Scratch3.0入門 「音」の「終わるまで◇の音を鳴らす」ブロック 使い方を実例付きで解説

Scratch

終わるまで◇の音を鳴らすブロックの解説

 

 本記事では「音」カテゴリの「終わるまで◇の音を鳴らす」ブロックの使い方を実例付きで分かりやすく解説しております。

 

 「終わるまで◇の音を鳴らす」ブロックは、プログラムの実行中、好きなときに好きな音を鳴らすためのものです。

 以下で詳しく具体的に解説します。

 

 Scratchのプログラミングを学ぶ上で、個々のブロックの本質を理解することはとても大事なことだと考えます。

 お役に立てれば幸いです。

 

 Scratch(スクラッチ)の基本的なことや全般的な内容に関しましては以下の別記事をご覧ください。

 

 

「音」の「終わるまで◇の音を鳴らす」 動作内容とオプションの解説

 まずは基本的な動作や指定可能なオプションについて解説していきます。

 

基本動作

 

  1.  「◇」に指定した音を鳴らす
  2.  音が鳴り終わるまで次のブロックの処理にうつらない
  3.  鳴らす音は自由に選べる

 

 個々の項目に関しましては次章で解説します。

 

 ブロックの形状はスタックブロックです。

 ブロックの上下に色んなブロックを重ねられます。

 

指定可能なオプション

 以下の値を指定できます。

 

指定する場所
終わるまで◇の音を鳴らすブロックのオプション1(←青枠部分)
入力方法
プルダウンメニュー
指定する内容
Scratchに登録されている音
単位
なし
入力する文字種
なし
備考
音はあらかじめ用意されているものだけでなく、作ることも可能

 

 

 

「音」の「終わるまで◇の音を鳴らす」の主な使い方

 具体的な使い方を実例をまじえて解説します。

 

「◇」に指定した音を鳴らす

 「終わるまで◇の音を鳴らす」ブロックをスクリプトエリアに置いてください。

 最初は「ニャー」と鳴くように設定されています。

終わるまで◇の音を鳴らすブロックを置く

 

 置きましたら「終わるまで◇の音を鳴らす」ブロックをマウスでクリックしてみましょう。

 クリックする場所は「ニャー」と書いてある枠以外でお願いします。

 タブレットの場合はブロックをタップします。

 

 「ニャー」と音が鳴りましたでしょうか。

 

音が鳴り終わるまで次のブロックの処理にうつらない

 「終わるまで◇の音を鳴らす」ブロックで音が鳴りましたら、鳴り終わるまで次のブロックの処理を行いません。

 音が最後まで鳴り終わったら次のブロックの処理に移ります。

 

 次のプログラムを作って試してみます。

実験プログラムを作る

 

 実行しますと、「ニャー」と鳴き終わってからネコは進み始めます。

 

 場面によっては、音が鳴るとすぐに次の処理にうつりたいときもあると思います。

 

 その場合は「◇の音を鳴らす」ブロックで実現可能です。

 このブロックに関しましては「◇の音を鳴らす」ブロックの解説記事をご覧いただければと思います。

 

鳴らす音は自由に選べる

 ブロック内の「ニャー」と書いてある部分をクリックしますとプルダウンメニューが表示されます。

プルダウンメニューの中身

※「録音」はパソコンやタブレットに付いているマイクで音を録音する場合に使用します。本記事では省略させてください。

 

 鳴らしたい音はこのメニューで選択して設定します。

 メニューには、今お使いのScratchに登録されているものが表示されます。

 

 音を登録するには、ブロックパレットのすぐ上にあります3つのタブの中の「音」タブを選択してください。

音タブの内容

 

 画面左に登録されている音が並びます。

 現在登録されている音は「ニャー」だけですね。

 

 音を追加する場合は画面左下のスピーカーアイコンをクリックします。

音を追加する

 

 色んな音の一覧表が表示されました。

Scratch音の一覧表

 

 音の名前が英語表記ですので分かりづらいかもしれませんが、なんとなくわかると思います。

 紫色の「Play」ボタンのアイコンにマウスのカーソルを乗せますと、音を確認することができます。

 

 お気に入りの音が見つかりましたら、その音のアイコンをクリックすることであなたのScratchに登録されます。

 登録した音はプログラムの中で使用することができるようになります。

 

 試しに「A Guitar」(ギターの音)を追加してみました。

 再度ブロックのプルダウンメニューを見てみます。

音を追加した後のメニューの内容

 追加されていますね。

 

 録音や音の編集など、音に関する詳細は別記事でご紹介させてください。

 

 

まとめ

 スプライトに動きに合わせて音を鳴らしてあげますと印象がガラッと変わります。

 音カテゴリのブロックの使い方を理解して楽しいプログラムを作ってみましょう!

 

 本サイトでは他にもScratchに関する記事を公開しております。

 よろしかったらご利用ください。

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

(参考)

Japanese Scratch-Wiki 公式サイト

困ったときはいつもこのサイトを参照しています

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました