Scratch3.0入門 「調べる」の「○キーが押された」ブロック 使い方を実例付きで解説

Scratch
○キーが押されたブロックの実例

 本記事では、Scratch(スクラッチ)3.0で使える「調べる」カテゴリの「○キーが押された」ブロックを実例付きで分かりやすく解説しております。

 「○キーが押された」ブロックは、キーボードで指定したキーが押されたかどうかを確認するためのものです。

 「○キーが押された」ブロックが実行されたタイミングでキーが押されたか確認するため、ブロックの設置場所に注意が必要です。

 以下でもっと具体的に解説します。

 Scratch(スクラッチ)のプログラミングを学ぶ上で、個々のブロックの本質を理解することはとても大事なことだと考えます。

 お役に立てれば幸いです。

 Scratch(スクラッチ)の基本的なことや全般的な内容に関しましては以下の別記事をご覧ください。

「調べる」の「○キーが押された」ブロック 形状とオプション(Scratch3.0)

 始めに、本記事で解説しますブロックの形状と指定可能なオプションについて説明します。

ブロックの形状

 ブロックの形状は真偽ブロックです。

 ブロックに書いてある条件を確認します。

指定可能なオプション

 以下の値を指定できます。

指定する場所
○キーが押されたブロックのオプション(←赤枠部分)
入力方法
プルダウンメニュー
指定する内容
スペース、上向き矢印、下向き矢印、
右向き矢印、左向き矢印、どれかの、
a~z(半角)、0~9(半角)
単位
なし
入力する文字種
メニューから選択
備考
特記無し

「調べる」の「○キーが押された」ブロックの解説(Scratch3.0)

 本記事で解説する内容や押さえておきたいポイントは以下のとおりです。

  1.  指定したキーが押されていることが分かる
  2.  「○キーが押された」ブロックが実行されたタイミングで確認される

 具体的な使い方を実例をまじえて解説します。

指定したキーが押されていることが分かる

 「○キーが押された」ブロックは真偽ブロックですので、ブロックを単独でスクリプトエリアに置いただけでは何もしてくれません。

 おもに、制御ブロックに設定する条件として利用されます。

 ためしに、スペースキーが押されたらネコスプライトが「こんにちは!」と言ってくれるプログラムを作成してみましょう。

 制御ブロックの「もし〇〇なら」ブロックを使用してプログラムを作成します。

1回確認しただけでプログラムは終了してしまう

 これですと、実行したタイミングでスペースキーが押されているかを1回確認しただけでプログラムは終了してしまいます。

 下のように「ずっと(繰り返す)」ブロックを使用して、スペースキーが押されているかをずっと確認させましょう。

ずっと(繰り返す)ブロックでループさせる

 スペースキーを押すたびにネコスプライトが「こんにちは!」と言ってくれるようになりました。

※プログラムを終了する場合はステージエリア上部の赤丸ボタンを押して下さい。

「○キーが押された」ブロックが実行されたタイミングで確認される

 「○キーが押された」ブロックは、実行されたタイミングで指定されたキーの状態を確認します。

 ですので、例えば以下のような場合は、指定したキー(例では下向き矢印キー)を押しても「○キーが押された」ブロックは確認できないことになります。

ブロックが実行されたときにキーが押されているか確認する

 「○と聞いて待つ」ブロックは、何か入力してEnterキーを押さないとプログラムの処理は中断したままです。

 「○キーが押された」ブロックは、制御ブロックの「ずっと(繰り返し)」ブロックや「○まで待つ」ブロックなど、繰り返し処理や条件を満たすまで中断する処理などで使いましょう。

まとめ

 特定のキーが押されたことが分かるブロックは、ゲームなどの動きのあるプログラムを作る場合によく利用されます。

 調べるカテゴリのブロックの使い方を理解して楽しいプログラムを作ってみましょう!

 本サイトでは他にもScratch(スクラッチ)に関する記事を公開しております。

 よろしかったらご利用ください。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

(参考)

Japanese Scratch-Wiki 公式サイト

困ったときはいつもこのサイトを参照しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました