Scratch3.0入門 「制御」の「もし◇なら」ブロック 使い方を実例付きで解説

Scratch
もし◇ならブロックの解説

 本記事では、Scratch(スクラッチ)3.0で使える「制御」カテゴリの「もし◇なら」ブロックを実例付きで分かりやすく解説しております。

 「もし◇なら」ブロックは、◇部分の条件を満たしている場合にブロックに囲まれた部分の処理を行うためのものです。

 以下でもっと具体的に解説します。

 Scratch(スクラッチ)のプログラミングを学ぶ上で、個々のブロックの本質を理解することはとても大事なことだと考えます。

 お役に立てれば幸いです。

 Scratch(スクラッチ)の基本的なことや全般的な内容に関しましては以下の別記事をご覧ください。

「制御」の「もし◇なら」ブロック 形状とオプション(Scratch3.0)

 本記事で解説しますブロックの形状と指定可能なオプションについて説明させてください。

ブロックの形状

 ブロックの形状はC型ブロックです。

 C型ブロックに囲まれたブロックをひとまとめに処理します。

指定可能なオプション

 以下の値を指定できます。

指定する場所
もし◇なら」ブロックもし◇ならブロックのオプション1(←赤枠部分)
入力方法
真偽ブロック
指定する内容
チェックしたい条件
単位
なし
入力する文字種
なし
備考
特記無し

「制御」の「もし◇なら」ブロックの解説(Scratch3.0)

 本記事で解説する内容や押さえておきたいポイントは以下のとおりです。

  1.  指定した条件をチェックして満たしていればブロック内の処理を行う
  2.  満たしていなければなにもせずに次のブロックの処理を行う

 具体的な使い方を実例をまじえて解説します。

指定した条件をチェックして満たしていればブロック内の処理を行う

 「もし◇なら」ブロックを試すために、以下のプログラムを作ることにします。

  •  ネコが「3+5は?」と聞く
  •  答えが正解だったら「正解!」という

 以下のプログラムを作ってみましょう。

確認用プログラムを作ってみましょう

 ステージの上にあります緑の旗アイコンをクリックしますとネコが「3+5は?」と聞いてきますので、ステージ内に表示されます入力欄に答えを入れます。

 ネコは「正解!」と言ってくれましたか?

満たしていなければなにもせずに次のブロックの処理を行う

 前節のプログラムをもう一度見てください。

 「もし◇なら」ブロックのすぐ下にあります「さようならーと2秒言う」ブロックは、答えが正解のときもハズレの時も実行されて、ネコが「さようならー」と言います。

確認用プログラムを作ってみましょう

 回答がハズレだったときにはネコはいきなり「さようならー」というだけですので「残念!」と言わせたいところですが、それでは正解のときにも「残念!」と表示されてしまいます。

 この場合は、「もし◇なら」の下にもうひとつ「もし◇なら」ブロックを置きまして、下の「もし◇なら」ブロックの条件を以下のようにすることで実現できます。

不正解の場合の処理を追加する

 他のブロックを使って上のように動くプログラムを作ることもできますので、色々考えてみるのも楽しいと思います。

まとめ

 今回ご紹介しましたブロックはあなたのプログラミング技術の腕次第でスゴイ動きをしてくれます。

 制御カテゴリのブロックの使い方を理解して楽しいプログラムを作ってみましょう!

 本サイトでは他にもScratch(スクラッチ)に関する記事を公開しております。

 よろしかったらご利用ください。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

(参考)

Japanese Scratch-Wiki 公式サイト

困ったときはいつもこのサイトを参照しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました