回線、どちらを利用する場合でも、決められた容量をオーバーしますと、回線速度が200kbpsに制限されます。200kbpsはメールなど文字ベースの通信でしたら問題なくできるくらいの速度です。

 

 また、200kbpsの通信料が2日間で366MBを超えた場合は通信規制がかかる場合があります。

 

 「通話プランみおふぉん」と「データ通信プラン」についてご説明しました。あとは各々のプランとコースの中からあなたにピッタリのものを組み合わせるだけでできあがりです。

 おさいふと相談しながら最適な組み合わせをみつけてくださいね!

■ 本記事の目次に戻る ■

 

IIJmio(アイアイジェイミオ)の家族向けプラン・シェアプラン

 IIJmioは、データ通信プランの章でご紹介しました「ファミリーシェア」プランを利用することで、ご家族でデータ容量を分け合うことができます。

 

 「ファミリーシェア」プランを契約しますと、3枚までのSIMカードを手数料なしで契約できまして、契約した複数のSIMカードで「ファミリーシェア」プランのデータ容量である12GBを分け合って使うことになります。

 

 複数のSIMカードを契約する場合、通常はSIMカード追加手数料や発行料、SIMカード月額利用料などが発生しますが、新規契約時に限っては「ファミリーシェア」プランの場合は3枚までは発生しません。

 

 「ファミリーシェア」プランでは、最大10枚まで利用することができますが、4枚目以降はSIMカード追加手数料(手続き1回2000円)やSIMカード月額利用料1枚400円が必要になります。

 

 ご家族3人でIIJmioの音声通話SIMを別々に契約する場合とファミリーシェアで契約する場合で月額料金を比較してみました。

 

 ファミリーシェアプランのデータ容量は12GBですので、別々に契約するプランはライトスタートプラン(6GB)1回線とミニマムプラン(3GB)2回線を契約することにします。

 

家族3人で別々に契約する場合

 お父さんがライトスタートプラン、奥さんとお子さんがミニマムプランとします。データ容量は6GB+3GB+3GBで12GBになります。

プラン 1契約月額 人数 合計
ライトスタート(6GB) 2220円 1人分 2220円
ミニマム(3GB) 1600円 2人分 3200円

 

 よって、月額料金は5420円になります。

 

ファミリーシェアプランを3人で利用する場合

 まず、お父さんはファミリーシェアプランを契約して3枚の音声通話SIMをもらいます。

 

 奥さんとお子さんは音声通話SIMのベーシックプラン、インターネット通信コースとしてシェアプランを契約することになります。

 

お父さんの契約内容

 

プラン 1契約月額 人数 合計
ファミリーシェア
12GB
3260円 1人分 3260円

 

 

奥さんとお子さんの契約内容

 

プラン 1契約月額 人数 合計
音声通話機能付帯 700円 2人分 1400円

 

 

 3人の合計金額は、3260円(お父さん)+1400円(奥さんとお子さん)=4660円

となりました。

 

 3人別々に契約するよりも 5420ー4660=760円 もお得になります。

 

 契約時の事務手数料をみても、ファミリープランの場合は1回線分の事務手数料だけですみますので、6000円以上お安くなります。

 

 ご家族みんなで利用することをお考えの方はぜひご検討してみてください。

■ 本記事の目次に戻る ■

 

IIJmio(アイアイジェイミオ)のデータフリー(カウントフリー)

 データフリーというのは、特定のサービスの通信を契約したデータ容量の対象外にしてくれるプランのことですよね。

 

 あなたが良く利用されるサービスがデータフリー(カウントフリー)の対象になっているかどうか気になりますね。

 

 残念ながらIIJmioは特定サービスのデータフリーは行っておりません。

 

 しかし、IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)を利用することで、データ通信速度の高速・低速を切り替えることが可能ですので、例えばLINEなどのSNSを利用する場合は低速モードにすることでデータ容量の消費がゼロになります。

 

 低速時でも最大200kbpsの速度が出ますので、文字がメインのSNSでしたら問題なく使えると思います。

 

 Youtubeなどの動画系はちょっと辛いかもしれないですね。画質を落とせばなんとかいけるかもしれません。

■ 本記事の目次に戻る ■

 

IIJmio(アイアイジェイミオ)の月額料金支払い方法

 クレジットカードのみとなっております。

 

 利用可能なクレジットカードは以下のとおりです。

VISA、MasterCard、JCB、American Express、DINERS、など

※デビットカードは利用できません。

■ 本記事の目次に戻る ■

 

IIJmio(アイアイジェイミオ)のおすすめ度

 共通的な基準で評価したMVNO各社のおすすめ度になります。

 

 各項目の意味と基準、簡単な解説は表のあとに掲載してます。

利用可能回線
プランのシンプルさ
データ通信品質
シェアプラン
料金
支払方法

 

利用可能回線

 評価:4点 

 

 docomo回線とau回線が利用可能です。

 

プランのシンプルさ

 評価:4点 

 

 プランはとてもシンプルでわかりやすいです。

 

 docomo回線とau回線で若干プラン内容の違いがありますが、特に問題にならないでしょう。

 

データ通信品質

 評価:2点 

 

 通勤時間帯やお昼休みは平均で1Mbpsを超えてはいますが、お昼休みの速度が0.5Mbpsを切ることが多いのが気になります。

 

 一番使う時間帯で速度が出ていませんのでマイナスポイントですね。

 

シェアプラン

 評価:5点 

 

 「ファミリーシェアプラン」の使い勝手が良いのでとても気に入っています。

 

 複数のSIMカードを契約しますと、普通ですと月々のカード利用料がわずらわしく見えてくるのですが、それがコミコミになっていて、それでいてリーズナブルなところが良いですね。

 

料金

 評価:5点 

 

 基本料金やオプション料金などは、業界トップクラスの安さです。

 

 現在の水準を維持しつつ回線増強を頑張ってほしいと思います。

 

支払方法

 評価:3点 

 

 クレジットカードのみということで3点(普通)です。

 

 

 お気に入りの格安SIMが見つかりましたら本サイト「格安SIM道しるべ」のおすすめランキングで他の格安SIMと比較してみませんか?

 

※データ通信品質の評価は、実測データをネットで公開している以下のサイトを参考にさせて頂いております。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

IIJmio(アイアイジェイミオ)の事務手数料一覧

 事務手数料の一覧になります。

 

 格安SIM関係の手続きでは、SIMカードの発行をともなう場合が結構ありますので、「SIMカード発行料」も合わせて掲載しております。

手続き 事務手数料 SIMカード発行料
新規契約 3000円 au回線用:406円
docomo回線用:394円
回線変更 2000円 au回線用:406円
docomo回線用:394円
データ容量変更 無料
(同一プラン・タイプに限る)
SIMカード追加 2000円
SIMカード変更・
再発行
2000円
名義変更

ご本人の改名のみ可
(無料)

MNP転出 3000円(※)
解約時 違約金など無し(※)

 

(※)
音声通話機能付きSIMカードをご利用の方は、利用開始翌月から1年以内に解約もしくはMNP転出した場合は音声通話機能解除調定金が発生

■ 本記事の目次に戻る ■

 

IIJmio(アイアイジェイミオ)の主なオプションサービス

 各プランに付けられるオプションの一覧です。

 

 オプションは基本的にプラン共通のものがほとんどですが、MVNOによってはプラン毎に異なる条件のあるオプションがあったりします。その場合は特記事項として記載しております。

 

一時的にデータ容量を追加する

 

追加クーポン 100MB/200円 毎月最大3GBまで増やせます。
有効期限は、購入月の3か月後の末日
まで。

 

 

データ容量を他の利用者とシェアする

 上の「IIJmio(アイアイジェイミオ)の家族向けプラン・シェアプラン」の章でご紹介しました。

ファミリーシェア
プラン
料金はプラン
により異なる
契約時にSIMカードが3枚利用可能になり
ます。
その3枚でデータ容量をシェアすることが
できます。

 

 

複数回線を契約することで料金が割引になる

 IIJmio(アイアイジェイミオ)には複数回線の契約で料金が割引になるプランはみつかりませんでした。

 

高速通信と低速通信を切り替えられる

 IIJmipが提供しておりますIIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)を利用することで、ネットの回線速度を契約したデータ容量まで使える高速通信モードのON/OFFができます。

 

 高速通信モードがONの場合は、契約しているデータ容量を使用して高速でデータ通信を行います。

 OFFの場合はデータ容量が減らない低速モードになります。

 

 お仕事中や深夜などスマホを使用しない時間帯は低速モードにしておくと、自動で通信するアプリのデータ容量を節約できますよ。

 

 ネットをそれほど利用されない方は常時低速モードにされている方も多いですね。必要な時だけ高速モードにする感じです。

 

高速通信
ON/OFF機能
無料 「高速通信ON/OFF機能」はIIJmioクーポン
スイッチ(みおぽん)の機能でして、データ
通信モードを切り替えることができます。

 

 

バースト転送機能

 

バースト
転送機能
無料
(標準装備)
データ容量超過による速度制限になっても、
「低速モード」に切り替えても、最初の一定
量のデータ読み込みは高速になります。

 

 

テザリング

 スマホにタブレットなどをWifiで接続させて、スマホ経由でタブレットをインターネットに接続させることができます。

テザリング 無料 可能がどうかはスマホに依存します。
事前の申請は不要。

 

 

IIJmio(アイアイジェイミオ)のメールアドレス

 

mio
セーフティメール
324円/月 Webメール機能がありますので、パソコ
ンからも利用できます

※mioセーフティメールは有料ですのでフリーメールなどのご利用をおすすめします

 

 

ウィルス対策オプション

 

ウィルスバスター
モバイル版
250円/月 ウィルスバスターモバイル版が利用可能
です。
マカフィーモバイル
 セキュリティ
250円/月 マカフィーモバイル セキュリティが利用
可能です。

 

 

スマホの紛失や破損、故障などが発生した場合の補償サービス

 

端末補償
オプション
380円/月
500円/月
スマホで異なる
IIJmioで購入したスマホの保証期間(約1年)
内の破損や全損などの場合に新品と交換。
交換代金は1回目5000円、2回目8000円。
つながる
端末保証
500円/月 IIJmioが定める保証可能端末が対象。
交換代金は、年1回4000円、年2回8000円。
修理代金は年2回まで無料。

 

 

スマホの紛失や破損、故障などに備えるバックアップサービス

 

クラウドバック
アップ
AOS Cloud
500円/月 写真・音楽・電話帳などの大切なデータを
自動的にバックアップしてくれます。
なんと容量無制限!

 

 

留守番電話、着信転送、三者通話などあったら便利な電話向けオプション

 

スマート留守番 290円/月 留守番電話の内容をメールやSNSで確認す
ることができます
留守番電話 300円/月 通常の留守番電話サービスです
着信転送 無料 着信があったときに、事前に登録した別の
電話に転送することができます
割込電話(※) 200円/月 通話中に別の人から着信があった場合で
も、電話に出ることができます。

(※)au回線用音声対応SIMでは利用不可

 

 

お子様やお年寄りの方向けの見守りオプション

 

i-フィルター for   マルチデバイス

360円/月

お子さんに見せたくないWebページを
ブロックしたり、利用させたくないア
プリをブロックできます。
位置情報や通話履歴なども確認可能。

 

 

IP電話サービスの割引オプション

 IIJmio(アイアイジェイミオ)加入者が割引になるIP電話サービスはみつかりませんでした。

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」では、おすすめランキングや知って得する情報などを公開してます。

 よろしかったらご利用ください!

■ 本記事の目次に戻る ■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください