[2018年10月] 容量3GBのSMS付データSIMで速度切替機能があるおすすめ格安SIMランキング


 

 本記事では、容量3GBのSMS付データSIMで速度切替機能があるおすすめMVNOをランキング形式でご紹介しております。

 

 データSIM(データ通信専用SIM)は、機種変更して使わなくなったスマホをカーナビとして使ったり、タブレットに挿す方もいらっしゃるでしょう。

 中にはガラホとスマホの2台持ちでスマホにデータSIMを挿すといった方も見かけますね。

 

 必要なデータ容量は、スマホやタブレットを何に使うかによって変わってくるのですが、例えばカーナビ程度でしたらそれほど高速通信は必要なくて、低速(200kbps)でも動作すると思います。

 でも最初の地図の読み込みに時間がかかる場合がありますので、ちょっとだけデータ容量を付けて、さらに速度切替機能(※)もあった方がよいですね。

 

 タブレットの場合は、通常はWifiがあるところで使っていて、たまに外出先でも使うということを想定してみました。

 MVNOにすると3大キャリアが運営している無料Wifiが使えなくなりますが、ファストフードやカフェ、コンビニなどの店舗が独自に無料Wifiを提供しているところって結構あるんですよね。

 

 あと、SMS機能付を対象にしたのは、たまにショートメッセージを使った認証が必要になる場合がありますので、私として必須と考えているからです。

 

(※)速度切替機能といいますのは、MVNOが提供しているスマホのアプリなどで利用可能な機能でして、データ通信の速度を、制限がかかっていない高速モードと、制限のかかった低速モードを切り替えることができます。

 低速モードの通信はデータ容量の対象外になるのがこの機能のポイントです。

 

 ランキングは各プランの月額料金で決めております。

 

 本記事でランキング対象となっているMVNOは以下のとおりです。

※順不同です

 

 

 

[利用回線:docomo] 容量3GBのSMS付データSIMで速度切替機能があるおすすめ格安SIMランキング

 docomo回線を利用する場合のおすすめランキングです。

 

 それでは1位から順にご紹介していきます!

 

 

 1位 DMMモバイル

 

プラン名 データ容量 月額料金
シングルコース
データ通信SIMプラン
3GB/月 850円
SMS月額料金 合計月額料金
150円 1000円

 

利用回線 docomo

 

 DMM mobileは業界最安値を目標に、サービス品質を維持しつつ、サポート面をネットに絞ったり、その他企業努力により低料金を実現しているMVNOです。

 

 データ容量が3GBのプランは人気の高い容量でして、ちゃんとその料金を業界最安値にしてくるところがさすがDMM mobileだと思います。

 

 料金が安い分、オプションサービスが他のMVNOより少なかったりするのですが、それが気にならない方にとってはおすすめです。

 

 詳しくはDMMモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 転送電話のみ
MVNOでんわ有無 DMMトーク
ネット回線品質 普通
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) 無し
データ容量繰越 翌月まで
データシェア 無し
バースト転送機能 調査中
データ容量追加 無し
データフリー あり

 

 

 2位 OCN モバイル ONE

 

プラン名 データ容量 月額料金
日単位コース 110MB/日 900円
SMS月額料金 合計月額料金
120円 1020円

 

利用回線 docomo

 

 MVNOは普通、データ容量はひと月あたりの容量でプランを作っています。

 

 もちろんOCNモバイルONEそうなのですが、それ以外も1日あたりのデータ容量のプランが用意されています。

 

 今回ご紹介したプランは1日110MBまで高速通信が可能ですので、ひと月に換算しますと約3.3GBになりますね。業界トップクラスの安さです。

 

 あなたのデータ容量の使い方にマッチするようでしたら、検討してみてはいかがでしょうか。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはOCN モバイル ONEの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 OCNでんわ
ネット回線品質 平均以上
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 3位 楽天モバイル

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
組み合わせプラン 3.1GB/月 900円
SMS月額料金 合計月額料金
120円 1020円

 

利用回線 docomo

 

 OCNモバイルONEと同様に、楽天モバイルも人気の3GBを増量する技を使ってきました。0.1MBだけ多くなっています。

 次の4位mineoと月額料金は同額なのですが、楽天モバイルの方がちょっとだけ量が多いので3位になりました。

 

 格安SIMは本当に料金が安いので、ほんの数10円で差が出てくる厳しい世界ですね。

 

 サービス的にも特に問題はありませんので、気になる方はもっと詳しくご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

 今回は「組み合わせプラン」といいます一般的なプランのご紹介になりましたが、「スーパーホーダイ」といいます楽天会員がとても得するプランもありますので、ぜひご検討ください。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくは楽天モバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 楽天でんわ
ネット回線品質 平均以上
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 4位 mineo

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
ドコモプラン
シングルタイプ
3GB/月 900円
SMS月額料金 合計月額料金
120円 1020円

 

利用回線 docomo

 

 3位の楽天モバイルと月額料金は同じなのですが、データ容量の0.1GBに泣いてしまいましたmineoです。

 

 楽天モバイルは、どちらかといいますと楽天会員向けのMVNOですが、mineoは3大キャリア全て利用可能というメリットを活かして、どなたでも使いやすいMVNOだと思います。

 

 「マイネ王」というコミュニティサイトを開設していまして、ネットでの手厚いサポートを行っています。

 

 また、直営店を含む、全国に実店舗のサポートショップを持っていますので、対面サポートがお望みの方も利用しやすくなっているのも特徴のひとつです。

 

 私が大好きなMVNOの中のひとつなんですよね。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはmineoの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 mineoでんわ
ネット回線品質 平均以上
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 5位 exciteモバイル

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
最適料金プラン 3GB/月まで 880円
SMS月額料金 合計月額料金
140円 1020円

 

利用回線 docomo

 

 exciteモバイルは、音声通話プランよりもデータ通信プランの方が強いMVNOです。

 

 データ通信のプランは、良くあるデータ容量が決まった「定額プラン」と、その月に使った分に応じて料金が決まる「最適料金プラン」の2種類あります。

 

 1年を通して、データを使う月と使わない月の差が激しい場合は「最適料金プラン」にしますと、かなり節約できます。

 

 5位に入ったのは「最適料金プラン」の方でした。

 

 ご注意いただきたいのは、データ容量が3GBまでの料金としましてはお安いのですが、3GBをちょっとでも超えてしまいますと4GBまでの料金になってしまいます。

 それがちょっと怖いですね。

 普通はデータ容量をオーバーすることで通信速度制限がかかってしまうとこなのですが。

 

 詳しくはexcite(エキサイト)モバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 無し ×
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 無し ×
ネット回線品質 普通
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 6位 IIJmio

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
ミニマム
スタートプラン
3GB/月 900円
SMS月額料金 合計月額料金
140円 1040円

 

利用回線 docomo

 

 ネットワーク業界の先駆け企業であるIIJ(インターネット・イニシアティブ・ジャパン)の格安SIMです。自社でMVNOを運営しつつ、同業他社への運営支援を行うMVNEとしても大活躍しています。

 

 データ通信プランは、3GB、6GB、12GBの3種類のみですので、スマホの利用形態が変わってデータ容量を変更しようと思ったときに対応がし辛いのが難点です。

 データをちょっとだけ追加する方法もあるのですが、あれってけっこう割高なんですよね。

 

 その他には特に目立った問題点はありません。

 

 運営会社が巨大なだけに、業界トップクラスの安定感のMVNOです。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはIIJmioの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 みおふぉんダイアル
ネット回線品質 普通
データ容量の種類 3種類
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 7位 exciteモバイル

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
定額プラン 3GB/月 900円
SMS月額料金 合計月額料金
140円 1040円

 

利用回線 docomo

 

 exciteモバイルは本ランキングの5位でご紹介したばかりですが、再び登場です。

 

 先ほどは「最適料金プラン」といいます、ひと月の使用データ量によって月額料金が決まるプランでしたね。

 今回はよく見かけます最初にデータ容量を決める「定額プラン」です。

 

 「最適料金プラン」がよいか「定額プラン」がよいかは、あなた次第ですので、まずはデータ容量が少なめのプランで始めて、何度かプラン変更してお試しになるのがよろしいかと思います。

 

 詳細は5位の内容と同じですので、そちらをご覧ください。

 

 公式サイトはこちらです。

 

 

 8位 イオンモバイル

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
定額プラン 4GB/月 980円
SMS月額料金 合計月額料金
140円 1120円

 

利用回線 docomo

 

 ショッピングモールで超有名な「イオン(AEON)」の格安SIMです。

 

 データ容量が3GBピッタリのプランはありませんので、4GBのプランを採用しました。

 本ランキングトップが3GBで1000円でしたので、プラス120円で1GB増えると考えた場合、いい勝負だと思いませんか。

 

 イオンモバイルは、MVNOとしての総合力ではトップクラスですので、120円程度の差額は元が取れそうという考え方もあります。

 

 おすすめです!

 

 詳しくはイオンモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 イオンでんわ
ネット回線品質 普通
データ容量の種類 5種類以上
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア あり
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー あり

 

 

 9位 OCN モバイル ONE

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
月単位コース 3GB/月 1100円
SMS月額料金 合計月額料金
120円 1220円

 

利用回線 docomo

 

 OCNモバイルONEは本ランキングの2位でご紹介したばかりですが、再び登場です。

 

 先ほどは1日で110MBの容量制限というちょっと変わったのプランでしたね。

 今回はよく見かけます最初にデータ容量を決める「定額プラン」です。

 

 日単位の容量制限は向いていない方にはこちらがおすすめですね。

 毎日決まった使い方をする方には日単位でも良いかもしれませんが、そうでない場合は月単位の容量制限の方が使い勝手が良いと思います。

 

 詳細は2位の内容と同じですので、そちらをご覧ください。

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはOCN モバイル ONEの公式サイトはこちらです。

 

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

docomoのランキングはここまでにします。次はauのランキングです!

 

[利用回線:au] 容量3GBのSMS付データSIMで速度切替機能があるおすすめ格安SIMランキング

 

 ここからは利用回線がauのプランのご紹介です。

 

 1位 mineo

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
  3GB/月 900円
SMS月額料金 合計月額料金
無料 900円

 

利用回線 au

 

 au回線が利用可能な格安SIMは、どこのMVNOでもSMS利用料金が無料です。もしSMS付データ通信プランをご利用するのでしたら、au回線を利用した方がお得です。

 

 docomo回線利用では4位でしたがau回線では1位に入りました。

 

 詳細はdocomo回線の内容と同じですので、そちらをご覧ください。

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはmineoの公式サイトはこちらです。

 

 

 1位 IIJmio

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
ミニマム
スタートプラン
3GB/月 900円
SMS月額料金 合計月額料金
無料 900円

 

利用回線 au

 

 利用回線がdocomoのランキングでは6位だったのですが、利用回線がauの方では同額で1位になりました。

 

 詳細はdocomo回線の内容と同じですので、そちらをご覧ください。

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはIIJmioの公式サイトはこちらです。

 

 

 3位 イオンモバイル

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
定額プラン 4GB/月 980円
SMS月額料金 合計月額料金
無料 980円

 

利用回線 au

 

 利用回線がdocomoのランキングでは8位だったのですが、利用回線がauの方では同額で1位になりました。

 

 詳細はdocomo回線の内容と同じですので、そちらをご覧ください。

 

 公式サイトはこちらです。

 

 

 4位 UQモバイル

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
データ高速プラン 3GB/月 980円
SMS月額料金 合計月額料金
無料 980円

 

利用回線 au

 

 UQモバイルは回線の品質が非常に高く、一般的に速度が遅くなる時間帯(通勤時間帯やお昼休みなど)でも高速通信を提供できるMVNOです。

 運営会社は、UQコミュニケーションズ(株)といいますKDDIグループの会社でして、利用回線はもちろんauのみです。

 

 UQモバイルは、「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」が絶賛売り出し中なのですが、今回ランクインしましたのは「データ高速プラン」といいますシンプルなプランになります。

 

 音声通話SIMが不要な方でデータ容量が3GB程度欲しい方は、「データ高速プラン」をおすすめします。

 

 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはUQモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

 

その他の評価ポイント 内容 評価
電話プランの種類 5分以内かけ放題あり
通話向けオプション 豊富
MVNOでんわ有無 なし ×
ネット回線品質 高品質
データ容量の種類 3種類
速度切替(高速/低速) あり
データ容量繰越 翌月まで
データシェア なし ×
バースト転送機能 あり
データ容量追加 あり
データフリー なし ×

 

 

 5位 楽天モバイル

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
組み合わせプラン 3.1GB/月 1020円
SMS月額料金 合計月額料金
無料 1020円

 

利用回線 au

 

 利用回線がdocomoのランキングでは3位だったのですが、利用回線がauの方では5位になりました。

 

 詳細はdocomo回線の内容と同じですので、そちらをご覧ください。

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくは楽天モバイルの公式サイトはこちらです。

 

 

 

最後はSoftBankのランキングです!

 

[利用回線:SoftBank] 容量3GBのSMS付データSIMで速度切替機能があるおすすめ格安SIMランキング

 

 1位 mineo

 

プラン名 データ容量 月額料金(内SMS料金)
  3GB/月 990円
SMS月額料金 合計月額料金
180円 1170円

 

利用回線 SoftBank

 

 私が調査した範囲のMVNOでは、利用回線がSoftBankで条件を満たすのはmineoしか見つけることができませんでした。

 

 どなたか情報をお持ちでしたらいただきたいです!

 

 料金以外の詳細はdocomo回線の内容と同じですので、そちらをご覧ください。

 

 本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはmineoの公式サイトはこちらです。

 

 

ランキングは以上です!おつかれさまでした!!

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

まとめ

 速度切替機能をうまく使うことでかなりデータ容量を節約することができます。

 

 普段は低速通信を使用して、高速通信が必要な場合はなるべくWifiを利用し、どうしても仕方がない場合だけ速度切替機能で高速通信を使用する、という使い方がストレスなくできるのでしたら、データ容量が3GBでかなりのことができるのではないでしょうか。

 

 一度試してみて、データ容量が合わないのでしたら、プラン変更して調整すればよいだけです。

 ほとんどのMVNOはデータ容量に関するプラン変更はひと月に1回は自由にできます。

 

 プラン変更のしやすさのことを考えますと、データ容量の種類が多いMVNOがおすすめですね。

 

 あなたにピッタリの格安SIM探しのお役に立てれば幸いです。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 「格安SIM道しるべ」では、その他のランキングを用意しておりますのでよろしかったらご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください