イオンモバイルの評判や料金、速度、キャンペーン情報などをご紹介


 

 イオンモバイル(AEON MOBILE)はイオングループであるイオン(株)が運営する携帯電話サービスです。

 

 イオンモールを運営するイオン(株)は、日本人なら知らない人はいない超有名な会社ですね。

 

 イオンモバイルは2016年2月に誕生しました。

 

 音声通話機能やデータ通信機能、データシェアなど、MVNOとしての基本的なサービスはどれも充実していまして、とても使いやすい格安SIMです。

 

 3大キャリアでは当たり前の複数年縛り契約は、MVNOではほとんど無く、音声通話プランの場合は最低利用期間1年を過ぎるといつでも解約できるというところが多いです。

 でもイオンモバイルはなんといつでも解約可能なのです。

 

 さすがお客様第一主義のイオンといったところでしょうか。

 

 それでは各種プランを詳細に見ていきたいと思います。

 

※記事内の料金は特に記載のない場合は税別で表示しております。

 

 

イオンモバイル(AEON MOBILE)の主な音声通話プラン一覧

 イオンモバイルは、docomo、auの回線を利用可能です。

 回線の違いによって細かな部分(高速通信制限、SMS利用料金など)は異なっているところもありますが、月額基本料金に関しては同額です。

 

 データ容量は、最小500MBから最大50GBまで全11種類の容量が用意されています。

 利用形態が変わってしまって使うデータ容量の増減があっても、プラン変更で対応しやすくて便利ですね。

 

 以下で主な音声通話プランをご紹介します。

 

プラン名 音声
500MB
音声
4GB
音声
12GB
音声
50GB
月額料金(基本料) 1130円 1580円 3280円 10800円
データ通信量 500MB 4GB 12GB 50GB
制限時速度 最大200kbps
データ繰越 翌月に繰越可能
最低利用期間

無し。いつでも解約は可能(※)

(※)契約月(MNP転入を除く)から90日以内にMNP転出する場合は転出料15000円(税別)が必要。91日以降の転出料は3000円(税別)。

 

 通話料金は以下のとおりです。

「イオンでんわ」を利用した場合 10円30秒
「イオンでんわ」を利用しない場合 20円30秒

 

 イオンでんわはイオンモバイル内の電話設備を経由して電話するだけでして、通常の電話回線と同じ品質で通話できます。IP電話ではありません。

 

 イオンでんわは、専用アプリ(無料でダウンロード)を使用して電話をかけるだけで使うことができます。

 利用するためには事前に申し込み(無料)が必要です。

 

 また、イオンモバイルはかけ放題プランも用意しています。内容は以下の通りです。

  イオンでんわ10分かけ放題
概要 10分以内回数無制限かけ放題
料金 音声通話プラン基本料金
+850円
超過時料金 10円/30秒
条件 イオンでんわ利用

 

 例えば、「ドコモ回線の音声プラン6GB」に「イオンでんわ10分かけ放題」オプション付けた場合、1980円+850円の2830円で10分以内でしたら話し放題で、データ通信は6Gまで使えることになります。

 

 他のプランはイオンモバイル公式サイトでご確認ください。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

イオンモバイル(AEON MOBILE)の主なデータ通信プラン一覧

 データ通信プランは最小1GBから始められます。最大50GBまでの全10種類の容量が用意されています。

 

 以下で主なデータプランをご紹介します。

 

プラン名 データ1GB データ6GB データ12GB データ50GB
月額料金(基本料) 480円 1480円 2680円 10300円
データ容量 1GB 6GB 12GB 50GB
制限時速度 最大200kbps
データ繰越 翌月に繰越可能
最低利用期間

無し。いつでも解約は可能(※)

(※)契約月(MNP転入を除く)から90日以内にMNP転出する場合は転出料15000円(税別)が必要。91日以降の転出料は3000円(税別)。

 

 50GBまで利用可能ですので、大容量が必要になった場合でも安心ですね。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

イオンモバイル(AEON MOBILE)の家族向けプラン・シェアプラン

 イオンモバイルには、ご家族やグループなどで他のイオンモバイル利用者とデータ量をシェアするためのサービスが提供されています。

 

 「シェア音声プラン」を選ぶことで、最大4枚の格安SIMを追加することができます。

 

 ご家族やグループのどなたかがシェア音声プランを契約して、さらに追加のSIMを契約します。

 この複数のSIMをそれぞれご家族やグループの方がご利用になることで、シェア音声プランのデータ容量をみなさんでシェアすることが可能になるわけです。

 

 容量は4GBから50GBまで全8容量が準備されています。

 

 以下で主なシェア音声プランをご紹介します。

 

データ通信量 シェア音声
4GB
シェア音声
6GB
シェア音声
12GB
シェア音声
50GB
月額料金(基本料) 480円 1480円 2680円 10300円
データ容量 4GB 6GB 12GB 50GB
制限時速度 最大200kbps
データ繰越 翌月に繰越可能
最低利用期間

無し。いつでも解約は可能(※)

(※)契約月(MNP転入を除く)から90日以内にMNP転出する場合は転出料15000円(税別)が必要。91日以降の転出料は3000円(税別)。

 

 追加するSIMは、音声通話SIMとSMS付データSIM、データSIMの3種類から選べます。

 

 追加する場合のSIMの月額基本料金は以下のとおりです。

SIMの種類 1枚あたりの月額料金
音声通話SIM 700円/月
SMS付データSIM 140円/月
データSIM 無料

※4枚目と5枚目のSIMには上記のほかに月200円の追加利用料がかかります。

 

 わかりにくいと思いますので、ご家族3人でご利用になる場合を想定して料金を計算してみます。

 

 お父さんはシェア音声プランの20GBを契約しまして、奥さんとお子さんは音声通話SIMでその20GBをシェアすることにします。

 さらにお父さんが外出先で使うタブレットにデータSIMをもう1枚追加してみます。

 

 計4枚のSIMを手に入れることになりますね。

 

お父さんの契約内容

 

プラン 1契約月額 人数 合計
シェア音声20GB 4980円 1人分 4980円

 

 

奥さんとお子さんの契約内容

プラン 1契約月額 人数 合計
音声通話SIM 700円 2人分 1400円

 

タブレット分の契約内容

 タブレット分のSIMは4枚目ですので、月額200円の追加利用料がかかります。

 

プラン 1契約月額 人数 合計
データSIM追加
4枚目以降
200円 1人分 200円

 

 

 3人の合計金額は、4980円(お父さん)+1400円(奥さんとお子さん)+200円(タブレット分)=6580円

となりました。

 

 これがもし3大キャリアでしたら、1万円はかるく超えてしまいますね。

 

 実際は、上の値段にかけ放題オプションなどを追加することになります。

 追加したとしても、10分以内かけ放題が月額850円ですので、3人分でプラス2550円になりますが、まだ1万円以内に収まりますね

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

イオンモバイルのカウントフリー(データフリー)

 カウントフリー(データフリー)といいますのは、特定のサービスの通信を契約したデータ容量の対象外にしてくれるプランのことです。

 

 あなたが良く利用されるサービスがカウントフリー(データフリー)の対象になっているかどうか気になりますね。

 

 確認したのですが、イオンモバイルはカウントフリー(データフリー)のサービスは行っていないようです。

 

 でもイオンモバイルは、「イオンモバイル速度切り替え」機能がありますので、データ通信速度を低速にしてデータ容量を消費することなくネットを利用するという使い方ができます。

 

 例えばLINEなどのSNSを利用するくらいでしたら、低速モード(200kbps)でも十分利用可能です。

 

 Youtubeなどの動画系や画像が多いサイトなどはちょっと辛いかもしれないですね。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

イオンモバイル(AEON MOBILE)の月額料金支払い方法

 お支払い方法はクレジットカードのみとなっております。

 

 利用可能なクレジットカードは以下のとおりです。

イオンカード、VISA、MasterCard、JCB

※デビットカードは利用できません。

 

 通常は契約者の方名義のクレジットカードを利用されると思いますが、イオンモバイルは契約者の方以外のクレジットカードでも支払いが可能です。

 その場合は、契約時にクレジットカードの名義人の方の本人確認が必要になります。

 

 もしクレジットカードをお持ちでないのでしたら、良い機会ですのでイオンカードを作ってみませんか?

 年会費などはかかりませんよ。

 ミニオンのキャラクターカードもあるようですね!

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

イオンモバイル(AEON MOBILE)のおすすめ度

 共通的な基準で評価したMVNO各社のおすすめ度になります。

 

 各項目の意味と基準、簡単な解説は表のあとに掲載してます。

利用可能回線
プランのシンプルさ
データ通信品質
シェアプラン
料金
支払方法

 

利用可能回線

 評価:4点 

 

 docomoとauの2回線が利用できます。

 

プランのシンプルさ

 評価:5点 

 

 docomoとauで利用回線が違っても月額料金は変わりませんので、プランがとてもシンプルになっています。

 

 基本的に、音声通話SIMかデータSIM、SMS付データSIMを選んで、あとはデータ容量を決めるだけです。

 

データ通信品質

 評価:3点 

 

 深夜の時間帯はかなり速度が出ているのですが、通勤時間帯やお昼休みは1Mbpsを切ってしまうことが多いようです。

 一番使う時間帯で速度が出ていませんのでマイナスポイントですね。

 

シェアプラン

 評価:4点 

 

 データSIMのみのシェアプランが無いのがちょっと気になる程度です。

 

 プラン内容は分かりやすくて良いと思います。

 

料金

 評価:5点 

 

 イオンモバイルは、MVNOとして基本的な内容はほぼ揃っているわりには、月額料金が安いんですよね。

 

 音声通話の便利なサービスをやらない代わりに、データSIMを格安で提供するといったMVNOがあったりするのですが、イオンモバイルは音声通話もデータ通信もしっかりしたプラン内容が用意されているのに料金が安めなんです。

 

 私はとても評価しています。

 

支払方法

 評価:3点 

 

 クレジットカードのみということで3点(普通)です。残念ですね。

 

 企業努力でぜひ口座振替をできるようにしていただきたいです。

 

※データ通信品質の評価は、実測データをネットで公開している以下のサイトを参考にさせて頂いております。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

イオンモバイル(AEON MOBILE)の事務手数料一覧

 

 格安SIM関係の手続きでは、SIMカードの発行をともなう場合が結構ありますので、「SIMカード発行料」も合わせて掲載しております。

手続き 事務手数料 SIMカード発行料
新規契約 3000円
回線変更 新規契約手数料
3000円
データ容量変更 無料(同一プラン・タイプに限る)
SIMカード追加 3000円
SIMカード変更・再発行 3000円
名義変更 3000円
MNP転出 3000円(※)
解約時 違約金など無し

 

(※)利用開始翌月から90日以内にMNP転出した場合は契約解除料が発生

■ 本記事の目次に戻る ■

 

イオンモバイル(AEON MOBILE)の主なオプションサービス

 各プランに付けられるオプションの一覧です。

 

 オプションは基本的にプラン共通のものがほとんどですが、MVNOによってはプラン毎に異なる条件のあるオプションがあったりします。その場合は特記事項として記載しております。

 

一時的にデータ容量を追加する

 

データ容量追加 1GB 480円/回 1回1GB増やすことができまして480円
です。
データSIMの種類によってはひと月の
追加回数に上限があります。

 

 

データ容量を他の利用者とシェアする

 上の「イオンモバイルの家族向けプラン・シェアプラン」の章でご紹介しました。

 

 おひとりで5枚までのSIMを契約可能でして、4枚目以降からは以下の利用月額料金が必要になります。

 

追加利用料金 200円/月 4枚目と5枚目のSIMには左記の料金が必要

 

 

複数回線を契約することで料金が割引になる

 イオンモバイルにはありません。

 

高速通信と低速通信を切り替えられる

 イオンもバルの専用アプリ「イオンモバイル速度切り替え」を利用することで、ネットの回線速度を契約したデータ容量まで使える高速通信モードとデータ容量が減らない低速通信(節約モード)を切り替えることができます。

 

 お仕事中や深夜などスマホを使用しない時間帯は節約モードにしておくと、自動で通信するアプリのデータ容量を節約できますよ。

 

 ネットをそれほど利用されない方は常時節約モードにされている方も多いですね。必要な時だけ高速モードにする感じです。

 

イオンモバイル
速度切り替え
無料 高速通信と低速通信モード)を切り替えることが
できます。

 

 

バースト転送機能

 

バースト転送機能 無料
(標準装備)
データ容量超過による速度制限(200kbps)
になっても、「低速モード」に切り替えて
も、最初の一定量のデータ読み込みは高速に
なります。

 

 

テザリング

 スマホにタブレットなどをWifiで接続させて、スマホ経由でタブレットをインターネットに接続させることができます。

 

テザリング 無料 可能がどうかはスマホに依存します。
事前の申請は不要。

 

 

イオンモバイルのメールアドレス

 イオンモバイルのメールアドレスはありません。

 GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスをご利用いただくことになります。

 

ウィルス対策オプション

 

イオンスマホ
セキュリティ
150円 KINGSOFTが提供しているセキュリティソフトを
ご利用いただくことになります。
全世界で1億人以上が利用している実績のあるソ
フトです。

 

 

スマホの紛失や破損、故障などが発生した場合の補償サービス

 

イオンスマホ
安心保証
350円/月
450円/月
イオンモバイルで購入したスマホが壊れても
少しだけ負担金を支払えば交換してくれます。
機種によって月額料金が異なります。
イオンモバイル
持ちこみ保証
550円/月
650円/月
イオンモバイルを利用中のスマホが対象で修
理や交換に応じてくれるサービスです。
交換の場合は負担金が必要になります。
機種によって月額料金が異なります。

 

 

スマホの紛失や破損、故障などに備えるバックアップサービス

 イオンモバイルによりますバックアップサービスはありません。

 

 一般向けのサービスをご利用ください。

 

 

留守番電話、着信転送、三者通話などあったら便利な電話向けオプション

 

留守番電話 300円/月 一般的な留守番電話
スマート留守電 290円/月 留守番電話の内容をメールやSNSで確
認することができます
割り込み
電話着信
200円/月 NTTdocomoの「キャッチホン」相当の機能

 

 

お子様やお年寄りの方向けの見守りオプション

 イオンモバイルでは用意されていませんでした。一般向けのサービスをご利用ください。

 

IP電話サービスの割引オプション

 

050かけ放題 1500円/月 ひと月1500円でIP電話がかけ放題

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」では、おすすめランキングや知って得する情報などを公開してます。

 よろしかったらご利用ください!

■ 本記事の目次に戻る ■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください