U-NEXTは国内最大級の動画配信サービスのひとつです。他の動画配信サービスの大手であるdTVやHuluなどと一緒に評価されることが多いのでご存知の方も多いと思います。

 他にも数多くの動画配信サービスがありますが、一般論としてどれが一番良いかというのは決めることはできないですよね。

 結局のところどのサービスが良いかというのは、個人のライフスタイルや何を重んじるかによると思います。

 私が思うU-NEXTに向いている人は以下の通りです。(あくまで個人的な意見です!)

  • 映画やドラマの視聴、漫画などの書籍に、ほぼ毎月お金を使う
  • DVDをレンタルする場合、新作物を良く借りる
  • 作品によって借りるのが恥ずかしいジャンルがある。例えば少女アニメなど。
  • 雑誌を暇つぶしによく読む
  • 見逃したドラマをイッキ見する。したいと思うことがある
  • 韓流の映画やドラマが大好きである。または興味がある
  • アイドルの幅広い情報やマニアックなネタが欲しい
  • 自宅で映画を見るのが好きだが、映画館で映画を見るのも好きだ
  • 家族みんなが別々の作品を自由に見たい
  • ビデオレンタルショップで借りるのに抵抗があって、店員さんに見られるのも恥ずかしい作品がある。

 この項目に当てはまるものが多ければ多いほどU-NEXTが向いていると思います。(あくまで個人的な意見です!!)

 この項目の内容を基にしまして、以下にU-NEXTのおすすめポイントをご紹介していきたいと思います。

※以下で同業他社との比較に関して書いている部分が出てきますが、登場しますのは日本向け作品が多いHuluとdTVの2社です。

 

 

U-NEXTは映画、ドラマ、アニメなど映像ジャンルの作品保有数は業界トップクラス

 映画やドラマの配信はどこの動画配信サービスでも行っていますが、U-NEXTがすごいのはここです。

  • DVD発売開始と同時に配信開始になる作品(俗にいう新作)が多い(ただしほぼ有料です)
  • 作品保有数は国内トップクラス(有料作品、見放題作品ともに)

 以下でもう少し詳しく説明します。

新作が有料なのはU-NEXTがぼったくりなわけではない

 動画配信サービスの比較サイトを良く見かけると思いますが、その手のサイトのU-NEXTの評判は、「作品保有数が12万本とかいってるけど別料金の作品ばっかし」とか「見たい作品は全部別料金だーぼったくりだー」などではないかと思います。

 たぶんですが、そのように言っている方が見たい作品は新作だと思います。でも新作というのは通常では見放題にすることは非常に困難のようです。

 映画制作関係に詳しい方にお聞きしたのですが、映画などの作品を一定の月額料金で見放題にするのは、製品DVDなどが発売されてすぐは、製品DVDの販売元とのしがらみもありまして、大人の理由でできないそうです。

 でも作品ごとに単品で買切り(購入)やレンタルしてもらうようにした場合は、製品発売と同時に配信することができる可能性が高いみたいです。

 また、シーズン物などについても各話を個別に別料金にすることで早く配信できるそうです。

 新作をすぐに見放題で公開することはどこの動画配信サービスでも非常に困難なのです。

 ですので、新作の数が多いというのは実は誉め言葉なんですよね。数多くの作品制作会社と契約して、それを自社の高度な設備を使用して世の中に配信するというU-NEXT社の企業努力のおかげなんです。

U-NEXTは見放題本数でも業界トップクラス

 U-NEXTの保有作品は、本当に別料金の新作ばっかりで見放題本数は少ないのでしょうか。

 気になったので自分なりに調べてみました。

 U-NEXTの公式サイトに作品検索機能がありましたので、そこで見放題を選択して検索すれば一発でわかると思っていたのですが、考えが甘すぎました。

 見放題とポイント(別料金)を指定することはできるのですが、全作品を一度に検索する機能は提供されておらず、ジャンル別に分かれていたのです。

(2018年7月追記)
 U-NEXTの公式サイトに見放題作品数と有料(レンタル)作品数が公表されました。見放題数80000本以上、有料(レンタル)作品数40000本以上だそうです。総本数は120000本以上となってました。

 他社(dTVとHulu)の作品数(公表数を使用)を比較するために表を作ってみました。

  見放題 有料 総数
U-NEXT 8万以上 4万以上 12万以上
dTV 不明 不明 12万以上
Hulu 4万以上 なし 4万以上
(注)dTVの見放題数と有料数が不明なのは、dTV公式サイトの検索機能で数が把握できなかったため。

 

 U-NEXTは見放題数でも業界トップクラスという結果になりました。

■ 本記事の目次に戻る ■

ジャンルの種類は文句なしにU-NEXT

 U-NEXTのジャンルは別記事「U-NEXTとは」で紹介させていただきました。

 ではdTVやHuluのジャンルはどうなのでしょうか。

 dTVの保有作品のジャンルは、U-NEXTのアダルトを除いた動画部分と音楽のミュージックビデオやカラオケがあります。

 dTVはNTTドコモが提供しているサービスでして、書籍や音楽などのジャンルに関しましては別サービスになってます。書籍はdブック、音楽はdミュージックなどです。サービスによりましては月額料金が別途必要になります。

 Huluは、動画系のジャンル(アダルトなし)のみです。

 以上の内容を簡単に表にしてみました。

名称 U-NEXT dTV Hulu
洋画
邦画
海外ドラマ
国内ドラマ
韓流ドラマ
アニメ
キッズ
ドキュメント
バラエティ
アダルト × ×
音楽ビデオ
自社オリジナル
カラオケ ○(*1) ×
音楽 ○(*1) ×(*2) ×
コミック ×(*2) ×
雑誌 ×(*2) ×
一般書籍 ×(*2) ×
(*1)別料金になります
(*2)NTTドコモの別サービスではあります

 ジャンルに関しましては、動画系だけをみますと違いはアダルト作品の有無だけですね。書籍関係はU-NEXTだけです。

 U-NEXTは登録1回で全てのサービスが利用できてとても便利だと思います。

■ 本記事の目次に戻る ■

U-NEXTは電子書籍も多数用意しています

 U-NEXTは、映画やドラマなどの映像作品以外にも漫画や雑誌、一般書籍などの電子書籍も保有しているというお話をしました。

 U-NEXTが取り扱っている電子書籍は20万冊以上と公表されております。(2017年9月時点)これは電子書籍サービスとしてはトップクラスです。電子書籍はもちろんU-NEXTポイントで購入できます。

 ドラマを見て感動したら原作が読みたくなることってありますよね。U-NEXTでしたらすぐに読むことができます。

■ 本記事の目次に戻る ■

70種類以上の雑誌が追加料金なしで読み放題

 雑誌の読み方は人それぞれ違うと思います。

 コンビニの立ち読みで済ます人。時間潰しのために買って読む人。定期購読している人。

 色々な人がいらっしゃると思います。

 U-NEXTの雑誌の読み放題は、どんな読み方の人にも強い味方になってくれる素晴らしいサービスです。

 今まで見かけたことはあるけど、読んでなかった雑誌でも、実際に読んでみるとハマってしまう雑誌があるかもしれません。

 そんな新たな出会いを演出してくれるのもU-NEXTの良いところではないでしょうか。

 U-NEXTでは以下のようなジャンルの雑誌が70種類以上も追加料金無しで読み放題です。

週刊誌

  • 週間プレイボーイ(週プレ)
  • サイゾー
    など

ビジネス・マネー・トレンド

  • 東洋経済
  • Forbes JAPAN(フォーブスジャパン)
  • CAPA(キャパ)
  • Goodspress(グッズプレス)
  • デジモノステーション
    など

男性ファッション・ライフスタイル

  • MEN’S NON-NO(メンズノンノ)
  • MEN’S CLUB(メンズクラブ)
  • Lightning(ライトニング)
  • UOMO(ウオモ)
    など

女性ファッション・ライフスタイル

  • non・no(ノンノ)
  • Seventeen(セブンティーン)
  • MORE(モア)
  • OZmagazine(オズマガジン)
  • 婦人画報
    など

スポーツ

  • サッカーダイジェスト
  • ALBATROSS-VIEW(アルバトロスビュー)
  • WORLD SOCCER DIGEST(ワールドサッカーダイジェスト)
    など

 ジャンルも雑誌もほんの一部だけのご紹介です。他にもありますのでぜひU-NEXT公式サイトでご確認ください。

■ 本記事の目次に戻る ■

1つの契約で最大4人の同時視聴とペアレンタルロックが標準装備

 通常、動画配信サービスは、1つのアカウントで番組を見ることができるのは一人だけです。複数のデバイスで同時(例えば大画面テレビとスマホで同時)に視聴することはできません。

 U-NEXTも同じで、1つのアカウントでは一人しか見れません。

 でもU-NEXTが他のサービスと違って凄いのは、1つの契約で最大4つのアカウントを作成できるのです。

 もちろん追加料金なしです。

 例えば4人家族の場合は、1つの契約で4人が別々の番組を同時に見ることができるのです。

 他の動画配信サービスでは、4人分の契約が必要です。

 子供さんにキッズ番組を見せていても、追加料金なしでお母さんは自分で好きな番組を見ることが可能なのです。

 しかも、ペアレンタルロックが使えますので、アカウント毎にR指定や大人向けの作品の表示、番組の購入について制限することが可能です。

 これって考えようによっては、U-NEXTと1つ契約して、それを4人でシェアした場合、1契約1990円(税別)ですからひとり当たりの月額料金が4分の1の約500円になるってことですよね。すごくないですか。

■ 本記事の目次に戻る ■

U-NEXTは国内の動画配信サービスでは珍しくアダルト(AV)物があります。なんと女性向けの作品も!

 国内では珍しく大人向けの作品も用意されています。R15指定の映画とかの類では無く、ずばりアダルト(俗にいうAV)ものですね。AVアニメもあります。

 U-NEXT内では「その他」ジャンルとして扱われています。

 普通アダルトといえば男の欲求解消目的と思うじゃないですか。実はU-NEXT、女性向けの作品も用意しているのです!こーいうところがU-NEXTのにくいところなんですよね。

 アダルト系は無料の海外動画サイトで十分とか思っているあなた。本物の製品は画質はフルできれいですし、作品の長さもフルですよ。

 作品数も13000作品以上。見放題作品も5000作品以上あります。(2018年4月時点)

 でも、アダルト作品を見るためだけでしたら、他の専門サイトの方が安くて大量に見れると思いますのでそちらを利用した方が良いと思います。でもどうせ見れるのなら見てみようかな程度の方でしたらU-NEXTをおすすめします!

 以前はこのジャンルの作品にはU-NEXTポイントが使えなかったそうですが、現在は撤廃されまして、U-NEXTポイントを使用して有料作品を見ることができるようになりました。

 前の項目で書きましたが、ご家族でご利用になる場合は、アカウントにペアレンタルロック機能が付いておりますので、子供さんをお持ちの方でも安心してご利用できます。

 あと、見たとしても視聴履歴に載らない機能も付いてます。なんとも気の利く機能ですね。

 無料トライアル期間中にぜひお試しください。

■ 本記事の目次に戻る ■

U-NEXTポイントは映画館のチケット代に利用できます

 新作映画を見たり電子書籍の購入したりするときに使用するU-NEXTポイントですが、なんと映画館で支払う料金にも使うことができます!

 但し、全ての映画館で使えるわけではなく、対象の映画館が決まっています。対象の映画館は以下の通りです。

  • AEON CINEMA(イオンシネマ)
  • 松竹マルチプレックスシアターズ
  • UNITED CINEMAS(ユナイテッド・シネマ)
  • オンラインチケット予約「KINEZO」

 映画館の大手はほぼ網羅されていますよね。無いのはTOHOシネマズくらいでしょうか。上の4つの映画館でも、場所によっては使えない映画館もあるようですので、事前にU-NEXT公式サイトで確認が必要ですね。

 上の4つの映画館でU-NEXTポイントが使えるのですが、使い方が映画館によって異なります。

 例えば、イオンシネマは映画観賞券を買う際の割引クーポンをU-NEXTポイントで購入することになります。割引クーポンは500円、1000円、1100円、1800円の4種類から選べます。

 ユナイテッド・シネマの場合は、U-NEXTポイントを1500円分で1本分の映画観賞券が買えます。色々な割引を使用して鑑賞券を買う場合は、1500円より安くなるか確認しましょう。1500円以上でしたらU-NEXTポイントで購入した方がお得ですね。

 とりあえず映画館で映画を見る際にはU-NEXTの映画館割引情報を要チェックです!

■ 本記事の目次に戻る ■

民放のテレビドラマの見逃し配信

 民放テレビドラマの見逃し配信といえば、無料で利用できるTVerが有名ですね。でも配信期間が短すぎるのが辛いところです。基本的に、本放送終了後1週間程度で配信が終わってしまいます。1話はしばらく配信されている場合もあるみたいですが、全話を見たいと思っても、なかなか見ることができません。

 その点、U-NEXTは番組終了後1週間で配信終了ということはありません。配信期間は作品によって様々ですので一概にはいえませんが、作品紹介ページで配信期間を確認することが可能ですので、試しにいつまで配信しているのか見てみるのがよろしいかと思います。

 TVerの場合は終わったばかりのドラマでも無料で見れますが、もうご理解いただいていると思いますが、U-NEXTの場合はほぼ有料です。U-NEXTポイントを使用して見るしかありません。

 その作品の見たい度合いをお金に換算して、どうするか決めるしかありませんね。

 もちろん民放各社の有料動画配信サービスでも見ることはできますが、利用料金が膨れ上がらないように注意が必要ですね。

■ 本記事の目次に戻る ■

海外や韓流のドラマがお好きな方はイッキ見やり放題です。

 U-NEXTは海外と韓流のドラマを合わせると約1200作品ほど保有しています。(2018.4月現在)

 これらの作品をビデオレンタルショップに行くことなく、レンタル中を心配することなく、お好きな場所でお時間のある時にいつでも見ることができます。

 旧作になると、ビデオレンタルショップでは1話で1本しか置いていないところが多いですよね。普段はそれでも別に気にも留めないのですが、いざ自分がイッキ見しようと思って借りようと思ったときにかぎって、途中の数話がレンタル中だったりするんですよね。しかも旧作は7泊8日。

 中毒になってしまったドラマだったら大変なことになります。他のレンタル屋を探しに行くことも忘れて、製品DVDを大人買いしてしまおうかと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。私は過去なんどかAmazonであるドラマのBOXを検索したことがあります。

 U-NEXTに加入していれば、こんなストレスから解放されます。

 特に韓流ドラマはまだまだ現役で人気が高いようですね。

■ 本記事の目次に戻る ■

NHKオンデマンドの番組の配信も行ってます

 NHKオンデマンドというNHKの動画配信サービスがありますが、2016年6月からU-NEXTでNHKオンデマンドの番組が見れるようになりました。但しこれは有料サービスです。

 料金は1番組108円(税込)からになります。1ヵ月972円の見放題パックもあります。

 NHKを良く見られる方は、毎月自動的に付与されるU-NEXTポイントで見放題パックを購入することで、追加料金なしでNHKオンデマンドが見放題になります。

 期間限定の配信ですが、NHKオンデマンドで大相撲や紅白歌合戦、オリンピックも見ることができます。

 NHKがお好きな方にとってはとても魅力的なNHKオンデマンドなのですが、実は、考えようによってはNHKオンデマンドを直接契約するよりU-NEXTを介して契約した方がお得なのです。

 U-NEXTを介してNHKオンデマンドを見る場合のメリットは以下の通りです。

  • U-NEXTの方が使用可能な機器が豊富
  • NHKオンデマンド以外の番組を見れる

 NHKオンデマンドを直接契約して見る場合は、パソコンやスマホ、タブレットで見ることになります。大画面テレビで見る場合は、NHKオンデマンド自体は機能を提供していないようです。NHKオンデマンドの公式サイトで確認したのですが、テレビで見る場合は「お好きな動画配信サービスで、NHKオンデマンドを楽しもう!」と書いてありました。つまりNHKオンデマンドとしてはテレビで見る手段を自社で提供しない方針のようです。

 U-NEXTを介してNHKオンデマンドを見る場合は、もちろんU-NEXTが提供している数多くの視聴方法から選ぶことができます。また、U-NEXTは4K画質での配信を行うことが可能な設備を持ってますので、NHKオンデマンドの番組内の4K画質の作品を見ることもできるようになります。

 2つ目のメリットは当然ですね。説明は省かせていただきます。

 NHKオンデマンドの詳細や配信番組の最新情報についての詳細は、U-NEXT公式サイトでご確認ください

■ 本記事の目次に戻る ■

アニメの作品保有数や質、キッズ向け作品の充実度は他社を圧倒

 アニメやキッズ向け作品の保有数を調べてみました。

  U-NEXT dTV Hulu
アニメ 2683(1565) 572(不明) 581(なし)
キッズ 1400(1151) 291(不明) 370(なし)
※表内のカッコ内は見放題作品数についてです
※数は各社公式サイトの作品検索機能を使用してジャンル別にカウントしました
※数値は2017年9月時点のものです

 アニメは、ライバル会社が数百作品なのに比べて、U-NEXTは2600作品以上。U-NEXTの見放題作品数だけ見たとしても、他社を圧倒してます。

 U-NEXT公式サイトのアニメ作品一覧を表示して、一覧を古い作品順に並び替えていただくとお分かりになると思いますが、最新のものから昔懐かしのものまであって、世代を問わず楽しめます。古いものは有料の物が多めです。

 アニメと同様に、キッズ向けの作品についても、作品数は他社と桁が違います。

 子供さんはどこでぐずるか分かりませんので、U-NEXTがあればいつでもキッズ向けプレーヤーとして利用することができます。

■ 本記事の目次に戻る ■

U-NEXTでしか見られないアイドル情報番組

 私はちょっとついていけていないのですが、アイドルに関する情報番組、それもU-NEXTオリジナルの番組を配信しています。

 アイドルとユーネクストを合わせた「月刊ドルネク」というU-NEXTオリジナルのアイドル情報番組です。

 また、U-NEXT社が厳選したアイドル番組を放送する「U-NEXTアップフロントチャンネル」というコンテンツもあります。

 アイドル好きな方はもちろん、それほど興味がないという方ももしかしたら真のアイドルの姿を知ってハマってしまうかもしれませんよ。

 私的には優先度低めですが、もし機会あれば見てみようと思います。ハマったらどうしよう。

 

U-NEXTに向いている人の項目の該当数が多かった方はU-NEXTへの登録を考えてみてはいかがでしょうか

 冒頭に述べました、私が思うU-NEXTに向いている人の項目について納得していただくための記事を作ってみました。いかがでしょたでしょうか。

 ちなみに、挙げた10項目の内、私が当てはまるのは7項目でした。どれかは内緒です。

 私自身U-NEXTのサービスには非常に満足してますので、5項目以上該当する方はU-NEXTへの登録をご検討されてみてはいかがですか。

 最後に言うのもなんですが、U-NEXTが向いていない方も挙げておきます。ひとつだけです。

 U-NEXTポイントをどう使って良いかわからない方

 本契約しますと毎月U-NEXTポイントが補充されるのですが、その補充ポイントをどう考えるかがU-NEXTに向いているかいないかの重要な判断ポイントになると思います。

 補充ポイントを使っても使わなくてもU-NEXTからすればどうでもよくて、月額料金を支払った時点で補充ポイントについてU-NEXTはすでに儲けているわけです。

 U-NEXTポイントを賢く使えば、あなたとU-NEXTはWin-Win(*)。

 使い道に困ってしまい失効してしまったり要らないものに使ってしまったらあなたとU-NEXTはLose-Win(*)。そういう人が増えてくるとU-NEXTを解約する人が増えてしまって結局はLose-Lose(*)。

 利用者がU-NEXTポイントをいかに賢く使えるかU-NEXTがいかに満足度の高いU-NEXTポイントの使い道を提供するかがとても重要になってくると思います。また定額で利用可能な見放題作品もとても重要なアイテムになってきます。

 あなたとU-NEXTがWin-Win(*)の関係になるために少しでもお役に立てれば幸いに思います。

 かなりの長文になってしまい申し訳ございません。

 最後までお読みいただきましてありがとうございました!

 

(*)Win-Win、Win-LoseなどのWinとは良い思いをすることを意味しLoseは嫌な思いをすることを意味します。

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。