「壬生義士伝」 作品解説やあらすじ、無料視聴方法などをご紹介!

 今回は2003年に公開されました浅田次郎の同名小説が原作の映画「壬生義士伝」のご紹介です。

 

 この映画は、江戸末期に反幕府勢力を取り締まるために結成された新選組を題材とした作品になります。

 

 物語の主人公は、新選組に途中から入隊してきた吉村貫一郎でして、主役の中井貴一が彼の壮絶な人生を見事に演じています。

 

 本記事では、映画「壬生義士伝」の作品解説やあらすじ、お得な視聴方法などをご紹介しております。

 

 

「壬生義士伝」のトピックス

 映画「壬生義士伝」のトピックスを簡単にまとめてみました。

 

第27回日本アカデミー賞(2004年)の3部門で最優秀賞

 2003年は「阿修羅のごとく」や「座頭市」、「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」などが公開された年です。

 

 そんな中で「壬生義士伝」は見事に最優秀作品賞を受賞しました。

 最優秀主演男優賞(中井貴一)と最優秀助演男優賞(佐藤浩市)も合わせて受賞です。

 

 優秀賞を含めますと、全部で10この賞を受賞しました。

その他の受賞

優秀監督賞 滝田洋二郎

優秀助演女優賞 中谷美紀

優秀撮影賞 浜田毅

優秀照明賞 長田達也

優秀美術賞 部谷京子

優秀録音賞 小野寺修

優秀編集賞 冨田功、冨田伸子

 

原作となった小説以外に、映画やテレビドラマ・舞台・漫画と様々なメディアに登場

 テレビドラマでは、テレビ東京の新春恒例の番組「新春ワイド時代劇」(年代で名称は変わっています)で2002年に「壬生義士伝〜新選組でいちばん強かった男〜」(10時間ドラマ)が放送されました。

※テレ東の新春の長時間時代劇は毎年楽しみにしていた番組のひとつでしたが、2016年の「信長燃ゆ(主演:東山紀之)」を最後に終わってしまいました。とても残念です。

 

 舞台では、宝塚歌劇団の雪組によりまして、2019年に上演されました。

 主役の吉村貫一郎は望海風斗、その妻しづは真彩希帆が演じていました。

 

 漫画は、連載雑誌の廃刊などの影響で複数の出版社に掲載されています。

 単行本としては、角川書店・講談社・集英社からそれぞれ発売されています。

 

音楽はジブリ作品で有名な久石譲が担当

 「壬生義士伝」の音楽は、久石譲が担当しました。

 この名前を見ただけで、BGMなど音楽に関しては安心できますね。間違いないです。

 

 当時はサントラCDが発売されていました。現在は中古でしか手に入らないのではないでしょうか。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

「壬生義士伝」とは

 「壬生義士伝」とはどのような作品なのでしょうか。

 

新選組の発展から衰退する頃までの時代を背景とする作品

 冒頭でも軽く触れていますが、新選組は江戸時代末期に、京都で反幕府勢力を取り締まるために結成された武装集団です。

 様々なメディアに登場していますので有名ですね。

 

 作品タイトルにあります「壬生」は京都市中京区の地名でして、新選組の前身になる「壬生浪士組」の主な屯所(とんしょ)があった場所になります。

 新選組の志士たちは、当時「壬生狼(みぶろ)」とか「壬生の狼」などと呼ばれていました。

 

 映画「壬生義士伝」は吉村貫一郎が新選組に入隊する頃からの物語ですので、始まりは慶応元年(1865年)前後と思われます。(Wikipedia:「吉村貫一郎」参考)

 

 この頃は尊王攘夷派の動きが活発化している時期でして、それを取り締まる新選組の動きも激しい時代でした。

 

 2年後の慶応3年(1867年)には、大政奉還によって江戸幕府が終わりをつげます。

 

 「壬生義士伝」は、そんな時代背景の物語です。

 

家族愛と厚い人情の物語

 吉村貫一郎は子供が多く、当時の収入では一家を養うのはかなり大変だったため、脱藩して関西に出稼ぎに出ます。

 出先で新選組の募集を聞きつけた吉村貫一郎は、応募して見事入隊することになります。

 彼は、剣に関しては免許皆伝の腕をもっていましたので、新選組で大活躍します。

 汚れ仕事やかなり危険な任務も、家族のために必死にこなしていきます。

 しかし一方では、お金に執着しすぎていたために、守銭奴とまで言われるほどでした。

 でも、いくら金のためとはいっても、武士としての志は捨ててなかったので、他人を欺いたり危険な場面から逃げ出すようなことはありません。

 

 そんな吉村貫一郎の生きざまを描いた作品です。

 

※「壬生義士伝」で描かれている吉村貫一郎は実在の人物ですが、ストーリー全般は史実に基づいたフィクションです。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

「壬生義士伝」のあらすじ

 新選組にひとりの男が入隊してきた。

 

 南部藩で名門流派の免許皆伝の腕前を持っており、貧困で苦しむ家族のために、脱藩までして新選組の隊士となった吉村貫一郎である。

 金のためならどんな汚れ役や危険な任務でも引き受け、守銭奴とまで言われるほどだった。

 

 家族のためになにがなんでも生き抜かなければならないが、侍としての義も捨てられない吉村貫一郎が最後に選んだ道とは。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

「壬生義士伝」のキャスト/スタッフ

キャスト

中井貴一 ・・・ 吉村貫一郎 役

夏川結衣 ・・・ しづ(吉村の妻)・しづの子みつの青年期 役

佐藤浩市 ・・・ 斎藤一 役

中谷美紀 ・・・ ぬい(斎藤の妾)

堺雅人 ・・・ 沖田総司

 

スタッフ

監督 ・・・ 滝田洋二郎

原作 ・・・ 浅田次郎 同名作品

脚本 ・・・ 中島丈博

音楽 ・・・ 久石譲

配給 ・・・ 松竹

公開日 ・・・ 2003年1月

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

「壬生義士伝」を見るなら無料お試しできる動画配信サービスU-NEXTがおすすめです

 「壬生義士伝」を見るのでしたらU-NEXTを利用することをおすすめします。

 

 なぜかといいますと、

  • 映画やアニメなどの動画と様々なジャンルの電子書籍を一緒に楽しめる
  • 国内トップクラスの保有作品数(動画14万本以上、電子書籍30万冊以上(2019年5月時点))
  • 若者向け、高齢者向け、キッズ向け、中年向け、成人向けなど多くの人にマッチする作品がいっぱい

という風に、U-NEXTは動画・書籍どちらも、どの年代の方でも、どんな趣味の方でも楽しめるからです。

 

 たしかに「壬生義士伝」はU-NEXT以外のVODサービスでも配信していますので、U-NEXTで見なくても良いですよね。

 でも問題は見終わったあとなんです。

 

 ほかの作品も見てみようと思ったあなたがその作品を検索したとしても、配信本数の少ないVODサービスの場合は取り扱ってない可能性が高いんですよね。

 膨大な本数を保有しているU-NEXTですとその可能性が少なくなります。

 また、電子書籍も読むことができますので、さらに楽しさが広がることになるんです。

 

 先を見越せる目をお持ちのあなたでしたら、U-NEXTを選んだ方が賢いとご理解いただけると思います。

 

 まずは初回限定31日間無料サービスのご利用がおすすめです。途中で解約できますのでお気軽にどうぞ。

 特典としまして600円分のすぐ利用できるポイントももらえます!

 ということはすぐに有料作品も・・・。

 

 「壬生義士伝」のU-NEXT公式サイトの作品ページはこちらです。

 

 U-NEXT申込み方法や解約方法は、本サイト「たらふくU-NEXT」内の以下の記事で詳しくご紹介しております。

 よろしければご利用ください。

 

■ 本記事の目次に戻る ■

 

おわりに

 私がこの映画を見たキッカケは、「壬生義士伝」というタイトルが気になったからでした。日本アカデミー賞受賞作品ということも知りませんでした。

 ちょっとどんな作品かみてみよう、というノリだったんです。

 

 でも、始まって10分後にはもうドップリと「壬生義士伝」の世界にハマってしまい、あっという間のエンドロールという感じでした。

 ラストシーンは2つあるのですが、どちらも泣けてしまいました。

 涙腺が弱い方はおひとりで見た方が良いかもしれません。

 

 とにかくおすすめです!

 

 とりあえずU-NEXTの無料お試しでご覧になってはいかがでしょう。

 

 本サイト「たらふくU-NEXT」では、U-NEXTの魅力や配信中のおすすめ作品をご紹介しております。

 よろしかったらどうぞ!

たらふくU-NEXT

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください