日本の巨大動画配信サービスのひとつであるU-NEXT(ユーネクスト)。

 他の動画配信サービスでは、Hulu(フールー)やdTV(ディーティービー)などが有名ですよね。あと、日本の作品の保有数は少ないですが、AmazonプライムビデオやNetflixなどもあります。

 U-NEXTを含めて、各社それぞれメリット・デメリットがありまして、このサービスが一番いい!とは言い辛いのが現状です。

 結局のところ、利用者のライフスタイルによって、自分に合っているサービスや向いていないサービスが決まってくるのではないでしょうか。

 本記事では、U-NEXTをご理解いただくために、U-NEXTはどんなサービスを行っているのかについて解説してます。

 他社との比較やおすすめポイントなどに関しましては別記事「U-NEXTのおすすめポイント」でご紹介しておりますので、よろしかったらご利用ください。

 

 

 

U-NEXTはインターネットを利用した映像や動画の配信サービス

 U-NEXTはインターネットを使用して動画などの作品を利用者に届けるサービスになります。これは他の動画配信サービスも同じです。

 一方、WOWOWやスカパーなどでも映画やドラマを見ることができますが、こちらは放送衛星や通信衛星を使用して利用者に作品を届けるサービスでして、別途アンテナやチューナーといった機器が必要になります。ケーブルテレビでも見ることができますが、その場合もケーブルテレビ用の機器が必要になります。

 U-NEXTの場合は、自宅でインターネットを契約していればBSアンテナなどの機器は必要ありません。インターネット回線とインターネットに接続されたパソコンやスマホ、タブレット、大画面テレビなどがあればいつでもどこでも映画やドラマを見ることができます。

 まとめますと以下のようになります。

サービス名称 使用機器
U-NEXT、dTV、Huluなど インターネット、及びインターネットに接続された
パソコンやスマホなど
WOWOW、スカパーなど(※) BSやCSアンテナ、チューナー、テレビ
※WOWOWやスカパーにはオンデマンドサービスというインターネットを使用した番組配信サービスも行ってます。しかしU-NEXTなどに比べますと作品本数は圧倒的に少ないです。

 

ジャンルは、映画、ドラマ、漫画、書籍、音楽など幅広く用意されている

 U-NEXTが保有している作品のジャンルは以下の通りです。

動画

  • 映画(洋画、邦画)
  • ドラマ(海外、国内、韓流、他のアジアなど)
  • アニメ
  • キッズ
  • ドキュメント
  • バラエティー
  • 自社オリジナル番組
  • アダルト

音楽

  • ミュージックビデオなど
  • カラオケ
  • USEN

電子書籍

  • コミック
  • 書籍
  • 雑誌

 

 U-NEXTは、動画に関しましてほぼ全てのジャンルが網羅されていると思います。

 映画やドラマ、アニメなどは動画配信サービスである以上あって当たり前ですよね。中でも、小さなお子さんをお持ちの方に取りましては、あって嬉しいのがキッズ作品ではないでしょうか。

 車内で泣きわめていてもキッズ向けの番組を見せてあげれば心配ご無用です。

 電子書籍を良く購入される方にとっては書籍関係のサービスは便利ですね。別記事で書いてますが、U-NEXTの電子書籍は他の電子書籍サービスに比べて価格が安いものが多いというメリットもあります。

 でも、ジャンルは幅広くても作品保有数が少なければ意味ないですよね。

 次は作品保有数についてご紹介します。

 

動画作品の保有数は圧倒的な120000本以上

 U-NEXTの動画作品の保有数は120000本以上と公表されています。この数は国内の動画配信サービスではトップクラスです。

 でもU-NEXTの月額利用料金を支払ったとしても、その全てが見られるわけではありません

 作品には見放題とポイント利用の2種類があります。ポイント利用の作品は、U-NEXTポイントを購入して、そのポイントを使用することによって見ることができるようになります。

 月額料金を支払うことで無料で見ることができるのは見放題作品だけです。

 では実際に見放題作品数はどのくらいなのでしょうか。見放題数は公表されていないのですが、感覚として知っておきたかったので、自分で調べてみました。見放題作品はちょっとしかなくて、ポイントを利用しないといけない作品が多かったら悲しいですもんね。

 U-NEXTの公式サイトには作品検索機能がありますので、それを使って作品数を調べようとしたのですが、結構大変でした。

 色々試行錯誤しましたが、最終的には見放題作品数とポイント利用作品数はほぼ半々ということが分かりました。

(2018年7月追記)
 U-NEXTの公式サイトに見放題作品数と有料(レンタル)作品数が公表されました。見放題数80000本以上、有料(レンタル)作品数40000本以上だそうです。総本数は120000本以上となってました。

 この結果が正しいとしますと、見放題数もトップクラスであると言えます。

 ところで、ここに出てきたU-NEXTポイントなのですが、実は正会員になりますと、自由に使えるU-NEXTポイントが1200円分も毎月1日にチャージされるのです。もちろん月額料金は、そのU-NEXTポイント込みの価格です。

 

見る方法も多数用意されている

 U-NEXTは動画配信サービスですので、見るためにはインターネットに接続された機器が必要です。

 見ることでできる機器としましては、以下のものがあります。

  • スマホ、タブレットなどのモバイル機器
  • 大画面テレビ
  • ゲーム機
  • パソコン

以下でもう少し詳しくご紹介します。

スマホ、タブレットなどのモバイル機器

 U-NEXTは、iPhoneやiPadなどApple社のiOSを搭載したスマホやタブレット、もしくは、Androidを搭載したスマホやタブレットで見ることができます。

 見る場合は、U-NEXT専用アプリをインストールする必要があります。

 アプリの動作環境は以下の通りです。

 iOS
デバイス iPhone/iPad/iPod touch
バージョン iOS9.0以上
インストール App Storeから
Android
デバイス Android搭載スマホ/タブレット
バージョン Android4.2以上
インストール Google playから

 スマホで動画を見る場合は、Wifiで利用する方が多いと思います。動画はデータ転送量が大きいですので、通常のデータ通信ですとすぐに月ごとの容量制限に引っかかってしまうようになります。

 でも、どこでもWifiがあるかと言えばそうともいえないのが現状ですよね。

 そんなときに便利なのがU-NEXT専用アプリのダウンロード機能です。外出前など、ご自宅にいてWifiが利用可能な時に見たい作品をダウンロードしておきます。そうすることによっていつでもどこでも動画を見ることができます。しかもサクサクと。

 でも、全ての作品がダウンロードできるわけではありませんのでご注意ください。

大画面テレビ

 大画面テレビでU-NEXTを見る方法は以下の3種類あります。

  • テレビ内蔵のU-NEXT視聴機能で見る方法
  • Chromecastやfire TV stickなどを利用して動画を見る方法
  • セットトップボックスを使用する方法

 最近では、国内メーカーのここ数年に発売されたほとんどのテレビにU-NEXT接続機能が付いているようです。対応メーカーはU-NEXT公式サイトで確認することができます。

 もうひとつのChromecastやAmazon Fire TV stickなどの外部機器ですが、こちらは結構色々な機器がU-NEXTに対応しているようです。最新情報はU-NEXTの公式サイトでご確認ください。

 ちなみに、ChromecastやAmazon Fire TV stickはU-NEXTに対応しております

 ちょっと高いですがU-NEXT純正のU-NEXT TVというセットトップボックスもありますが、コスパ的には微妙です。

ゲーム機

 ゲーム機は以下が対応してます。

  • PlayStation4(PS4)(Proを含む)
  • PlayStation Vita
  • PlayStation Vita TV

 U-NEXTは2017年8月末にPS4に対応しました。これで利用者もさらに増えるのではないでしょうか。

パソコン

 パソコンはWindowsとMacどちらにも対応しております。ブラウザを使用して見ることになりますので、結構前のパソコンでもたぶん大丈夫でしょう。

 Windowsの場合は、Windows 7 SP1以降だったら見れます。Macの場合は、Mac OS 10.5.7以降で大丈夫です。

 使用するブラウザの条件もありますので、U-NEXT公式サイトの推奨環境を念のためご確認いただければと思います。

 

 このように様々な機器でU-NEXTを見ることができます。また「続き再生機能」という機能がありまして、ある作品をテレビで途中まで見て、続きはスマホで見る、といったことが簡単にできるようになっています。これはとても便利ですよ。

 

画質は基本的にフルHD(一部未対応作品あり)

 U-NEXTは基本的にフルHD画質(解像度1920×1080)で作品を配信しているそうです。でも、インターネット回線の品質によってはHD画質(解像度1280×720)に自動的に落ちるそうです。

 ちなみにDVDソフトの画質(解像度)は720×480ですので、画質がHD画質に落ちたとしてもDVDソフトより上ということになりますね。タブレットやパソコンで見る分には問題ないでしょう。

 大画面テレビで見る場合には、なるべく高画質で見たいですね。

 さらにU-NEXTは4Kの画質にも対応しているそうです。でも現時点ではほんの一部の作品(※)しか4K対応作品は配信していないそうです。でも、4Kの作品も配信できる環境は整っているということになりますので、これは評価すべき内容です。

(※)U-NEXTはNHKオンデマンドと提携していまして、別料金を支払えばNHKオンデマンドの作品を見ることができます。4Kでみれるのは、現状ではこのNHKオンデマンドの一部の作品だけのようです。

 

本記事のまとめ

 最後に本記事をまとめさせていただきます。

  • U-NEXTはインターネットを利用した映像や動画の配信サービス
    WOWOWやスカパーとは作品の配信方法が異なる 
  • 映像作品だけではなく、音楽や電子書籍など幅広い分野の作品を楽しめる
    電子書籍は他の書籍サービスよりお得に購入できるものが多い
  • 保有作品数も見放題動画本数も業界トップクラス
    全ての作品が見放題というわけではなく、ほとんどの作品が有料というわけでもない
  • 見る方法は多数用意されている
    スマホ、タブレット、ゲーム機、テレビそれぞれで楽しめる。ダウンロード機能や続き再生機能もある
  • 画質はDVDソフトより高画質
    本数は少ないが4K画質の作品も見れる。というか4K作品を見れる環境が既に整っている

 こんなU-NEXTですがいかがでしょうか。

 とりあえず31日間無料で試せますので可能であれば試してみるのもよろしいかと思います。

 長文になってしまい申し訳ありません。最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。