Scratch3.0入門 「見た目」の「コスチュームを◇にする」ブロック 使い方を実例付きで解説

Scratch

コスチュームを◇にするブロックの解説

 

 本記事では、Scratch(スクラッチ)3.0で使える「見た目」カテゴリの「コスチュームを◇にする」ブロックを、実例付きで分かりやすく解説しております。

 

 「コスチュームを◇にする」ブロックは、スプライトの姿を変更するためのものです。

 以下でもっと具体的に解説します。

 

 Scratch(スクラッチ)のプログラミングを学ぶ上で、個々のブロックの本質を理解することはとても大事なことだと考えます。

 お役に立てれば幸いです。

 

 Scratch(スクラッチ)の基本的なことや全般的な内容に関しましては以下の別記事をご覧ください。

 

 

「見た目」の「コスチュームを◇にする」ブロック 動作内容とオプション(Scratch3.0)

 まずは基本的な動作や指定可能なオプションをご紹介します。

 

基本動作

 

  1.  スプライトのコスチュームを指定した絵に変更する
  2.  指定可能なコスチュームは事前に登録する必要がある

 

 個々の項目に関しましては次章で解説します。

 

 ブロックの形状はスタックブロックです。

 ブロックの上下に色んなブロックを重ねられます。

 

指定可能なオプション

 以下の値を指定できます。

 

指定する場所
コスチュームを◇にするブロックのオプション1(←赤枠部分)
入力方法
プルダウンメニュー
指定する内容
対象スプライトのコスチューム名
単位
なし
入力する文字種
メニューから選択
備考
 

 

 

 

「見た目」の「コスチュームを◇にする」ブロックの主な使い方(Scratch3.0)

 具体的な使い方を実例をまじえて解説します。

 

スプライトのコスチュームを指定した絵に変更する

 スプライトはコスチュームを複数持つことができます。

 コスチュームといいますのは、簡単に言いますと、各スプライトごとに持てる複数のポーズや形、色などのことです。

 

 例えば、あるキャラクターのスプライトがあったとします。

 そのキャラクターに特別な衣装を着せるためには、その衣装を着た状態のキャラクターの絵を作って、それの絵に変更してあげれば衣装が変わったように見えますね。

 表情やポーズなども同じように考えることができます。

 

 Scratchで用意されている各スプライトには、最初から複数のコスチュームが登録されているものがありますので、その場合は「コスチュームを◇にする」ブロックを使用してプログラム内で変更することが可能となっています。

 

 スプライトエリアの右下にありますスプライトを選ぶボタンを押すと表示されますスプライト一覧で、スプライトの上にマウスカーソルを持っていきますと、スプライトの絵がコロコロと変わるものがあると思います。(タブレットの場合はプロジェクトに取り込んだあとで確認できます)

 変わるものは複数のコスチュームを持っているスプライトです。

 また、あなたがコスチュームを作って登録することも可能です。

 

 ネコスプライトは2つのコスチュームを持っています。

 スプライトエリアでネコスプライトが選択されている(水色の枠がついている)ことを確認したのちに、ブロックパレットの上にあります「コスチューム」タブを選択してください。

コスチュームタブをクリックする

 

 画面の左端を見ていただきますと、コスチューム1とコスチューム2が登録されています。

 

 よって、「コスチュームを◇にする」ブロックを使用して、プログラムで2つのコスチュームを自由に変更することが可能です。

 例えば以下は、2つのコスチュームを交互に変えるプログラムです。

コスチュームを一定時間で変える

 

 スプライトを変えて色々試してみてください。

 

指定可能なコスチュームは事前に登録する必要がある

 プログラム内で「コスチュームを◇にする」ブロックを使用してコスチュームを変える場合は、ブロックのプルダウンメニューで設定する必要があります。

 プルダウンメニューにはスプライトに登録されているコスチュームが表示されますので、新しいコスチュームを使用するためには事前にそのコスチュームを登録しましょう。

 

 ネコスプライトにコスチュームをひとつ追加してみたいと思います。

 ブロックパレットの上にあります「コスチューム」タブを選択します。

コスチュームタブをクリックする

 

 ひとつめのコスチュームをマウスで右クリック(タブレットの場合は長押し)しますとメニューが表示されますので、「複製」を選択してください。

複製を選択する

 

 コスチューム1が複製されて、コスチューム3ができました。

コスチュームが複製された

 

 追加されたコスチュームだと分かるように口を赤くしてみました。

口を赤くする

 

 コスチュームは自由に修正できます。

 修正方法に関しましては本記事では書ききれませんので別記事(作成予定)でご紹介させてください。

 

 「コード」タブを選択して最初の画面に戻りましょう。

 「コスチュームを◇にする」ブロックのプルダウンメニューを見ますと、先ほど追加したコスチューム3があります。

メニューで特定のコスチュームを選択する

 

 選択した後に、そのブロックをクリックして実行してみてください。

 ネコのコスチュームが変更されて口が赤くなりました。

コスチュームを変える

 

 今あるスプライトを複製するのではなく、全く新しくコスチュームを作ることもできます。

 

 

まとめ

 スプライトは目に見えるものですので、どのようなコスチュームにするかでプログラム全体の印象がガラッと変わります。

 見た目カテゴリのブロックの使い方を理解して楽しいプログラムを作ってみましょう!

 

 本サイトでは他にもScratch(スクラッチ)に関する記事を公開しております。

 よろしかったらご利用ください。

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

(参考)

Japanese Scratch-Wiki 公式サイト

困ったときはいつもこのサイトを参照しています

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました